しあわせ情報室

40代男子が書く、人生を家族と一緒に楽しむための情報集です。

能率手帳の使い方。野口晴巳さん(元JMAM会長)の場合。究極の逆説「人生を計画することなどできない」とは。

能率手帳の使い方を語るなら、『能率手帳の流儀』(野口晴巳:元日本能率協会マネジメントセンター会長)をはずすことはできません。 私が思うこの本の真価は、手帳の使い方の本であるのに、 「人生を計画することなどできない」 と断言しているところです。…

能率手帳の使い方。 約30年使い続ける松井忠三さん(良品計画前会長)の場合。

良品計画前会長の松井忠三さんが、『無印良品のPDCA』という本で、手帳についての考え方や能率手帳の使い方を詳細に書いてくれています。 この本から学んだことを紹介します。 考え方、使い方 ・1992年からずっと能率手帳を使用。 ・手帳の種類を毎年変えて…

70代の父母に、iPhoneで音楽を聴くことをレクチャー。

同居している義理の母(70)が、「スポーツジムでみんなスマホで音楽を聴きながらやってるのよね~」「林部智史の曲が聞きたいわ~」などとよく言うようになりました。あきらかに、本人もやってみたい様子です。 母も父(76)も、昨年3月にワイモバイルのiPhoneS…

ワイモバイルのiPhone SEでスマホデビューして1年になる父に、より使いこなすために選んだ本「iPhone 完全マニュアル2018」。

今年76歳になる義理の父は、昨年の3月にワイモバイルのiPhone SEでスマホデビューしています。 当時、まず今年71歳になる義理の母が、同世代の友人がみなスマホを使い始めたので使ってみたいと言いはじめました。ならば父も使いたい、となったのですが、何を…

「ことば」「思考」「思想」の関係と国語辞典の機能。ボキャブラリーの貧困は思想の貧困。『診断・国語辞典』(鈴木喬雄)の名言を紹介します。

「ことば」「思考」「思想」の関係を、鈴木喬雄さんの『診断・国語辞典』から学びました。この本は絶版のようですので、以下に内容を紹介します。 (一)ことばの問題は思考の問題である。(二)ことばは単に言語次元だけのものではない。同時に、生活次元の…