しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
能率手帳を愛用する著名人
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

【お知らせ】前回の記事「高校生向け国語辞典のおすすめ」を修正 最強は『旺文社国語辞典 小型版』

前回の記事で、高校生の学習向け国語辞典のおすすめを、ほとんど家で使うなら『三省堂現代新国語辞典』、持ち歩くなら『旺文社国語辞典 小型版』と書きましたが、最強は『旺文社国語辞典 小型版』と大きく修正しました。

理由は以下の通りです。

・高校生用には古語があった方がいいと思い至った。『三省堂現代新国語辞典』は最新の日本語にはこれでもかというくらい強いが、各社の高校生向けの中で唯一、古語がない。
・数日使ってみて、小さく薄いことのメリットをことのほか大きく感じてきた。持ち運びに有利なだけでなく、机の上でも場所を取らず、引きやすい。
・『旺文社国語辞典 小型版』の2020年重版で改版があり、「令和」が立項されたり、天皇誕生日が修正された。細かな配慮がうれしい。

 

 

詳しくは記事の中で書いています。

f:id:Kenden:20200314214934j:plain

 

また、『新選国語辞典』が漏れていたので情報を加筆しています。

前回の記事をお読みいただいた方、スターをつけていただいた方には申し訳ないのですが、興味がおありでしたら再読いただきますとうれしいです。 

www.kendenblog.com

必ず、最新の2020年重版を買いましょう。