70代の父母に iPhoneで音楽を聴くことをレクチャー

同居している義理の母(70)が、「スポーツジムでみんなスマホで音楽を聴きながらやってるのよね~」「林部智史の曲が聞きたいわ~」などとよく言うようになりました。

あきらかに、本人もやってみたい様子です。

母も父(76)も、昨年3月にワイモバイルのiPhoneSEでスマホデビューし、ちょうど1年になりました。

もろもろの操作にも慣れたようで、自分で音楽を取り込んでiPhoneで聴けるようになったらより楽しいだろうなと、レクチャーすることにしました。

独学もできるようにと、選んだ教科書はこちらです。

先に目を通したところ、私も2つ発見あり。

・リスト表示のチェックボックス

CDから音楽を取り込むときなど、リスト表示のときに出ていたチェックボックスが、いつの間にか出なくなっていました。iTunesの<編集>→<環境設定>→<一般>の順にクリックし、「表示」の<リスト表示のチェックボックス>にチェックを入れて解決。

・プレイリストの作成

新たにプレイリストを作成したいとき、追加したい曲やアルバムをサイドバーの何も表示されていない箇所にドラッグ&ドロップすると、新しいプレイリストが作成される。

たまにこういったマニュアル本を見ると、見落としていたことがわかっていいですね。

さて父母に、手持ちのCDの曲をitunesでPCに取り込んだり、itunesストアで音楽を買ったり、iPhoneに入れる方法をレクチャー。

母は「林部智史」の曲「あいたい」「糸」とアルバム「Relaxing Piano R36」を、父は「ザビア・クガート」の「Top 100 Classics」を購入し、iPhoneにコピー。「ザビア・クガート」って誰?…。以前持っていたCDを無くしてしまってずっと欲しかったとのこと。このアルバムは100曲入で1,050円って、すごいですね。

さっそく母は、スポーツジムでお友だちに自慢してきたそうです(笑)。

父母にはどんどん新しいことにチャレンジして、元気でいてほしいものです。

約半日かかりましたが、少しは親孝行ができたかなというところです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる