しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
NOLTY 能率手帳1 おすすめ
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

読書日記 2010年4月~9月 と『老師と少年』の紹介

書いていなかった、2010年の4月から9月の読書日記です。

 

4月

23.運命の足音 (幻冬舎文庫)(五木寛之)
24.最強のデスクワーク術 (PHPビジネス新書)(オダギリ展子)
25.愛と心理療法(M.スコット・ペック)
26.ビジネスマンのための「数字力」養成講座 (ディスカヴァー携書)(小宮一慶)

 

5月

27.Pen 別冊 キリスト教とは何か
28.ペンブックス 神社とは何か? お寺とは何か? (pen BOOKS)
29.カモメになったペンギン(ジョン・P・コッター)
30.論語と算盤 (角川ソフィア文庫)(渋沢栄一)
31.すべては宇宙の采配(木村秋則)

 

6月

32.社員心得帖 (PHP文庫)(松下幸之助)

 

7月

33.チーム・バチスタの栄光(海堂尊)

 

8月

34.続・大空のサムライ―回想のエースたち (光人社NF文庫)(酒井三郎)
35.昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)(半藤一利)
36.文章表現400字からのレッスン (ちくま学芸文庫)(梅田卓夫)

 

9月

37.千円札は拾うな。(安田佳生)
38.老師と少年 (新潮文庫)(南直哉)
39.風の男 白洲次郎 (新潮文庫)(青柳恵介)
40.粗にして野だが卑ではない―石田礼助の生涯 (文春文庫)(城山三郎)
41.あの世に聞いた、この世の仕組み(雲黒斎)

 

読書日記としてブログに書くほどでもないのですが(汗)、本を読まない時期があったことも、自分の記録です。

  

この中から、一冊紹介します。

 

 

120ページの薄い文庫本ですが内容は深い、老師と少年の問答集です。

少年が老子に問います。

 

「ぼくは誰ですか」

 

「本当の自分が知りたいのです。今のぼくはぼくではない!人々の中で、人々の前で、求められるように振る舞い、そうあるべきように振る舞うぼくは、ぼくではない!それは仮の、嘘のぼくなんだ!!」

 

老子が答えます。

 

「人は思う。かわらぬ『私』を支える何か確かなものがあるはずだ、と。だが、それは、どのようにしても見つけられない。なぜなら、『私』という言葉は、確かな内容を持つ言葉ではなく、ただある位置、ある場所を指すにすぎない」

 

「『あなた』や『彼』ではないところ、『いま、ここ』だ。『私』はそこについた印なのだ」

 

「『本当』と名のつくものは、どれも決して見つからない。それは『今ここにあること』のいらだちに過ぎない。苦しみに過ぎない」

 

「『本当』を問うな、今ここにあるものが、どのようにあるのか、どのようにあるべきなのかを問え」

 

この中にある、「『私』は、『いま、ここ』についた印にすぎない」という内容が、衝撃的でした。 

今もこの一文のことを、考え続けています。

 

関連エントリー: