しあわせ情報室

しあわせでありたい。だれかのしあわせの力になれたらうれしい。しあわせについて日々考える40代サラリーマンの日記です。

2018年末にクラブツーリズムのツアー「はじめての沖縄3日間」に行きました。(旅行の内容の紹介)

前回の記事では、代金や事前の案内の行程と、北本から羽田空港までの交通を書きました。

→過去記事
2018年末にクラブツーリズムのツアー「はじめての沖縄3日間」に行きました。(北本から羽田空港まで) - しあわせ情報室

今回は、旅行3日間の実際の内容を紹介します。

○実際の行程

・12月23日
羽田8:40→那覇11:35、国際通り(自由散策 昼食)、首里城公園、宿泊:ホテルグランビューガーデン沖縄
・12月24日
万座毛、座喜味城跡、琉球村(昼食)、パイン園、備瀬のフクギ並木、沖縄美ら海水族館、宿泊:ホテルリゾネックス名護
・12月25日
古宇利大橋、古宇利島、 琉球ガラス工房、ひめゆりの塔(昼食)、泡盛酒造、那覇16:00→羽田18:15

事前にもらっていた案内の行程と、3日目が少し変更になりました。

・国際通り(牧志公設市場)
f:id:Kenden:20190116173327j:plain

f:id:Kenden:20190116173345j:plain

昼食は自由にということで、事前に調べていた「金月(きんちち)そば 国際通りむつみ食堂店」でいただきました。おいしかったです。

f:id:Kenden:20190116173435j:plain

f:id:Kenden:20190116173446j:plain

・首里城公園

f:id:Kenden:20190116173502j:plain

・宿泊:ホテルグランビューガーデン沖縄(部屋からの景色)

f:id:Kenden:20190116173530j:plain

・万座毛

f:id:Kenden:20190116173614j:plain

・座喜味城跡

f:id:Kenden:20190116173628j:plain

・琉球村(今回お世話になったバスガイドさん。昼食は指定のものです。)

f:id:Kenden:20190116173653j:plain

f:id:Kenden:20190116173714j:plain

・パイン園

f:id:Kenden:20190116173803j:plain

・備瀬のフクギ並木

f:id:Kenden:20190116173822j:plain

・沖縄美ら海水族館

f:id:Kenden:20190116173836j:plain

f:id:Kenden:20190116173851j:plain

・宿泊:ホテルリゾネックス名護 (部屋からの景色)

f:id:Kenden:20190116173904j:plain

・古宇利大橋、古宇利島

f:id:Kenden:20190116173916j:plain

f:id:Kenden:20190116173931j:plain

・琉球ガラス工房
写真を取り忘れたので、リンクのみ。

・ひめゆりの塔(昼食は近くのお土産物屋で指定のものです。)
f:id:Kenden:20190116174009j:plain

f:id:Kenden:20190116174017j:plain

・泡盛酒造(琉球の衣装を着れました)

f:id:Kenden:20190116173947j:plain

○服装

Tシャツの上に長袖のシャツ一枚で十分な気候でした。
風が強い時はウインドブレーカーがあれば万全です。

○ホテルの感想
2泊とも、家族旅行で子どもと行くには十分にキレイで、バイキングの朝夕食も満足できました。

○全体的な感想

沖縄旅行は過去に2度行ったことがあり、2度とも現地でレンタカーを借りて自由に観光しました。
今回は初めてのバスツアーで、一番良かった点は、バスガイドさんのお話でいろいろと沖縄の情報を聞けたことです。
例えば、沖縄には大人が自転車に乗る習慣がない!そうで、言われてみれば過去も今回もママチャリに乗っていいる人を一度も見ませんでした。
ひめゆりの塔を回るコースでは、戦争のお話もありました。沖縄生まれの方から直接戦争のお話を聞くのは初めてです。小5の甥っ子はお話を聞いて、ひめゆり平和祈念資料館に入りたいと言い、オプションで行きました。よい経験になったのではと思います。
唯一残念だったのが、「沖縄美ら海水族館」の観光が駆け足になってしまったことです。2時間強の滞在時間がありましたが、子どもたちはもっといたかったようです。これは仕方ない。

○羽田空港から北本までの帰り

行きは1時間15分でしたが、渋滞で2時間かかりました。
特に、大井ジャンクションで湾岸線から中央環状線へ行くルートが混んでいて、しばらく渋滞に並んでから、辰巳ジャンクションから5号池袋線に抜けるルートに切り替えました。最初からこのルートを選んだ方がスムーズでした。

以上です。これから沖縄旅行に行く人の参考になれば幸いです。