しあわせ情報室

辞書好きが書く、子育て、手帳、車、本など、人生を楽しむための情報集です。

小5でも落ち着いて授業を受けられない子たちの話を聞いて思ったこと。

昨日息子の小学校で公開授業があり、行ってきた奥様に話を聞いて、いろいろと驚きました。5年生の38人のクラスで、授業中に落ち着いて座っていられない子どもが5人もいるとのこと・・・。 状況 算数の授業中。指されていないのに席を立って教室内をフラフラ…

何が「教育虐待」になるかを、職場のパワハラで考える。

中学受験の本番まで約2ヶ月ということで、今朝の日経に「教育虐待」の記事がありました。 www.nikkei.com この記事の中で、特に考えるところはここです。 教育虐待をする親の多くは、「子どもの幸せのために行動を管理する必要がある」と考え、虐待の自覚は…

私立中学と比べて公立中学のいいところ。『尾木ママの共感♡子育てアドバイス』から。

前に、「いまの公立中学は、荒れているか。」という記事で、私立中学には問題生徒を退学させるという暴力装置があるのでいじめは防がれている、という橘玲さんのことばを紹介しました。 これに納得していたのですが、単純に公立より私立がよいということでは…

小学5年生になる息子の塾選び。進学塾の内情とは。

息子が幼稚園時代から週1回お世話になっていた学習塾が、小学4年生までが対象のため、この3月で終わりになりました。5年生になる4月からどうしようかと、考えてきました。 「中学受験をしない小学生がやっておくべきこと。「学校のテストは満点が当たり前」…

中学受験をしない小学生がやっておくべきこと。「学校のテストは満点が当たり前」なのはなぜか。

「中学受験について、全くの勘違いをしていました。」の中で紹介した、おおたとしまささんの『受験と進学の新常識』という本に、“中学受験をしない小学生がすべきこと” というパートがあります。そこに、次のように書かれています。 中学受験をせずに高校受…

いまの公立中学は、荒れているか。

息子が中学受験をするかどうかについて、これまで2回書きました。 息子が中学受験をするべきか考えた。中学受験について、全くの勘違いをしていました。 中学受験をせず普通の公立中学に進学するとなると心配なのは、その中学が荒れているかどうか、というこ…

「中学受験」とは「中高一貫校を受験」することだと、最近理解した。

「息子が中学受験をするべきか考えた。」の中で、片道1時間以上かけて通学するなら、近くの普通の公立中学がいいのでは、と書きました。 その後に、おおたとしまささんの『受験と進学の新常識』を読み、私は中学受験について全くの勘違いをしていたことがわ…

息子が中学受験をするべきか考えた。

4月から息子が小学5年生になります。わが家の周辺では、5年生くらいから中学受験の準備をはじめる子が出てくるようです。 近隣の中学や高校の受験事情について、長野県で生まれ育った私には全く知識や経験がありません。そこで地元育ちの奥様が言うには、中…