しあわせ情報室

しあわせであれて、だれかのしあわせの力になれたらうれしい。しあわせや子育てについての情報を中心に発信しています。

「あのとき、こうしていればよかった」と過去を引きずってしまうときに、思い出したいことば。「今が良ければ過去を引きずらない」。

以前の記事で、菅野泰蔵さんの『月曜日、駅のホームで会社に行きたくなくなったとき読む本』を紹介しました。

この本から学ぶこと多かったので、著者の他の本も読んでみました。期待通り、気持ちが楽になることばがたくさんあったので、いくつかを紹介します。

単純な話、いくら過去に嫌なことがあっても、今が良ければ「ああ、そんなこともあったね」と笑い話になってしまうものです。「過去を引きずってしまう」というのは、現在の自分に対する不満からきているわけです。このことをわかるだけでも、ちょっと気持ちが違ってくるでしょう。
『こころがスーッと軽くなる本』 p136

現在が充実していなければ、人はそれ以外の時間に逃げ込むしかない。しかし、現在に生き、それを充実させていれば、どのような忌まわしい過去であっても「そんなこともあったね」で済むようになる。現在がよくなれば、不安な未来であっても「そのときはそのときさ」という考えになれるのだ。
『こころがホッとする考え方』 p85

私には、ふと、過去の迷いや失敗を思い出し、クヨクヨと引きずってしてしまうことがよくあります。これまで学んだ本にはたいてい、「過去にとらわれるより、いまに集中しよう!」とあり、頭ではわかっていても、です。

そんなときにまず考えるべきことは、現在の自分になにか不満がある、ということですね。納得です。

過去を引きずったり、将来が不安になったりしたときは、まずは現在の自分に何か不満があるんだと気づけるようにする。その上で、その不満に対して今できることは何か?と気持ちを切り替えて、今この時を充実させる行動をともかく始める。こう意識してやっていこうと思います。

行動は、本を読む、手帳やノートに何か書く、ブログの下書きを書く、ブログの過去記事を修正する、腕立て伏せをする、スクワットをする、片づけをする、風呂に入る、早く寝る、など、何でもいいんだと思います。

▼紹介図書

こころがスーッと軽くなる本 (PHP文庫)

こころがスーッと軽くなる本 (PHP文庫)

 
こころがホッとする考え方

こころがホッとする考え方