しあわせ情報室

40代男子が書く、人生を家族と一緒に楽しむための情報集です。

SEAMOの『Continue』という人生の応援歌を一度は聴いてほしい! 子どもにも!

ヤフーニュースに突然、ラッパーのSEAMOさんの情報が出ました。 headlines.yahoo.co.jp リンク切れに備えて内容を要約します。 ラッパーのSEAMOは2005年に彗星のごとく現れ、翌年「マタアイマショウ」「ルパン・ザ・ファイヤー」が大ヒットしNHK紅白歌合戦出…

「現代に "画一的な幸せのロールモデル" は存在しない」(堀江貴文)

堀江貴文さんについての記事の三連投です。 落合陽一さんとの共著『10年後の仕事図鑑』から、<しあわせについて学ぶことば>を紹介します。 これからは、自分で生き方をデザインしなければならない時代になっている。「こんな人生が幸せである」といった理…

団塊ジュニア世代の生き方や働き方を考える本その3。堀江貴文さんの『ゼロ』。真の姿は努力の人。

はじめに 堀江貴文さんは1972年10月生まれ。生まれた月まで私と同じ、団塊ジュニア世代のど真ん中です。 簡単に経歴を振り返ると、東大在学中の1996年4月に23歳で起業。2000年東証マザーズ上場。2004年プロ野球近鉄、翌年ニッポン放送の買収を仕掛ける。2005…

夢や目標と計画について。稲盛和夫さんは大きな夢を掲げ、一年だけの計画を立て、一日だけを懸命に生きた。

前の記事で稲盛和夫さんが著書『働き方』に、こう書いていることを紹介しました。 ゴールが遠すぎる目標というのは、往々にして挫折で終わることが多い 途中で反故になってしまうような計画なら、はじめから立てないほうがいい 夢や目標と計画について。稲盛…

夢や目標と計画について。稲盛和夫さんは京セラで中期経営計画を立てなかった。

『能率手帳の流儀』(野口晴巳)に、夢や目標について、 「明確な目標を描き出せるのはごく稀なケース」 「無理やり自分を納得させた目標は、不幸を招く」 「あまり大きな目標は挫折につながる」 「とてつもなく立派な目標は書かなくていい」 「綿密な計画は…

「幸福というものは、主観の断定にある」(中村天風)

久々に、<しあわせについて学ぶことば>を紹介します。 稲盛和夫さんの本に、中村天風先生の次の教えがたびたび出てきます。 新しき計画の成就はただ不撓不屈の一心にあり。さらばひたむきにただ想え、気高く、強く、一筋に。 この教えを稲盛さんはかつて京…

能率手帳の使い方。野口晴巳さん(元JMAM会長)の場合。究極の逆説「人生を計画することなどできない」とは。

能率手帳の使い方を語るなら、『能率手帳の流儀』(野口晴巳:元日本能率協会マネジメントセンター会長)をはずすことはできません。 私が思うこの本の真価は、手帳の使い方の本であるのに、 「人生を計画することなどできない」 と断言しているところです。…

「DNA婚活」の情報を調べ、「結婚は相性が悪い者同士が好きあう」説の正しさを考える。

昨日の日経朝刊に、「離婚の決め手はDNA」という記事がありました。 www.nikkei.com ある40代男性の次の事例が出ています。 「離婚はDNAデータが決め手だった。後悔はしていない」 結婚は8年で冷え切ったが、息子もいて終止符を打つか当時は迷った。「判断材…

団塊ジュニア世代の生き方や働き方を考える本その2。四角大輔さんの『人生やらなくていいリスト』。

(この本に付属するメッセージカード!) 著者の四角大輔さんは1970年生まれ。 ソニー・ミュージックエンタテインメントに大学新卒で就職。営業経験後にアーティストプロデューサーを務める。後にワーナーミュージック・ジャパンに転職。ソニーとワーナーで…

