microSDカードの仮想HDD化で「ファイルをマウントできませんでした」というエラー発生!

【※2019.4.24追記 その後回復しました!】

—–

2018年6月に購入した格安ノートパソコンの「ASUS E203MA」を、毎日快適に使っています。

ところが昨日、「ファイルをマウントできませんでした。」というエラーメッセージが出て、microSDカード内の仮想HDDファイル(VHDファイル)をマウントできなくなってしまいました!

数日前から、勝手にアンマウントされることが何回かあり、大丈夫かなと心配していたのですが…、特に対応せずにやらかしてしまいました。

ネットで対策を検索しましたが、こちらの方の情報のように、諦めるかないようです(涙)。

この情報では、そもそもSDカードは仮想HDDに向かないということです。

しかし、快適すぎて現状メインマシンになっているこのノートPC本体のストレージの容量では、いろいろと不便です。

いろいろ考え、最初の設定に問題はなかったか確認したところ、思い当たることが2つ。

参考にした日経パソコンの記事では、「仮想ハードディスクの作成と接続」ダイヤログの中の「仮想ハードディスクの種類」を、「可変容量」にするようになっています。

ネットにアップされた仮想HDDの作成手順では、みなここを「容量固定」にしています。よって今度は「容量固定」を選択。

また、「ディスクの初期化」ダイアログでパーティションスタイルを「MBR」か「GPT」か選択できるところを、前回は選択されていた「GPT」のままにしましたが、今回は「MBR」にして、再度仮想HDD化をすることにしました。

これで運用し、しばらく様子をみます。

これでも調子が悪いようなら、仮想HDD化はあきらめ、単にデータの保存先としてmicroSDカードを使用することになりそうです。

今回のエラーでは幸いにも、重要なデータはほぼバックアップをとっていたので、大きなダメージにはなっていません。今回の教訓を記録しておきます。

  • 重要なデータを仮想HDDに置く場合、必ずバックアップをとる。
  • 勝手にアンマウントするなど不調が出たら、放置せず即対策をする。

>>>microSDカードは、現在こちらを使っています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる