しあわせ情報室

しあわせについて、感じたり考えたりすることを書いています。

息子がソフトテニスの試合で負けて、子どものスポーツへの親の関わりをもう一度考えた。勝っても負けても、同じように応援できるか。

昨日、息子のソフトテニスの試合がありました。結果は、リーグ戦3戦全敗。残念! そのうち2試合は、5ゲームマッチでゲームカウント2-2からファイナルゲームでの負けだったので、余計に悔しい! 息子よりも、私よりも、奥様が、すっかり意気消沈です。練習で…

『新明解国語辞典』の「第四版 第四刷」を購入。問題となった「動物園」と「マンション」の語釈があるのは、第四刷までです。

どうしても欲しくなり、『新明解国語辞典』の『第四版 第四刷』を買いました。これで、現在私が持っている国語辞典は、下のようになります。 左から、出版日の順に、『新明解国語辞典 第三版 小型版』『新明解国語辞典 第四版 第四刷』『新明解国語辞典 第四…

スピッツの『夢じゃない』も、子育て中の親の心境を歌った曲としか聴こえません。

今週のお題「わたしの好きな歌」に投稿した、「スピッツの『チェリー』が子育ての名曲に聴こえてきた」にコメントやスターをいただきましたみなさま、ありがとうございます! 過去記事:スピッツの『チェリー』が、子育ての名曲に聴こえてきた。"愛してる"の…

今週のお題「わたしの好きな歌」に、スピッツの『チェリー』をエントリーします。いまの私には、子育て応援歌としか聴こえません。

たまたま、はてなブログの今週のお題が「わたしの好きな歌」ということで、先週書いた記事をもう一度紹介します。 www.kendenblog.com この記事を書いた後、車の中でヘビロテしています。 "君を忘れない" "生まれたての太陽" "想像した以上に騒がしい未来" "…

ブログに理想論ばかり書いているかも、という不安に『徒然草』が答えてくれた。「偽りても、賢を学ばんを、賢と言うべし」。

ブログには、明るく、前向きで、元気が出るようなことを書きたいと思っています。一方で、理想論やきれいごとばかりになっているような、不安を感じることもあります。 ふと、書店で手にとった『徒然草』に、しみじみとくる教えがありました。 偽りても、賢…

損保ジャパンの4,000人のリストラに思う。AIに損保の仕事はできても、認知症高齢者の介護はできない。

損保ジャパンのリストラがニュースになりました。ITの活用などによる業務効率化で、国内損保事業の4,000人が、介護や警備の子会社に転籍になるようです。 www.jiji.com このニュースに思うことは、ITの活用やAI技術で損害保険の会社の仕事は減らせても、AIに…

スピッツの『チェリー』が、子育ての名曲に聴こえてきた。"愛してる"の響きだけで、強くなれる気がします。

スピッツの新曲『優しいあの子』が、放送中のNHKの朝ドラ「なつぞら」の主題歌になっています。さっそくiTunesで買いました。 やさしいメロディーで、なつかしい歌声です。 20代にカラオケでスピッツをよく歌いました。『ロビンソン』『涙がキラリ☆』『チェ…

40代、50代を応援することば集。「絶対時間で大樹を目指せ」。「人生は遅咲きでいい」。子育てにも活かしたいことばです。

愛読書の『能率手帳の流儀』に、『絶対時間で大樹を目指せ』と『 人生は「遅咲き」でいい』ということばがあります。内容は次の通りです。 私たちがよく使う「絶対時間」とは、一人前になるためには絶対に必要な時間があるという意味です。「桃栗三年、柿八…

40代、50代を応援することばを集めます。まずは、「創造力を最大限に発揮できるのは四〇歳以降」。

このところ、私たち団塊ジュニア世代を含む40代、50代に悲観的なことをいくつか書きました。逆に、元気が出ることも、書いていきたいと思います。 まずは、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』p444から。 普通の人が創造力を最大限に発揮できるのは、通…

団塊ジュニア世代の政治・経済・社会史と自分史を表にして振り返る。不良債権処理の時代に社会に出て、いま私たちが不良債権のように処理されているようです。

前回の記事で簡単にまとめた、団塊ジュニア世代の私の私的な経済史、自分史、読書史に、思い出に残るできごとを加えて、表にしてみました。 年 月 政治・経済・社会史 ビジネス書 発売日 自分史 年齢 学年 1986 4 チェルノブイリ 原発事故 13 中2 1988 4 高…

団塊ジュニアで就職氷河期でロスジェネ世代な私の、私的な経済史、自分史、読書史。平成は「競争」の時代だったようです。

団塊ジュニア、第二次ベビーブーム、就職氷河期、ロストジェネレーションと、私たち1972年生まれの世代はいろいろな名前をもらっています。加えて、これからは「人生再設計第一世代」とも呼んでもらえるようです。 この世代には、「老後2000万円問題」や45歳…

「平常心でいられない自分を受け入れて、そこに立ち続ける」というイチローの才能。「自己実現的人間」の特性で「あるがまま」の境地だと思う。

Number(ナンバー)976号「完全保存版 イチロー戦記。」のイチローさんのインタビュー記事に、前回書いた「英語なんて勉強している場合じゃない」のほかにも、ぐっとくることばがありました。以下に紹介します。 ー自分の一番の才能は何だと思っていますか。…

イチローはアメリカで、「英語なんて勉強している場合じゃない、国語を学ばなきゃいけない」と感じた。「母語は精神そのもの」です。

Number(ナンバー)976号「完全保存版 イチロー戦記。」のイチローさんのインタビュー記事から、以下紹介します。 ーアメリカで野球をやっている間、イチローさんは日本との距離をどう感じていたんですか。「日本との距離感は、アメリカに行って急速に縮まり…

新井紀子先生が教える「読解力」をつける方法は「精読」「深読」。『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』では予感だった答え。

新井紀子先生は『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済新報社)で、AIには苦手で、代替されない人間の能力に、「読解力」をあげています。しかし、どうしたら読解力が上がるかについては、解明する科学的な研究が今のところないそうで、 もしかし…

「人生二度なし」という真理。いかに深く痛感するかというところから、人生の真のスタートが始まる。

昨日の記事に書いた、「人生の選択で、同じことを同条件で繰り返すことはできない」ということを考えていて、ふっと、森信三先生の「人生二度なし」ということばが浮かんで来ました。『修身教授録』の第2部第3講にあります。久しぶりに読み返しました。 『修…

「人生の選択で、同じことを同条件で繰り返すことはできない」と覚えておくと、転職や結婚などの大きな選択の場面で役に立つと思う。

生きていると、大きな選択をする場面があります。進学、就職、退職、転職、結婚、家の購入、子どもの名づけなど、いろいろあると思います。 人生の選択について、以前、「今が良ければ過去を引きずらない」ということを書きました。 これに加えてもう一つ、…

ブログに「経験の記録」をすることで、他の人の役に立ち、一番には、自分自身の気づきと発見の役に立つと思う。

ブログを書くための、元気をもらえることばに出会いました。 経験の記録は必ず他の人の役に立ちます。 菅家伸さんの『ゼロから学べる ブログ運営✕集客✕マネタイズ 人気ブロガー養成講座』にあることばです(p14)。 確かに、何か困ったことをネットで調べて、…

サクサク動いて、薄くて軽くて、電池が長持ちで、お財布にやさしいWindowsのノートPC。MacBookを買うか、WindowsのノートPCを3回買い替えるか、家族に何か買うか。

3万円前後と低価格なWindowsのモバイルノートパソコン「ASUS E203MA」を購入し、10ヶ月立ちました。購入後すぐに気に入り、現在も順調に使っています。この間に、2度のWindowsのUpdateも無事にクリアしました。 それまで使っていた「ASUS X200MA」も、低価格…

「Windows 10 May 2019 Update」は、microSDカードを接続したままではできず→仮想HDDをアンマウントして対応。低価格ノートPCでもUpdateできました。

「Windows 10 May 2019 Uptate」の配信が始まっているようですが、 わが家のパソコンには、配信された気配がありません。 そこで、以下ページから手動でアップデートを試みます。 ▶マイクロソフト公式:Windows 10 のダウンロード しかしながら、途中で中断…

Windowsで写真のサイズを指定して編集する、シンプルで簡単な方法。Windows10の標準アプリ「フォト」でできます。

Window10の標準アプリの「フォト」に、サイズの指定をして写真を変更する方法があることを最近知ったので、メモします。 「フォト」で写真を開き、右上の「・・・」(もっと見る)をクリック ↓「サイズ変更をクリック」 ↓「Cカスタムの寸法を定義します」ク…

Windows10でパソコンを初期状態に戻す方法。

昨年8月から使いはじめたASUSの低価格ノートパソコン「E203MA」が、快適でお気に入りで何も問題がないので、念のためにとっておいた前のパソコンのASUS「X200MA」とはサヨナラすることとします。今まで活躍してくれてありがとう。 さて、データを消すために…

自分の自信のなさや弱さを自覚し、受け入れることの意味を学ぶ本。岩井寛先生の『森田療法』(講談社現代新書 1986年)。

私が森田療法に興味を持ったきっかけは、アマゾンでたまたまこの本のページに行き着き、カスタマーレビューが105件もあって、帯の説明の 不安や葛藤を「あるがまま」に受け入れ、すこやかな自己実現を目指す誰もが実践できるメンタル・ヘルスのヒント! や、…

森田療法の本で繋驢桔(けろけつ)ということばを知りました。杭につながれたロバのこと。生き方のヒントになりそうなことばです。

「繋驢桔(けろけつ)」という禅のことばを、北西憲二先生の森田療法の本で知りました。悩みから自由になりたいともがく人のたとえです。次のように書かれています。 杭につながれた驢馬が、逃げようとして焦って、グルグル回るほど、ますます杭にくっついて…

ストレス、メンタルヘルス、うつ、精神医療、森田療法について、一般の社会人がわかりやすい「新書」と「文庫」の5選。

先日の記事で、イニエスタ選手がうつ病だったとは驚いた、という記事を書きました。 過去記事:あのイニエスタ選手がうつ病だったとは。ちょうどいま、「森田療法」を学んでいるところです。 - しあわせ情報室 並行して、ストレスやメンタルヘルスに関係する…

はてなブログのデザインテーマ「Smooth」で、グーグルアドセンスの自動広告がまた表示されるようになりましたが、相性は疑問です。

5月17日に、はてなブログのデザインテーマを「Blank」から「Smooth」に変更しています。 変更した直後から、それまでのテーマ「Blank」では表示されていたアドセンスの自動広告が、表示されなくなりました。 (※設定は、はてなブログの管理画面の「設定>詳…

ノンフィクションの『ルポ 虐待』も、父親の子育てを考えさせられる本です。読後、『定本 育児の百科』の「父親になった人に」を再読しました。

山田詠美さんの小説『つみびと』を読み、いろいろと考えるところがあったので、モチーフとなった事件についてのノンフィクション『ルポ 虐待』(杉山春)を読みました。『つみびと』の参考文献にもあげられている本です。 この本では、事件をおこした被告の…

山田詠美さんの『つみびと』の、「妻や子どもをしあわせにできない父親たちの物語」としてのまとめ。DV、性的虐待、不倫、子どもの人格否定、マザコンなど、様々な罪。

山田詠美さんの『つみびと』に登場する父親たちの、子どもを死なせた罪の重さの考察の続きと、まとめです。 (過去記事)山田詠美さんの『つみびと』を、「妻や子どもをしあわせにできない父親たちの物語」として読んだ。罪の重さ一位は、松山音吉(蓮音の元…

山田詠美さんの『つみびと』に登場する父親たちの罪を考える。罪の重さ二位は、笹谷隆史(蓮音の父/琴音の元夫)による子どもの人格否定。

山田詠美さんの小説『つみびと』に登場する父親たちの、子どもを死なせた罪の重さの考察の続きです。 (過去記事)山田詠美さんの『つみびと』を、「妻や子どもをしあわせにできない父親たちの物語」として読んだ。罪の重さ一位は、松山音吉(蓮音の元夫)の…

山田詠美さんの『つみびと』を、「妻や子どもをしあわせにできない父親たちの物語」として読んだ。罪の重さ一位は、松山音吉(蓮音の元夫)の父性の不足。

日経新聞の夕刊に連載されていた、山田詠美さんの小説『つみびと』の単行本が発売されています。 この小説は、蓮音という23歳のシングルマザーが、4歳の桃太、3歳の萌音という二人の子どもを死なせてしまう物語です。モチーフは、2010年の夏に大阪で起きた二…

「意思決定を自分でできること」と、「意思決定を自分でしてきたと思えること」の両方が、しあわせな人生を歩む秘訣。

慶應義塾大学医学部小児科教授の高橋孝雄先生の著書、『小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て』に、次のことばがあります。 意思決定を自分でできることが、しあわせな人生を歩む秘訣です。(p158) これは、"子どもをしあわせに導く3つのチカラ"の一つです。…