団塊ジュニア世代の生き方や働き方を考える本の紹介その1。フミコフミオさんのエッセイ。

私と同じ団塊ジュニア世代が書いた本を、何冊か紹介しようと思います。 まずははてなブログの人気ブロガー、フミコフミオさんの『ぼくは会社員という生き方に絶望はしていない。ただ、今の職場にずっと・・・・・・と考えると胃に穴があきそうになる。』。 「中小…

「幸せは小刻みに」。鷲田清一さんのコラム『幸せって 何だろう』(JAFMate 2019年11月号)から。

希望を小刻みにすること。私はこれがじつは人が幸福になるための算段としていちばんいいのではないかと思っています。 「幸せって何?」と問うても幸せになれるわけではありません。いや、そう問うているうち、不幸の影を意識することも増えていきます。それ…

「人生の危機」に、「生活の危機」の解決を考えても役には立たない。

ひろさちやさんの『「善人」のやめ方』(角川oneテーマ21)に、「人生の危機」と「生活の危機」の違いという話が出てきます。 リストラや倒産などでの「失業」は単なる「生活の危機」であって、 「人生の危機」とは、自分が何のために生きているのかが分から…

夜回り先生こと水谷修先生についてのQ&Aをつくりました。なぜ夜回りをはじめたか、夜間高校の教員になったか、個人のメルアドを公開しているか、など。

一人のファンとして、勝手ながら、夜回り先生こと水谷修先生についてのQ&Aをつくりました。Wikipedia等を見ても、整理された情報がないなと思ったからです。 出典は、『夜回り先生』『夜回り先生と夜眠れない子どもたち』(以上 小学館文庫)『約束』『夜回…

40代、50代を応援することば集。「絶対時間で大樹を目指せ」。「人生は遅咲きでいい」。子育てにも活かしたいことばです。

愛読書の『能率手帳の流儀』に、『絶対時間で大樹を目指せ』と『 人生は「遅咲き」でいい』ということばがあります。内容は次の通りです。 私たちがよく使う「絶対時間」とは、一人前になるためには絶対に必要な時間があるという意味です。「桃栗三年、柿八…

40代、50代を応援することばを集めます。まずは、「創造力を最大限に発揮できるのは40歳以降」。

このところ、私たち団塊ジュニア世代を含む40代、50代に悲観的なことをいくつか書きました。逆に、元気が出ることも、書いていきたいと思います。 まずは、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』p444から。 普通の人が創造力を最大限に発揮できるのは、通…

団塊ジュニア世代の政治・経済・社会史と自分史を表にして振り返る。不良債権処理の時代に社会に出て、不良債権のように処理される世代なのか。

前回の記事で簡単にまとめた、団塊ジュニア世代の私的な経済史、自分史、読書史に、思い出に残るできごとを加えて、表にしてみました。 年 月 政治・経済・社会史 ビジネス書 発売日 自分史 年齢 学年 1986 4 チェルノブイリ 原発事故 13 中2 1988 4 高校入…

団塊ジュニアで就職氷河期でロスジェネ世代な私の、私的な経済史、自分史、読書史。平成は「競争」の時代だったようです。

団塊ジュニア、第二次ベビーブーム、就職氷河期、ロストジェネレーションと、私たち1972年生まれの世代はいろいろな名前をもらっています。加えて、これからは「人生再設計第一世代」とも呼んでもらえるようです。 この世代には、「老後2000万円問題」や45歳…

「人生二度なし」という真理を、いかに深く痛感するかというところから、人生の真のスタートが始まる。

昨日の記事に書いた、「人生の選択で、同じことを同条件で繰り返すことはできない」ということを考えていて、ふっと、森信三先生の「人生二度なし」ということばが浮かんで来ました。『修身教授録』の第2部第3講にあります。久しぶりに読み返しました。 『修…

「意思決定を自分でできること」と、「意思決定を自分でしてきたと思えること」の両方が、しあわせな人生を歩む秘訣。

慶應義塾大学医学部小児科教授の高橋孝雄先生の著書、『小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て』に、次のことばがあります。 意思決定を自分でできることが、しあわせな人生を歩む秘訣です。(p158) これは、"子どもをしあわせに導く3つのチカラ"の一つです。…

本当の自分を探したくなったときに、思い出したいことば。『「本当の自分」があるとすれば、いま、現実に鏡に写っている自分しかない』。

菅野泰蔵さんの本から学んだことの、三つ目です。今回も『こころがホッとする考え方』からの引用です。 誰でも、多かれ少なかれ「いまの自分」に不満を抱いているものである。こんなことを言いたくなる気分はわからないではない。仕事が認められない、学校が…

「あのとき、こうしていればよかった」と過去を引きずってしまうときに、思い出したいことば。「今が良ければ過去を引きずらない」。

以前の記事で、菅野泰蔵さんの『月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本』を紹介しました。 この本から学ぶこと多かったので、著者の他の本も読んでみました。期待通り、気持ちが楽になることばがたくさんありました。いくつかを紹介します…

「結局、お部屋も持ちモノも『自分が幸せになるため』にある」。こんまりこと近藤麻理恵さんのしあわせ論。

そもそも、何のために片づけをするのでしょう。結局、お部屋も持ちモノも「自分が幸せになるため」にあるのでなければ意味がないと私は思います。 だから、モノを残すか捨てるか見極めるときも、「持っていて幸せかどうか」、つまり、「持っていて心がときめ…

供給者の論理に落ち込むな。

「供給者の論理に落ち込むな」とは、野口悠紀雄さんの『「超」英語法』という本にあることばです。次のとおりです。 産業として成立するビジネスであれば、一般的に、「供給者の論理」が支配的になる。学ぶ側としては、その論理を見抜き、それに陥らないよう…

「できる限りやる」と「できる範囲でやる」の違い。

何か新しい課題ができたり、あたえられたときに、「できる限りやります」と言うか、「できる範囲でやります」と言うか。 ことばの意味としは、「できる限りやる」と「できる範囲でやる」は、ほぼ同じです。 違いは言い手の気持ちで、「逃げ」の感情が入ると…

「幸福を見つける唯一の方法は、与える喜びのために与えること」。カーネギーの『道は開ける』より。

幸福を見つける唯一の方法は、感謝を期待することではなく、与える喜びのために与えることである。 カーネギーの『道は開ける』にあることばです。 コヴィー博士の『7つの習慣』には、次のことばがあります。 もし私が結婚生活に問題を抱えているとしたら、…

古市憲寿さんのしあわせ論。「自分のまわりの100人を幸せにする」。

テレビ番組でのコメントや、小説が芥川賞候補作になって話題の古市憲寿さんの本から、しあわせについてぐっとくることばを紹介します。 1億3,000万人を同時に幸せにすることはできない。だけど、自分のまわりの100人、1,000人を幸せにすることは結構誰でもで…

「嫉妬」という恐ろしい感情。辞書で語釈や用例を調べてみる。

前回の記事で、「人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か判断する」という考え方を否定したいと書きました。 ▼過去記事「人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か判断する」という考え方を、変えることばを集めました。 - しあわせ情報室 もし、こ…

「人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か判断する」を、否定することばを集めました。

前回の記事で、「人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か判断する」は、本当か?ということについて書きました。 ▼過去記事『お金2.0』(佐藤航陽)にある "人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か判断する" は、本当か。 - しあわせ情報室 よく考…

『お金2.0』(佐藤航陽)にある 「人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か判断する」 は、本当か。

"人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か、優れているか劣っているかを判断する相対的な生き物です。" これは、『お金2.0』(佐藤航陽)にあることばです。 一見正しいようですが、本当でしょうか。 他者と比較して自分が幸福かどうかを判断していると…

森博嗣さんのしあわせ論。「幸せを見つけるのがあなたの人生」「明日も楽しいことが待っているぞ、と思えること」。

Q はたして、社会に出たあとの幸せって、何なのでしょう? A それを見つけるのが、あなたの人生だと思う。 ー『「やりがいのある仕事」という幻想』p166 毎日が終わって、ベッドで少し読書をしてから、僕はライトを消す。そのとき、明日も楽しいことが待って…