しあわせ情報室

本・辞書・能率手帳好きが 「知識は人をしあわせにする」をテーマに 日々の学びや子育てについて発信するブログです。

人気の記事
国語辞典 記事一覧
英和辞典 記事一覧
能率手帳 記事一覧
子育て 記事一覧

書評・読書感想

ビジネス書や子育て本の書評・感想と、本から学んだことの記録です。

『大局観』羽生善治著 に学ぶ 忘れることの大切さ

『大局観 自分と闘って負けない心 (角川新書)』 将棋の竜王戦の第5局、豊島将之竜王対羽生善治九段が、昨日終わりました。 結果は豊島竜王の勝利で、通算4勝1敗とし竜王防衛です。 羽生九段はタイトル獲得通算100期という大記録がかかっていましたが、達成で…

気の進まないことを先のばしにして 気力が失せていた自分への戒め

『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 4.0』 昨日までに、どうしてもしなければならない気の進まないことがありました。 これまで未経験のことなので、どれくらい時間がかかるものか、そもそもうまくいくのか、よくわかりません。 このことが気になって、…

精神科医が教える「幸せになる方法」セミナー受講の学び(by 樺沢紫苑先生)

11月2日、精神科医でビジネス書作家の樺沢紫苑先生の「精神科医が教える『幸せになる方法』セミナー」を受講してきました。 樺沢先生の本では、現時点で55.5万部発行のベストセラー『学びを結果に変える アウトプット大全』を、何か行き詰まったときに開く座…

『第3の案』を再読 二者択一の思考を乗り越えて生きられるか

『第3の案 成功者の選択』 (2020年10月29日大幅加筆 ← 2012年4月公開) 2012年の発売後にすぐ読んでいた、スティーブン・R・コヴィー博士の『第3の案 成功者の選択』を久々に再読しました。 第3の案 成功者の選択 posted with ヨメレバ スティーヴン・R.コ…

どん底に大地あり と マイナス思考のどん底からのプラス思考

『大河の一滴 (幻冬舎文庫)』 タイトルの「どん底に大地あり」は、このところハマっているNHKの朝ドラ「エール」の今日の放送で、テーマになった言葉です。 「エール」の今週の放送は、モデルとなった作曲家の古関裕而の代表曲、「長崎の鐘」が生まれた物語…

上司は部下に好かれるべき? 『究極の説得力』と『嫌われる勇気』から考える

もう20年近く前のこと。 当時勤めていた会社にパワハラ気質の部長がいて、課長になった親しい先輩に、「お前、部下に好かれようと思っていないだろうな~」と説いていました。 その意味は、好かれたいと思うようでは部下に仕事をさせることはできない、とい…

『運のいい人の法則』を読んで 幸運の日記を30日間書いた結果…

(たまたま運よく見つけた、息子1歳3ヶ月の写真です) リチャード・ワイズマン博士著『運のいい人の法則 (角川文庫)』を読んで、博士がすすめる「幸運の日記」を30日間書いてみました。 その結果を、以下にまとめます。 『運のいい人の法則』とは 「幸運の日…

小池龍之介さんの100分の懺悔を聞き 著書の『考えない練習』をずっと手元に置くことを決めました

このブログで何度か著書の『考えない練習 (小学館文庫)』の一節を紹介した、小池龍之介さんについて最近知ったことの記録です。 関連記事:机の上を片づけずに 「思考のノイズ」をためていた自分への戒め、メルカリで少しでも安く買おうとして 消耗していた…

「お手手のしわとしわを合わせてしあわせ」は 夫と妻の手なのかもしれない

『いい言葉は、いい人生をつくる―ラストメッセージ (成美文庫)』 【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その23です。 「お手手のしわとしわを合わせて、しあわせ」という仏具店のコマーシャルがある。私は、これを勝手に、夫と妻の手のしわと解釈してい…

