しあわせ情報室

しあわせについて、感じたり考えたりすることを書いています。

自分の自信のなさや弱さを自覚し、受け入れることの意味を学ぶ本。岩井寛先生の『森田療法』(講談社現代新書 1986年)。

私が森田療法に興味を持ったきっかけは、アマゾンでたまたまこの本のページに行き着き、カスタマーレビューが105件もあって、帯の説明の 不安や葛藤を「あるがまま」に受け入れ、すこやかな自己実現を目指す誰もが実践できるメンタル・ヘルスのヒント! や、…

ストレス、メンタルヘルス、うつ、精神医療、森田療法について、一般の社会人がわかりやすい「新書」と「文庫」の5選。

先日の記事で、イニエスタ選手がうつ病だったとは驚いた、という記事を書きました。 過去記事:あのイニエスタ選手がうつ病だったとは。ちょうどいま、「森田療法」を学んでいるところです。 - しあわせ情報室 並行して、ストレスやメンタルヘルスに関係する…

本当の自分を探したくなったときに、思い出したいことば。『「本当の自分」があるとすれば、いま、現実に鏡に写っている自分しかない』。

菅野泰蔵さんの本から学んだことの、三つ目です。今回も『こころがホッとする考え方』からの引用です。 誰でも、多かれ少なかれ「いまの自分」に不満を抱いているものである。こんなことを言いたくなる気分はわからないではない。仕事が認められない、学校が…

親や育ちに疑問を感じたときに、思い出したいことば。「家族というものは、叩けば叩くほどほこりが出る」。

菅野泰蔵さんの本から学んだことの、二つ目です。すべて『こころがホッとする考え方』からの引用です。 家族というものは、叩けば叩くほどほこりが出るものだからだ。誰でも親との関係の中で、「このときはこうしてほしかった」と満たされない思いを経験する…

「あのとき、こうしていればよかった」と過去を引きずってしまうときに、思い出したいことば。「今が良ければ過去を引きずらない」。

以前の記事で、菅野泰蔵さんの『月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本』を紹介しました。 この本から学ぶこと多かったので、著者の他の本も読んでみました。期待通り、気持ちが楽になることばがたくさんありました。いくつかを紹介します…

コンタクトレンズ買い替えのおぼえがき。

いま使っているハードタイプのコンタクトレンズが不調で、買い替えました。3年ぶりです。以下、おぼえがきです。 ・コンタクトはハードレンズを20歳から使用。使用歴約27年。・目が悪くなりメガネをかけ始めたのは小5だったと思う。・10年ほど前から1dayタイ…

『月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本』(菅野泰蔵)をタイトル買いしました。ゆううつな心が楽になる本です。

タイトルに惹かれて、思わず手にとりました。40代になって、こう思うことがよくあるからです。 30代までは、会社に行きたくないと思ったことは、なかったように思います。二日酔い以外ですが(汗)。20代はむしろ、会社に行くのが好きでした。仕事をすること…

大好きだった酒を4年前からほとんど飲まなくなった私が、酒について思うことのまとめ。

市川海老蔵さんが最近一切、酒を飲んでいないそうです。一昔前に泥酔事件を起こした海老蔵さんが「酒は無駄」とは、驚きです。 酒については、私もいろいろと思うことがあります。40歳過ぎまでは、酒なしの人生など全く考えられず、酒を飲まずに何を楽しみに…

あのイニエスタ選手がうつ病だったとは。ちょうどいま、「森田療法」を学んでいるところです。

イニエスタ選手がうつ病だったとは、驚きました。 イニエスタといえば、FCバルセロナやスペイン代表で長年レギュラーを務め、チャンピオンズリーグやワールドカップの決勝戦など、一般人には到底理解できないようなプレッシャーを経験し、結果を出してきたサ…

パパの自殺防止に、『パパのための子育てハッピーアドバイス』にある、ある娘さんの手紙を読んでほしい。

パパの子育て本として一押しの、『パパのための子育てハッピーアドバイス』の最終章は、唐突に、 "「お父さん、生きていてほしい!」子どもが、最後に願うこと" というタイトルではじまります。著者の明橋大二先生も、「唐突ですが」と書いています。 内容は…