しあわせ情報室

団塊ジュニアの中年男子がしあわせについて考え発信しているブログです。

スポーツで声を出す意味を、プロ野球ジャイアンツの元木大介コーチから学ぶ。

スポンサーリンク

プロ野球読売ジャイアンツの元木大介コーチが、来季からヘッドコーチに昇格するそうです。なかなかの手腕なのでしょう。

 

関連の情報をネットで見ていて、スポーツで声を出すことについて、大きな学びがありました。以下に紹介します。

 

俺はずっと「声を出せ!」と言ってきた。「声を出せ」というのは、ただ元気よくっていう意味じゃない。野球を覚えろってことだよ。声を出せない選手というのはボーッと見ているだけ。考えて試合を見ていないと声は出せない。 

 (引用元)

www.tokyo-sports.co.jp

 

大事にしたのは技術ではなく、声だった。攻撃時に走者に牽制(けんせい)球が投げられれば、全員で「バック!」と叫ぶことを決めた。「巨人の若い頃に教わった。試合に集中して状況を把握しないと声は出せない。僕はヤジも言ったけどね。配球も確認して、終盤の代打の準備もできる。強いチームは声が出るよ」と語った。 

(引用元)

www.asahi.com

 

なるほど。

さすがに、原監督に認められるだけことはありますね。

 

息子が入っているソフトテニスの少年団で、一部のママさんたちが子どもたちの声が少ないことに不満で、練習中によく外から「声出して~!!」と声がかかります。

確かにその通りなのですが、親に叱られるから声を出しても意味がないので、どう子どもたちに教えようかと考えてきました。

そこに上の元木コーチの話を読んで、なるほどなと思った次第です。 

 

ソフトテニスに当てはめれば、

「声を出せっていうのは、ただ元気よくっていう意味じゃないよ。集中して考えて練習や試合をしようってことだよ。ナイスショット!やドンマイ!とか、ボーッとしてると、声を出せないんだよ。集中してテニスを覚えようっていうことだよ。」

という感じかと思います。

 

声を出せ!と親に言われても、きっと初心者の子は何を声に出していいかわからないでしょうし、義務になっては意味がないです。

 

ママさんから叱られる子どもたちに、タイミングを見て伝えてあげようと思います。

 

▼スポーツの場面での子どもへの声かけはなかなか難しい。再読中です。 

メンタルトレーナーが教える子どもが伸びる スポーツの声かけ

メンタルトレーナーが教える子どもが伸びる スポーツの声かけ

 

 

▼関連過去記事

小学生のスポーツ指導に、「叱る」「怒る」「怒鳴る」は必要か。 - しあわせ情報室

スポーツの応援で、「ドンマイ!」「サーブ入るよ!」はNGワードのようです。 - しあわせ情報室

息子のスポーツ歴を振り返り、息子自身の変化と、「スポーツの楽しさは子どもの年齢とともに変化する」ことを実感しています。 - しあわせ情報室