『21 Lessons』と『運のいい人の法則』を読んで瞑想を開始 試したやり方と感想を紹介します

2週間前から、「瞑想」を生活に取り入れました。毎朝15分ほど実践し、少しずつ落ち着いて座っていられるようになっています。 そこで、瞑想を始めるきっかけになった2冊の本と、いろいろ調べた中で一番わかりやすい本から学んで2週間試した、初心者向けのや…

漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』の患者と同じだった3つの経験

元TOKIOの山口達也さんの飲酒の事件をきっかけに、酒を控えることから、完全な断酒に進むことを決めました。 (その記事はこちら>>>山口達也さんの飲酒の事件に自分の失敗を思い出し 完全に断酒する気になりました) 同じタイミングでの、もう一つの断酒…

一流スポーツ選手の親たちが語る 子どもの岐路に思い出したい金言集

「スポーツ好きの子どもに親はどう関わる? 見守るかスパルタか 一流スポーツ選手27人の事例集」の記事を全面的に見直すため、「天才は親が作る」と「天才を作る親たちのルール」を読み直しました。 再読してあらためて、この2冊は子どもに愛情を注ぎ込んだ…

スポーツ選手27人の親の関わりを 口出し・見守り・スパルタ・サポートで分類して考えたこと

【2020.9.24 全面的に加筆修正】これまでスパルタか否かを軸にタイプを分けていたところを、親自身が子どもに積極的に関わり口を出していたかを軸にしました。 結果は、経験者であれば75%が口出しするタイプです。 理想の姿は、親が経験のあるスポーツを親自…

『ゆるくても続く 知の整理術』pha著 より 知識は人を自由にする

phaさんの著書『ゆるくても続く~知の整理術 (だいわ文庫)』 の中で、生涯大切にしたいことばに出会いましたので紹介します。 知識は人を自由にする。(p247) 何かの知識を調べて覚えて活用する技術は、人生のあらゆる場面で必要となってくるものだ。 知識があ…

子どもや家族の写真撮影のコツは 一に構図、二にピント、三、四がなくて、五に露出

子どもを持つと、わが子の思い出をたくさん写真に残しておきたくなってきます。 わが家は2009年1月に息子が生まれる直前に、きれいな写真をいっぱい残そうと思い、デジタル一眼レフカメラの「EOS Kiss Digital X2」のダブルズームレンズキットを買いました。…

勉強は 好きな科目だけ・意識を集中させず・無計画に やればよい

『13歳からの頭がよくなるコツ大全』 息子が8月1日から夏休みに入りました。毎日家で宿題をしています。 私自身の夏休みの宿題の振り返ると、親が共働きで家におらず勉強への口出しが一切なかったせいか、ギリギリまで後回しにしていました。とても息子には…

伝記『スティーブ・ジョブズ』で ITの歴史とジョブズの考え方を学ぶ

積ん読だった伝記『スティーブ・ジョブズ』(講談社+α文庫版)を、一気に読んでみました。 この本の特におもしろいところは、スティーブ・ジョブズという人物の伝記を通じて、パーソナルコンピューターから現代のiPhoneやiPadまでのデジタルツールの誕生の物…

机の上を片づけずに 「思考のノイズ」をためていた自分への戒め

このところどうも、考えがうまくまとまらない、頭の中がスッキリしない状況が続いていました。 横に目をやると、最近集めた英和辞典が本棚に入り切らず、机の上に積まれたままになっています。 整理しよう、片づけようと思っては手をつけないでいることを繰…

メルカリで少しでも安く買おうとして 消耗していた自分への戒め

『考えない練習 (小学館文庫)』 この2週間ほど、買おうかどうか迷っているものがあります。 定価は税込で3,190円。 この商品がメルカリに週に何度か半額程度で出品されていて、その値段ならすぐ買うつもりなのですが、即売れてしまい買えません。 出品がある…

辞書引き学習の教えから 「発見する喜び」と「学ぶ楽しさ」を思い出す

辞書引き学習の考案者の深谷圭助先生が、小学生でも読めるように書いた『辞書引き学習が自分でできる!』を読んでみました。 辞書引き学習とは、教科書や本にある知らないことばをたくさん見つけて調べることかと勝手に思っていたら、全く違っていました。 …

