しあわせ情報室

しあわせであれて、だれかのしあわせの力になれたらうれしい。しあわせや子育てについての情報を中心に発信しています。

山田詠美さんの『つみびと』に登場する父親たちの罪を考える。罪の重さ二位は、笹谷隆史(蓮音の父/琴音の元夫)。

山田詠美さんの小説『つみびと』に登場する父親たちの、子どもを死なせた罪の重さの考察の続きです。 (過去記事)山田詠美さんの『つみびと』を、「妻や子どもをしあわせにできない父親たちの物語」として読んだ。罪の重さ一位は、松山音吉(蓮音の元夫)。…

山田詠美さんの『つみびと』を、「妻や子どもをしあわせにできない父親たちの物語」として読んだ。罪の重さ一位は、松山音吉(蓮音の元夫)。

日経新聞の夕刊に連載されていた、山田詠美さんの小説『つみびと』の単行本が発売されています。 この小説は、蓮音という23歳のシングルマザーが、4歳の桃太、3歳の萌音という二人の子どもを死なせてしまう物語です。モチーフは、2010年の夏に大阪で起きた二…

「意思決定を自分でできること」と「意思決定を自分でしてきたと思えること」の両方が、しあわせな人生を歩む秘訣。

慶應義塾大学医学部小児科教授の高橋孝雄先生の著書、『小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て』に、次のことばがあります。 意思決定を自分でできることが、しあわせな人生を歩む秘訣です。(p158) 高橋先生は、"子どもをしあわせに導く3つのチカラ"として、…

ボクシングの井上尚弥選手の父母、井上真吾さん、美穂さんの子育て論はやはりスゴかった。名言至言の紹介。

昨日のボクシングの世界戦、WBSS準決勝の井上尚弥選手の圧勝はスゴかったですね。 強いだけでなく、試合後のインタビューでも、さわやかで、倒した相手や次の決勝で戦う選手に対し礼儀正しく、かつ家族思いの人柄がにじみ出て、子育て世代にとってはこんな青…

はてなブログのデザインテーマ「Smooth」のカスタマイズ。サイドバーのカテゴリー表示を横並びに。

先週変更したデザインテーマ「Smooth」の初期設定では、サイドバーのカテゴリーで項目が縦方向に一覧で並びます。カテゴリーが増えると、全体が縦に長くなり、間延びするように感じます。 そこで、横にも並ぶように設定しました。 「ダッシュボード」>「デ…

はてなブログのデザインテーマを「Smooth」に変更しました。

ブログのデザインテーマを、「Blank」から「Smooth」に変更しました。2019年1月から、はてなブログのデザインテーマのデフォルトです。レスポンシブデザイン対応です。 「Blank」から変更した理由は、 ・ブログ名、記事タイトル、サイドバーのタイトルといっ…

息子の思春期について考えていたら、46歳の私も2度目の思春期らしいと気づいた。"子育ては、親育ち"のようです。

わが家の息子は現在10歳で小学校5年生です。これから迎える10代のキーワードは、「思春期」のようです。様々な著者が、思春期について書いています。 思春期というのは、これまでの自分を壊して新しくつくり変えていく、そのことを通して自立していく重要な…

本当の自分を探したくなったときに、思い出したいことば。『「本当の自分」があるとすれば、いま、現実に鏡に写っている自分しかない』。

菅野泰蔵さんの本から学んだことの、三つ目です。今回も『こころがホッとする考え方』からの引用です。 誰でも、多かれ少なかれ「いまの自分」に不満を抱いているものである。こんなことを言いたくなる気分はわからないではない。仕事が認められない、学校が…

親や育ちに疑問を感じたときに、思い出したいことば。「家族というものは、叩けば叩くほどほこりが出る」。

菅野泰蔵さんの本から学んだことの、二つ目です。すべて『こころがホッとする考え方』からの引用です。 家族というものは、叩けば叩くほどほこりが出るものだからだ。誰でも親との関係の中で、「このときはこうしてほしかった」と満たされない思いを経験する…

