しあわせ情報室

団塊ジュニアの中年男子がしあわせについて考え発信しているブログです。

手帳の書き方や使い方のお手本を、能率手帳と高橋書店のホームページから学ぶ。【画像付】

スポンサーリンク

11月になり、来年の手帳に何を書いていこうか考えています。

すでに「能率手帳ゴールド」を購入していますが、初心に帰り、使い方を見直すことも意味あることかと思います。

そこで手帳の大手2社のホームページなどから、使い方のお手本を確認しました。特に見たかったのは、週間レフト式の書き方です。リンクを貼った中身の画像が参考になります。

日本能率協会マネジメントセンター(能率手帳)

(出典)

jmam.jp

左ページで時間管理、右ページでメモとタスク管理という、オーソドックスな使い方ですね。

高橋書店

 (出典)

www.takahashishoten.co.jp

オーソドックスな使い方に、付箋やライフログを加えています。

 

管理職の使い方の見本はこちらとのこと。

 (出典)

www.takahashishoten.co.jp

「1」の部分で自分以外の予定も管理しています。

 

高橋書店のおすすめの使い方は、神姫バス株式会社が運営する「ニコパポータル」というサイトがわかりやすいです。こちら。

 (出典)

手帳メーカーさんが教える上手な手帳の使い方|女子力アップ通信|旅行・観光ならお得な「NicoPaカード」の神姫バス

まとめ

あらためていろいろ見ると、新しい一年を迎える新鮮な気持ちになります。
 
私としては、野口晴巳さんが『能率手帳の流儀』に書いている、
左ページは時間管理(論理的、数理的、理性的)
右ページは自由自在(奔放、創造、発想)
という使い方が、やっぱり好きなようです。
 
▼JMAMの手帳活用術の第1~7章のリンク。参考になります。

 

▼関連過去記事
能率手帳の流儀

能率手帳の流儀