ブログのアクセスアップ「100-300-1000の法則」は確からしい

「100-300-1000の法則」とは、樺沢紫苑さんが『アウトプット大全』に書いているインターネット・メディアのアクセスアップの法則です。 ブログにあてはめると、このようになります。 100記事 固定ファンがつき、毎日ある程度の数の人に読んでもらえるように …

松下幸之助さんの「日本よい国」ということばが コロナにすさんだ心に響く

ふと本棚から手にとった松下幸之助さんの『道をひらく』の最後に、「日本よい国」という章がありました。 調べるとPHP研究所の公式の紹介映像がYouTubeにあり、テキストも出ています。以下に全文紹介します。 youtu.be 花が散って、若葉が萌えて、目のさめる…

本の整理・片づけに効く格言を15個厳選しました

巣ごもり生活の行き詰まりの気分転換に、本棚の整理をすることにします。 積ん読本や未読本がたまりがちな反省と自戒を込めて、今回はまず、蔵書の中から整理・片づけに役立つ格言を厳選してみました。その数15個。次の通りです。 積ん読したままの、心がと…

子どもが本好きになるわが家の方法 「手本を示す」大切さ

『声に出して読みたい日本語』 小学校の休校で家で過ごす時間が多くなった小6の息子は、放っておいても一人で本を読んでくれているので助かっています。 いま読んでいるのは『ホワット・イフ?』。本人の希望で買って、ゲラゲラ笑いながら読んでいます。私が…

室内での子どもとの運動に『自衛隊体操』をおすすめ DVD付きの公式ガイドがわかりやすい!

外出自粛で続く巣ごもり生活での息子と私の運動不足解消のために、『DVD付き 自衛隊体操 公式ガイド』を買いました。 昨日まで3日間、朝夕1日2回やってみたところ、すごくいいです! フルバージョンでたった5分の運動ですが、「ラジオ体操以上、筋トレ未満」…

「書評」と「読書感想文」の違いとは?

ブログに「書評」や「読書感想文」を書こうとするとき、考えておくことは何でしょうか。 そもそも「書評」と「読書感想」は違う? 読書家の識者の見解を調べてみました。 成毛眞 小飼弾 樺沢紫苑 まとめ 成毛眞 まずは元日本マイクロソフト社長で、現在は書…

『ニュータイプの時代』で「20世紀的優秀さ」の終焉を学ぶ (就職氷河期世代の生き方を考える本その4)

『ニュータイプの時代』の著者の山口周さんは、1970年生まれです。 団塊ジュニアのひとつ上のバブル世代ですが、経歴を見ると大卒で修士課程を修了していますので、就職時期は大卒の団塊ジュニアと同じ、氷河期世代です。 この本の最初の一文は「『20世紀的…

新型コロナウイルスの対策に感じる エビデンスの限界と専門家の失墜

(『ニュータイプの時代』山口周) 新型コロナウイルスへのこれまでの対策の中で、思うことが二つあるので記録しておきます。 エビデンスの限界 2月末に全国の学校に突然の休校要請が出たときの雰囲気は、休校のエビデンスは? 子どもは重症化しないのでは?…

新型コロナウイルスの危機への支援に 徒然草の教え「偽善も善」を考える

『徒然草 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫)』 新型コロナウイルスへの対策で「緊急事態宣言」が出るという、歴史的な日に今日はなりそうです。 この危機に、ソフトバンクの孫正義会長や、楽天の三木谷浩史会長が個人的な支援をしてい…

『しつけと体罰』で 学校には体罰が時には必要かという疑問を考える

厚生労働省が体罰禁止の指針案をまとめたり、野田の女児虐待事件の裁判で父が「しつけのつもりが行き過ぎた」と主張したりと、しつけや体罰についてのニュースは途切れることがありません。 www.nikkei.com 親の子供への体罰を禁止する改正児童虐待防止法が…