「あのとき、こうしていればよかった」と過去を引きずってしまうときに、思い出したいことば。「今が良ければ過去を引きずらない」。

以前の記事で、菅野泰蔵さんの『月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本』を紹介しました。 この本から学ぶこと多かったので、著者の他の本も読んでみました。期待通り、気持ちが楽になることばがたくさんあったので、いくつかを紹介します…

単純に公立中学より私立中学がいいということではない。尾木直樹さんの『尾木ママの共感♡子育てアドバイス』より。

前に、「いまの公立中学は、荒れているか。」という記事で、私立中学には問題生徒を退学させるという暴力装置があるのでいじめは防がれている、という橘玲さんのことばを紹介しました。 これに納得していたのですが、単純に公立より私立がよいということでは…

スポーツを通じると、思春期の子どもと異性の親でもいい関係になれるようです。

前に、「10歳からの子育てを考える。」という記事で紹介した本 『子育ては、10歳が分かれ目。』の中で、著者の高濱正伸さんは "思春期の子どもと寄り添えるのは同性の親だけ” と書いています。次の通りです。 異性の親が、思春期の子どもに果たせる役目とい…

子どもが本格的にスポーツをはじめると、親の休日もそのスポーツ中心の生活になる。これが思いのほか楽しい。

昨日までのゴールデンウィーク10連休は、息子のソフトテニス三昧の毎日でした。 10日のうち、試合で3日、団の通常の練習で3日、自主練習で3日、計9日ソフトテニスをしています。しなかったのは終日雨が降った4月30日の1日のみ。この1日も、息子のジャージや…

英語では、「テンション」は上がったり下がったりしないそうです。

「緊張」を英語でどういうか調べるために、「tension」という単語を「コアレックス英和辞典」で引きました。 そこに、「英語の発想」という囲み記事があり、「へー!」とうなりました。次の通りです。 tension(緊張)は「張り詰めていること」を表し、ひも…

緊張を、どう乗り越えるか。脳科学と笑顔。

息子のソフトテニスの試合が続いています。子どもたちを見ていると、普段の練習とは違い、緊張している様子です。ピンチのとき、ファーストサービスが入らず、セカンドサービスになったら・・・。大人でも緊張しますものね。 緊張している子どもたちに、どう…

スポーツ好きの子どもに親はどう関わるべきか。見守るか、スパルタ教育か。一流スポーツ選手27人の事例集。

息子がソフトテニスを始めたことで、元プロテニスプレーヤーの松岡修造さんが気になっています。硬式と軟式の違いはあれど、共通するところは多いと思いますので。 その松岡さんが、子育て本の『修造本気塾』を書いています。副題の「スポーツで子どもは変わ…

コンタクトレンズ買い替えのおぼえがき。

いま使っているハードタイプのコンタクトレンズが不調で、買い替えました。3年ぶりです。以下、おぼえがきです。 ・コンタクトはハードレンズを20歳から使用。使用歴約27年。・目が悪くなりメガネをかけ始めたのは小5だったと思う。・10年ほど前から1dayタイ…

エラーでマウントできなかったVHDファイルが、またマウントできるようになりました!

先日の記事で、VHDファイルがマウントできなくなったことを書きました。 その後、エラーの出たVHDファイルはUSBメモリにいったん移し、microSDカードを再度フォーマットして、また仮想HDD化しています。 昨日試しに、microSDカードを抜いて、USBメモリを指し…

70代の父母に、iPhoneで音楽を聴くことをレクチャー。

同居している義理の母(70)が、「スポーツジムでみんなスマホで音楽を聴きながらやってるのよね~」「林部智史の曲が聞きたいわ~」などとよく言うようになりました。あきらかに、本人もやってみたい様子です。 母も父(76)も、昨年3月にワイモバイルのiPhoneS…

microSDカードの仮想HDD化で、「ファイルをマウントできませんでした」というエラー発生!(※2019.4.24追記 その後回復しました)

以前の記事で、ASUSのノートPC「E203MA」を快適に使用していることを書きました。本体のストレージの容量不足は、microSDカードを仮想HDD化してカバーしています。 ところが昨日、「ファイルをマウントできませんでした。」というエラーメッセージが出て、mi…

「ホワイト企業」にあやかり、「ホワイトブログ」を目指します!

「ホワイト企業大賞」というものがあることを知りました。 公式HP:ホワイト企業大賞 「ブラック企業」の対極として、「ホワイト企業」をこう定義しています。 『ホワイト企業 = 社員の幸せと働きがい、社会への貢献を大切にしている企業』 ぐっとくること…

"結局、お部屋も持ちモノも「自分が幸せになるため」にある"。こんまりこと近藤麻理恵さんのことば。

そもそも、何のために片づけをするのでしょう。結局、お部屋も持ちモノも「自分が幸せになるため」にあるのでなければ意味がないと私は思います。 だから、モノを残すか捨てるか見極めるときも、「持っていて幸せかどうか」、つまり、「持っていて心がときめ…

『7つの習慣』に学ぶ子育て。「手本を示す」。

前回の記事で、コヴィー博士の『7つの習慣』から 、子育てにおいて"「人格主義」のパラダイムを持つ" ことを学んだと書きました。もう一つこの本から、子育てについてぐっとくることばを紹介します。 「第一に、手本を示す。第二に、手本を示す。第三に、手…

『7つの習慣』に学ぶ子育て。「人格主義」のパラダイムを持つ。

これまで何回か、スポーツをする子どもへの声かけについて記事にしてきました。 こういったコミュニケーションのスキルやテクニックも重要ですが、それ以上に大切なものがあることを、愛読書の『7つの習慣』にある著者のコヴィー博士と息子とのエピソードが…

スポーツの応援で「ドンマイはNGワード」と書いたことを、考え直しました。

先日の記事で、スポーツの応援で「ドンマイはNGワード」と書きました。 週末、息子が入っているソフトテニスのスポーツ少年団での試合中のこと。ダブルフォルトやネットミスをしたときに、子どもたちは「ドンマイ!」と声をかけあいます。言われた方はミスを…

『月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本』(菅野泰蔵)をタイトル買いしました。ゆううつな心が楽になる本です。

タイトルに惹かれて、思わず手にとりました。40代になって、こう思うことがよくあるからです。 30代までは、会社に行きたくないと思ったことは、なかったように思います。二日酔い以外ですが(汗)。20代はむしろ、会社に行くのが好きでした。仕事をすること…

星稜高校野球部が9回裏に0-8から大逆転した秘密は、「笑顔でいこう!」というかけ声だった。

2014年夏の高校野球での石川県大会の決勝は、星稜高校が奇跡的な大逆転でサヨナラ勝ちをしました。 このとき、星稜高校野球部のメンタルコーチだったのが、飯山晄朗さんです。その著書『いまどきの子のやる気に火をつけるメンタルトレーニング』の中に、この…

スポーツの応援でのNGワード。「ドンマイ!」「サーブ入るよ!」など。

新年度となり、息子の入っているソフトテニスの少年団では、しばらく試合が続きます。 試合で息子や他の子どもたちに、どんな声をかけたらいいか。前の記事で紹介した、スポーツドクターの辻秀一さんの『メンタルトレーナーが教える子どもが伸びるスポーツの…

小学5年生になる息子の塾選び。進学塾の内情とは。

息子が幼稚園時代から週1回お世話になっていた学習塾が、小学4年生までが対象のため、この3月で終わりになりました。5年生になる4月からどうしようかと、考えてきました。 以前の記事で書いたように、現在小学校ではテストが簡単になり、学校の勉強だけでは…

子どものスポーツでの、大人の勝利至上主義の弊害。

少し前の話題です。プロ野球の横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智選手が、勝利至上主義を批判する声を上げています。 筒香選手が指摘する、コーチや親といった大人の勝利至上主義の弊害を、サッカー指導者の池上正さんが『サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の…