読書日記 2009年12月

2009年12月の読書日記です。

76. 達人のサイエンス―真の自己成長のために(ジョージ・レナード)

77. 釈尊のさとり (講談社学術文庫)(増谷文雄)

78. 失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)(野中郁次郎ほか)

番外として、昨年読んだ絵本です。

79. ママの手をにぎって (いのちのえほん)

80. ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)

81. 100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

一年間で、全81冊でした。

ジャンルをわけると、こんな感じです。

・自己啓発(幸福論、生き方など)

・ビジネススキル(説得術、文章術、手帳術など)

・教育(育児の百科、絵本など)

・古典(学問のすすめ、風姿花伝など)

・科学(相対性理論など)

・歴史(古事記、失敗の本質など)

さて今年はどうなるか、出会いや偶然を楽しみたいですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる