しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
能率手帳を愛用する著名人
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

精神科医が教える「幸せになる方法」セミナー受講の学び(by 樺沢紫苑先生)

11月2日、精神科医でビジネス書作家の樺沢紫苑先生の「精神科医が教える『幸せになる方法』セミナー」を受講してきました。 樺沢先生の本では、現時点で55.5万部発行のベストセラー『学びを結果に変える アウトプット大全』を、何か行き詰まったときに開く座…

「お手手のしわとしわを合わせてしあわせ」は 夫と妻の手なのかもしれない

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その23です。 「お手手のしわとしわを合わせて、しあわせ」という仏具店のコマーシャルがある。私は、これを勝手に、夫と妻の手のしわと解釈している。人生の山川を乗り越え、狂瀾怒濤の末であっても、おたがいの手…

「自分のしあわせのため」だけを考えていないか ダンマパダの教えから

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その22です。 マスクの転売や買い占めが話題のいま、こんなことばが心に響きました。 われわれはふつう、自分の利益のため、自分の功名のため、自分の楽しさのため、自分の幸せのため……と、なにごとも自分を中心に…

「われわれは幸福を求める。しかし、惨めさと死としか見いださない」(パスカル『パンセ』より)

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その21です。 われわれは、真理を望む。しかし、われわれのうちには不確実さしか見いださない。 われわれは幸福を求める。しかし、惨めさと死としか見いださない。 われわれは真理と幸福を望まないわけにはいかない…

「現代に "画一的な幸せのロールモデル" は存在しない」(堀江貴文)

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その20です。 堀江貴文さんと落合陽一さんの共著『10年後の仕事図鑑』から、次のことばを紹介します。 これからは、自分で生き方をデザインしなければならない時代になっている。「こんな人生が幸せである」といっ…

「幸福というものは、主観の断定にある」(中村天風)

中村天風先生の本から、しあわせについて学ぶことばを紹介します。 稲盛和夫さんの本に、中村天風先生の次の教えがたびたび出てきます。 新しき計画の成就はただ不撓不屈の一心にあり。さらばひたむきにただ想え、気高く、強く、一筋に。 この教えを稲盛さん…

「幸せは小刻みに」 鷲田清一さんのコラム『幸せって 何だろう』(JAFMate)から

JAFの会員誌『JAFMate 2019年11月号』のコラム『幸せって 何だろう』から、しあわせについて学ぶことばの紹介です。 哲学者の鷲田清一さんはまず、ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』という本から、ナチス時代の強制収容所で生き延びた人たちは希望を極小…

「意思決定を自分でできること」と「意思決定を自分でしてきたと思えること」の両方が しあわせな人生を歩む秘訣

慶應義塾大学医学部小児科教授の高橋孝雄先生は、著書の『小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て』で、「子どもをしあわせに導く3つのチカラ」として次の3つをあげています。 誰かの気持ちに寄り添える「共感力」 あらゆるシーンで自分のことを自分で決める…

こんまりこと近藤麻理恵さんのしあわせ論 「お部屋も持ちモノも『自分が幸せになるため』にある」

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その16です。 そもそも、何のために片づけをするのでしょう。結局、お部屋も持ちモノも「自分が幸せになるため」にあるのでなければ意味がないと私は思います。だから、モノを残すか捨てるか見極めるときも、「持っ…

「幸福を見つける唯一の方法は、与える喜びのために与えること」 カーネギーの『道は開ける』より

カーネギーの『道は開ける』から、しあわせについて学ぶことばを紹介します。 幸福を見つける唯一の方法は、感謝を期待することではなく、与える喜びのために与えることである。 またコヴィー博士の『7つの習慣』には、次のことばがあります。 もし私が結婚…

古市憲寿さんのしあわせ論 「自分のまわりの100人を幸せにする」

テレビ番組でのコメントや、小説が芥川賞候補作になって話題の古市憲寿さんの本から、しあわせについて学ぶことばを紹介します。 1億3,000万人を同時に幸せにすることはできない。だけど、自分のまわりの100人、1,000人を幸せにすることは結構誰でもできると…

『お金2.0』(佐藤航陽)にある 「人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か判断する」 は 本当か

人間は他者との比較の中で自分が幸福か不幸か、優れているか劣っているかを判断する相対的な生き物です。 これは、『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』(佐藤航陽)にあることばです。 一見正しいようですが、本当でしょうか。 他者と比較して自分が幸福…

森博嗣さんのしあわせ論 「幸せを見つけるのがあなたの人生」「明日も楽しいことが待っているぞ、と思えること」

Q はたして、社会に出たあとの幸せって、何なのでしょう? A それを見つけるのが、あなたの人生だと思う。 ー『「やりがいのある仕事」という幻想』p166 毎日が終わって、ベッドで少し読書をしてから、僕はライトを消す。そのとき、明日も楽しいことが待って…

「人間の幸福は数値化できない」(新井紀子)

記事のタイトルは、新井素子先生の『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』にある一文です。 このように断言しています。 数学者として断言できます。現代数学は、幸福の数値化ができるようにできていません。(p37) 「AIに任せたほうがましな政治をするのでは…

「幸せとは人と深くつながること」(松浦弥太郎)

松浦弥太郎さんの『40歳のためのこれから術』から、しあわせについて学ぶことばを2つ紹介します。 幸せとは人と深くつながること 僕はいろいろな人と深くつながることが、いちばんの幸せです。七〇歳を迎えた時、妻、子ども、友人、まだ両親が生きていれば両…

「幸せは想い」(水谷修)

水谷修先生の『夜回り先生 原点』から、<しあわせについて学ぶことば>を紹介します。 生きることは人間の宿命です。人はただ生きていくしかない。でも、そこには多くの幸せがあります。 幸せとは何でしょう。これが本当の幸せなんていうものはあるのでしょ…

「ものを書くのは、幸せになるためだ」(スティーブン・キング)

スティーブン・キングの『書くことについて (小学館文庫)』から、<しあわせについて学ぶことば>を紹介します。 ものを書くのは、(中略)。一言で言うなら、読む者の人生を豊かにし、同時に書く者の人生を豊かにするためだ。立ち上がり、力をつけ、乗り越…

「贅沢と幸福は別物だ。慎ましく生きても、人生の大切な喜びはすべて味わえる」(北野武)

これまでの生き方について、いったん立ち止まって考えたいことばを紹介します。 夢なんてかなえなくても、この世に生まれて、生きて、死んでいくだけで、人生は大成功だ。 俺は心の底からそう思っている。 どんなに高いワインより、喉が渇いたときの一杯の冷…

「ぼくは“幸福反対論者”だ」(岡本太郎)

このブログのタイトル「しあわせ情報室」を根本から否定するような、強烈なことばに出会いました。 こちらです。 ぼくは“幸福反対論者”だ。幸福というのは、自分につらいことや心配なことが何もなくて、ぬくぬくと、安全な状態をいうんだ。 だが、人類全体の…

「シアワセの変遷」 江國香織さんのコラム『幸せって 何だろう』(JAFMate)から

JAFMate 2018年10月号にある、江國香織の「幸せって何だろう」というコラムの一節を紹介します。 ここに至ってようやく、しあわせを自分の外側に求めてはいけないことが私にもわかった。というわけで、五十代のいま、私は自分が朝起きるだけで嬉しい。雨なら…

「自分を好きになり 許してあげること」 綿矢りささんのコラム『幸せって 何だろう』(JAFMate)から

JAFの会員誌「JAFMate」に、『幸せって 何だろう』というコラムがあります。 2018年12月号の書き手は作家の綿矢りささんでした。 内容を紹介します。 自分を好きになり許してあげることって大事だなぁと心から思った私は、あんまり自分を追い込まないように…