しあわせ情報室

40代男子が書く「しあわせにいまを生きる」ための情報集。テーマは生き方、子育て、ことば、手帳など。

能率手帳の使い方。 約30年使い続ける松井忠三さん(良品計画前会長)の場合。

良品計画前会長の松井忠三さんが、『無印良品のPDCA』という本で、手帳の考え方や能率手帳の使い方を詳細に書いてくれています。 学んだことを、いくつか紹介します。 考え方、使い方 ・1992年から能率手帳を使用。 ・手帳の種類を毎年変えてしまうと、比較…

70代の父母に、iPhoneで音楽を聴くことをレクチャー。

同居している義理の母(70)が、「スポーツジムでみんなスマホで音楽を聴きながらやってるのよね~」「林部智史の曲が聞きたいわ~」などとよく言うようになりました。あきらかに、本人もやってみたい様子です。 母も父(76)も、昨年3月にワイモバイルのiPhoneS…

ワイモバイルのiPhone SEでスマホデビューして1年になる父に、より使いこなすために選んだ本「iPhone 完全マニュアル2018」。

今年76歳になる義理の父は、昨年の3月にワイモバイルのiPhone SEでスマホデビューしています。 当時、まず今年71歳になる義理の母が、同世代の友人がみなスマホを使い始めたので使ってみたいと言いはじめました。ならば父も使いたい、となったのですが、何を…

「能率手帳ゴールド」を気に入っているところのまとめ。同時に私の手帳選びの基準。

例年そろそろ、1月からの新しい手帳の準備をはじめます。 過去記事で、「能率手帳ゴールド」を使って、次で10年目となることを書きました。 www.kendenblog.com この手帳を気に入っているところが、同時に、今の自分の手帳選びの基準になっています。整理の…

「ことば」「思考」「思想」の関係と国語辞典の機能。ボキャブラリーの貧困は思想の貧困。『診断・国語辞典』(鈴木喬雄)の名言を紹介します。

「ことば」「思考」「思想」の関係を、鈴木喬雄さんの『診断・国語辞典』から学びました。この本は絶版のようですので、以下に内容を紹介します。 (一)ことばの問題は思考の問題である。(二)ことばは単に言語次元だけのものではない。同時に、生活次元の…