しあわせ情報室

しあわせについて、感じたり考えたりすることを書いています。

親や育ちに疑問を感じたときに、思い出したいことば。「家族というものは、叩けば叩くほどほこりが出る」。

菅野泰蔵さんの本から学んだことの、二つ目です。すべて『こころがホッとする考え方』からの引用です。

家族というものは、叩けば叩くほどほこりが出るものだからだ。誰でも親との関係の中で、「このときはこうしてほしかった」と満たされない思いを経験するし、家族で自分がいちばん割りを食ったように感じている人も多い。
そもそもそういう不満があるので、多くの人は「自分がこうなった」の原因や責任を探し、そしてたとえば「親のせいだ」と決めつける。しかし、結局それは自分が望んでいる結論を探しているのである。人は、自分に対する問題については、正しい結論を求めるのではなく、自分が望む結論を求めているのである。(p124)

小さい頃に、親から虐待を受けていたと訴える人が増えている。いまの自分の状況には、はなはだ不満足である。しかし、それを自分のせいにはしたくない。自分を悪者にはしたくない。そうなると、その理由を、過去に親の育て方に求めるのは、非常に都合がいいのである。誰でも自分は被害者だと思いたいのだ。(p132) 

「ひどい親だった」という評価が先行すると、親の「ひどい」ところだけが掘り起こされる。ほんとうは「ひどい」ところばかりでもなかったはずなのだ。(p133) 

この、"家族というものは、叩けば叩くほどほこりが出る" ということばが、胸に刺さります。いまの自分に何か問題があったら、親や育ちのせい?とふと思ってしまうことがあります。100%完璧な親など、いるはずないのに。苦労して育ててもらったはずなのに。

また逆に、私の親は、いまの私や妹に何か問題があると、すぐ「私が悪かったから…」と言い出します。親自身にも、"叩けばほこりが出る"、後悔やしてやりたかったけれどできなかったことがあるのでしょう。

お互いが、叩けば叩くほど出てくるほこりで、楽しかったことやよい思い出が、見えなくなってしまうようです。

"家族というものは、叩けば叩くほどほこりが出る"ということばを忘れずにいれば、ますます老いてくる親との関係や、これから大人になる息子との間で何か問題があったときに、こころを楽にしてできることからやっていけそうです。 

こころがホッとする考え方 (PHP文庫)

こころがホッとする考え方 (PHP文庫)

 

関連記事:
「あのとき、こうしていればよかった」と過去を引きずってしまうときに、思い出したいことば。「今が良ければ過去を引きずらない」。 - しあわせ情報室