2009年の手帳選び -1

今年も店頭に2009年の手帳が並び始めました。

2009年の手帳をどうするか、じっくり考えています。

個人的に一番気になるのは、フランクリン・プランナー オーガナイザーと、ほぼ日手帳 カズン

ともに新発売。サイズもほぼ同等です。

今年からバイブルサイズのシステム手帳を使っていますが、記入のしやすさ、持ち運びやすさ、使い終わったあとの保管のしやすさで、綴じ手帳の良さもあるなーと感じています。

佐々木かをりさんのアクションプランナーも、このサイズですね。

今年の手帳を決める前に、アクションプランナーにするか悩みました。

そういえば、勝間和代さんの手帳は・・・?

おっと、その名も、「勝間和代手帳2009」、11月1日発売ですか。

インパクトのある表紙ですね~。

最近よく本の表紙に顔を出されているのは、ブランド戦略でしょうか。

この実物を見るまで、来年の手帳は決めれません。

今年はA5サイズの綴じ手帳が激戦区ですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる