読書日記 2010年3月

3月の読書日記です。

17.アサーショントレーニング(平木典子)

18.健康問答-平成の養生訓(五木寛之・帯津良一)

19.他力(五木寛之)

20.人生を好転させる「新・陽転思考」(和田裕美)

21.仏教のこころ(五木寛之)

22.定本・育児の百科(中)(松田道雄)

17.

「アサーション」を学んでみよう選んだ、心理学系の一冊。

アサーションとは、「お互いを大切にしながら、素直に、率直にコミュニケーションすること」であると。

基礎を学べる一冊です。

18.19.21

先月につづき、五木寛之さんの本を読んでいます。

20.

和田裕美さんの本を初めて読みました。感動。

「事実はひとつ、考えはふたつ」

「ネガディブな感情を受け入れて、きりかえる」

「真っ暗な世界にずっといるか、光に向かって進むか、どちらがいいか自分で選んで決める」

という陽転思考の考え。

一方で、「陽転できないもの受け入れる」という章もあり。

この章が、この本の価値をさらに上げていると思います。

22.

7ヶ月から1歳6ヶ月までの育児の解説書。

このシリーズから、親としての心構えを大いに学びました。

改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために健康問答―平成の養生訓 (平凡社ライブラリー)他力 (講談社文庫)人生を好転させる「新・陽転思考」仏教のこころ (五木寛之こころの新書)定本 育児の百科〈中〉5ヵ月から1歳6ヵ月まで (岩波文庫)

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる