能率手帳型の綴じ手帳試用 その後

能率手帳普及版型の綴じ手帳を試用中 のその後です。

左に日記、右にメモというレフト式が、いい感じになってきて、結局、同じタイプのバインデックスのリフィルを買って、試しています。

意識しているのはこの2つです。

・左の日記欄に、その日の出来事を書くこと。

・右のメモ欄は、重点化力向上のため、 意識して重要なことを選んでメモしていること。

先週のメモは、こんなことを書いていました。

幸せな小金持ちについて

定義は、収入3,000万、資産1億円。

大好きなこと、ワクワクすることをしている。

幸せの源泉は、静かなワクワク感と、尽きることのない情熱。

幸せの源泉を感じられるのが、ライフワーク。

←本田健さんの書から。

日本の心、モノづくりが得意な日本

←「強欲資本主義 ウォール街の自爆」と、「はたらくげんき」でのトニー・ブザンの奈良観光の感想から。

社長報告は、営業だ

←社長報告事項があり、その心構えとして。

週の日記とメモを、一覧で振り返ることができるのは、なかなかいいです。

何回も見ることで、しっかり頭に入る感じです。

空き時間があると、手帳ばかり眺めています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる