しあわせ情報室

本・辞書・能率手帳好きが 「知識は人をしあわせにする」をテーマに 日々の学びや子育てについて発信するブログです。

人気の記事
国語辞典 記事一覧
英和辞典 記事一覧
能率手帳 記事一覧
子育て 記事一覧

手帳の切り替え時期は? 今年の手帳は12月31日まで使い 1月1日から新しい手帳に

能率手帳 ゴールド
( ↑ 2010年から使っている能率手帳ゴールドを並べてみました)

1月始まりの手帳を使っていると、毎年11月から12月に、手帳の切り替え時期のタイミングがやってきます。

私はここ数年の手帳の切り替えで、次のことを意識しています。

 

<スポンサーリンク>

 

 

今年の手帳は12月31日まで使う

 

ポイントは以下の通りです。

  • 12月31日までいまの手帳を使い記録やメモを書く
  • 12月31日までは、新しい手帳には1月1日以降の予定のみを書く
  • 1月1日から新しい手帳を使い始める
  • 新しい手帳を使い始めたら、前年の日記(スケジュール)欄に記録を転記する
  • 1月中に、前年の手帳の最終ベージ近くに、その年にあった主なできごとを箇条書きで書く

こうすると、手帳1冊が1月1日から12月31日までの1年の記録になります。

また、毎年の定例行事の多い12月に、前年の記録の参照がすぐにできて便利です。

 

手帳1冊を 1年間の自分史として積み重ねていく

 

この1冊1冊の記録の積み重ねが、そのまま自分史になります。

私は綴じ手帳を使い始めた2008年からの手帳を残していて、すぐに見返せるようにしています。

それ以前の記録がないのが、とても残念です。

ないものはしょうがないと切り替えて、残してある手帳を、節目や何かあったときに自分を振り返ることができる財産にし、これからも記録を続けていきます。

 

 以上、手帳の切り替え時期のタイミングは1月1日がおすすめ、という話題でした。

 

>>>毎年この時期に読み直す、イチオシの手帳本は『能率手帳の流儀』です。

 

関連エントリー: