しあわせ情報室

人生を家族と一緒に楽しむための情報集です。子育てと教育を中心に。

小学生向けの英語の辞書を比較し おすすめを考える【2020年版】

スポンサーリンク

新レインボー小学英語辞典 ミッキー!これ英語でなんていうの?英和じてん ジュニア・アンカー英和辞典 エッセンシャル版 マイスタディ英和辞典

小6の息子が英語を自習できるように、小学生が使える英語の辞書を比較してみました。条件は、「漢字にルビ」「ビニール製の表紙」の2つです。候補は次の4つになります。

・『新レインボー小学英語辞典 小型版
・『ミッキー!これ英語でなんていうの?英和じてん 第2版
・『ジュニア・アンカー英和辞典 エッセンシャル版
・『マイスタディ英和辞典 CD付き

「漢字にルビ」は、小学生が自分で無理なく読めるためで、辞書引き学習を世に広めた深谷圭助先生や*1、三省堂国語辞典の編者の飯間浩明さんが*2強調しているところです。お二人とも総ルビ(全ての漢字にルビ)をおすすめしていますが、現在息子は小6なので、小5以上で習う漢字にルビがあるものも候補にしています。 

「ビニール製の表紙」であることは飯間浩明さんのすすめで、紙の表紙は何度も使うと折れて不便だからです*3。紙の辞書好きの親としても、小型の辞典の表紙はビニール製であって欲しいところです。

最近では辞書大手の小学館から『プログレッシブ小学英和・和英辞典』(2019年10月発売)、三省堂から『ジュニアクラウン小学英和・和英辞典』(2018年4月発売)が出ていますが、ともに表紙が紙製でソフトカバーのため選外としました。

『ジュニア・アンカー エッセンシャル』と『マイスタディ』は中学生向けですが、商品の説明に小学校から使えるとあるので対象にしています。

『新レインボー』にはワイド版もあります。小型版で一般用の『新明解国語辞典』等とほぼ同じ大きさです。特に見ずらいこともないので、手に取りやすく安価な小型版にしました。

『ミッキー』と『マイスタディ』には和英辞典と一冊になった合本版があります。その分厚く重くなりますので、まずは手軽に手に取り英語に親しめれば十分かなと、英和辞典を選んでいます。

ちなみに息子は英会話教室に週1回通っていて、この2月に英検5級をとり、4級の勉強を始めたところです。中学生向けの英和辞典を無理に使わせることは、習っていない漢字やまだ理解が難しい例文があることで見送りましたが(>>>中学生向け英和辞典を比較し おすすめを考える【2020年】)、自分で読めて英語に興味を持てる辞書ならあっていいなと、小学生向けを検討することにしました。

写真はそれぞれ、出版社のホームページに掲載のあるページのものです。

 
 

各種比較

 

新レインボー小学英語辞典 小型版

出版社:学研
初版:2019年12月(=最新版)
英和収録項目数:約6,860
(内訳)見出し語 約3,510、名詞の複数形,動詞・形容詞・副詞の変化型 約2,710、熟語 約460、1枚絵や表組の語やフレーズ 約180
和英収録項目数:約9,070
(内訳)見出し語 約6,920、派生語・慣用句・複合語など 約1,960、1枚絵や表組の語やフレーズ 約190
総ページ数:976
色数:フルカラー
価格:2,500円+税
大きさ(タテ ヨコ 厚さ):187×133×40mm

重さ:784g
巻末資料:ローマ字表、名詞の不規則変化表、代名詞、動詞の不規則変化表、英語さくいん、日本語さくいん
音声データ:全ページの英単語や英文をwebサイトからダウンロード可
その他:英検5~3級でよく出る単語にマークあり、フォニックス方式の子音と母音の発音表一覧あり、別冊付録MY英単語帳(書き込み式の単語帳メモ)あり

新レインボー小学英語辞典

新レインボー小学英語辞典

2019年12月に出たばかり。漢字は総ルビです。

絵辞典58ページ、英和474ページ、和英372ページが一冊になっています。それで「英語辞典」と呼んでいるようです。

全ページの英単語や英文の音声データを専用webページからダウンロードできます。なんと全16時間で約900MB! 全て音声で聴けるのは魅力ですが、ダウンロードしなくてもスマホやPCで聴けたらもっと便利ですね。

「see,look,watch」の違いや「at,on,in」の使い分けがなどが、かわいらしいイラストでわかりやすく書いてあり、子どもが興味を持てる工夫があります。

文中に全28ページの「小学英語 必修フレーズ」があり、繰り返し音声で聞くのによさそうです。

英和の総項目は約6,860。参考までに小学館の『プログレッシブ小学英和辞典』が約7,600、三省堂の『ジュニアクラウン小学英和辞典』が約7,000です。 

 

ミッキー!これ英語でなんていうの?英和じてん

出版社:学研
初版:2013年12月
最新版:2018年12月
版数:2
英和収録項目数:約7,000
(内訳)見出し語 約3,600、名詞の複数形,動詞・形容詞・副詞の変化型 約2,900、熟語 約500
総ページ数:538
色数:フルカラー
価格:1,500円+税
大きさ(タテ ヨコ 厚さ):185×117×30mm

重さ:462g
巻末資料:名詞の不規則変化表、代名詞、形容詞・副詞の不規則変化表、動詞の不規則変化表
音声データ:冒頭15ページの会話文のみwebサイトからダウンロード可
その他:英検5~3級でよく出る単語にマークあり、フォニックス方式の子音と母音の発音表一覧あり

ミッキー これ英語でなんていうの 英語じてん

ミッキー これ英語でなんていうの 英語じてん

漢字のルビは、小3以上で習うものにあるようです(会話文の最初のページの 出会う・元気…ルビなし、使う・相手…ルビあり)。

本文中のイラストがすべてミッキーマウスに登場するキャラクターで描かれています。ミッキー好きなら見ているだけで楽しいでしょう。

音声データは冒頭の会話文の約4分のみですが、なんとミッキーとミニーの声になっています。

 

ジュニア・アンカー英和辞典 エッセンシャル版

出版社:学研
初版:2014年12月(=最新版)
英和収録項目数:約6,000
(内訳)見出し語 約3,200、名詞の複数形,動詞・形容詞・副詞の変化型 約2,200、熟語 約600
総ページ数:496
価格:1,200円+税

色数:フルカラー
大きさ(タテ ヨコ 厚さ):184×117×28mm
重さ:465g
巻末資料:名詞の不規則変化表、代名詞、形容詞・副詞の不規則変化表、動詞の不規則変化表、英検に出る単語さくいん(5~3の級別)
音声データ:なし
その他:英検5~3級でよく出る単語にマークあり、フォニックス方式の子音と母音の発音表一覧あり、別冊付録に「中学までにおぼえておきたい英単語カード」あり、

ジュニア・アンカー英和辞典 エッセンシャル版

ジュニア・アンカー英和辞典 エッセンシャル版

漢字のルビは、小4以上で習うものにあるようです(本文の「生徒」にルビあり)。

残念ながら音声データはありません。

付録の「中学までにおぼえておきたい英単語カード」は135個の単語のカードです。

学研のホームページでは中学生用に分類されていますが、中学で学ぶ英文法の説明は英語の語順を含め一切ありません。これは意外でした。

 

マイスタディ英和辞典

出版社:旺文社
初版:2011年11月(=最新版)
英和収録項目数:約10,000(※内訳不明)
総ページ数:792
色数:2色刷
価格:1,500円+税
大きさ(タテ ヨコ 厚さ):186×134×23mm

重さ:428g
巻末資料:英語の発音(発音のしかたと発音記号の説明など)、文法ナビ 英語のしくみ(文法の基本的なルールの説明)、変化形のつくり方(名詞、形容詞・副詞、動詞、不規則動詞・助動詞の変化表)
音声データ:CD付き
その他:英検5~3級でよく出る単語にマークあり、別冊付録「引き方ワークブック」としおりの「引き方カード」あり

マイスタディ英和辞典

マイスタディ英和辞典

漢字のルビは、小5以上で習うものについています(ホームページより)。

冒頭8ページのフルカラーの会話文以外は2色刷りの薄い紙です。一般的な辞書に一番近いつくりで、この中で一番薄いです。

付属のCDの内訳は、オープニング 2:55・辞書引きのコツ教えちゃいます 10:43・発音徹底トレーニング(母音)3:23・発音徹底トレーニング(子音)3:36・日常会話フレーズ 3:00・ちょっとだけ英会話 3:24・エンディング 1:13の計28分14秒です。冒頭の日常会話フレーズと真ん中にある英会話集の一部のみが音声になっています。残念ながら全部ではありません。『マイスタディ英和辞典 CDなし』もあります。

付録に「引き方ワークブック」があります。全96ページ。

この「引き方ワークブック」も、付録のCDも、小学生の自習向けではなく、学校や塾の先生講義用という感じです。

基本的には中学生向きなので、中学で学ぶ英文法の解説が現在完了形や関係代名詞まですべてあります。

 

本文の比較

 

学研の3つ辞書で最初ページを見てみます。「about」の例文があり次の通りです。

『新レインボー』
a book about science
Tell me about your pet.
Ken will come home at about 6:00.

『ミッキー』と『ジュニア・アンカー エッセンシャル』
a book about science
I don't really know much about it.
My sister will come home (at) about six o'clock.

『ミッキー』と『ジュニア・アンカー エッセンシャル』は、説明を含めて全く同じ内容になっています。『新レインボー』は例文が一つ同じで説明はほぼ同等です。

「about」の一つ前の「able」の例文も『ミッキー』と『ジュニア・アンカー エッセンシャル』は同じで「He was able to speak five languages.」。『新レインボー』は「She is able to speak Chinese.」で、be動詞が現在形になり名詞が単数形になっています。

説明の内容のレベルは学研の3つはほぼ同等。『新レインボー』では全体的により詳しい説明や図表が足されている印象です。 

発売順から考えると、『ジュニア・アンカー エッセンシャル』をベースに『ミッキー』をつくり、さらに内容を見直して充実させたものが『新レインボー』のようです。

 

一方『マイスタディ』の最初のページを見ると、「a」でaの使い方とaとanの使い分けを含め約3/4ページを使っていて、ableもaboutも2ページ目に出てきます。1ページ目はこちら。

マイスタディ英和辞典

上の『新レインボー』と比べると、内容は全く異なります。

 

どれを選ぶか

 

本文の比較から学研は、『ジュニア・アンカー英和辞典 エッセンシャル版』と『ミッキー!これ英語でなんていうの?英和じてん』をベースに、『新レインボー小学英語辞典』をつくっていることがうかがえました。

よってこの3つから選ぶなら、『新レインボー』が一番おすすめです。語の使い分けなどの内容も一番充実しています。すべての単語や英文の音声データがあることも魅力です。

『ミッキー』は、子どもがミッキーが大好きならこれで決まりでいいと思います。親の思いよりも使う本人が好きになることが一番重要ですから。内容も少なくとも『ジュニア・アンカー エッセンシャル』と同等です。

 

『マイスタディ英和辞典』は『新レインボー小学英語辞典』と比べると、小学生が使うならある程度英語の学習に慣れて、文法を含めて学びたいときに最適になると思います。

わが家の息子には『マイスタディ』はまだ早く、まずは『新レインボー』で英語への興味を深めてくれたらな、というところです。

 

結論

 

英語を習い始めの小学生が使う辞書の一番のおすすめは、『新レインボー小学英語辞典』です。全ての漢字にルビがあり、ビニール製でしっかりした表紙の小学生向けの英語の辞書は、2020年5月現在これしかありません。学び始めから小学校卒業まで使えます。小型版かワイド版かはお好みで。わが家は小型版。

 

小学校5年生以上で、中学で習う文法を含めて学びたいときのおすすめは『マイスタディ英和辞典』です。

 

深谷圭助先生が言う辞書引き学習の基本は、「自分の知りたいことを自由に調べること」です。大人への注意は「余分なことを子どもに指示しないこと」で、「言葉を探させる際には意味を全て読ませるなどの完璧さを求めない」とホームページにあります。

息子には『新レインボー小学英語辞典』を渡し、自然に手にとるような環境をつくって、余計な口出しはせずに見守っていこうと思います。

>>>辞書大手からの最近の出版で内容はいいのですが、表紙がビニール製でなく紙製なので選外にした二つの辞書です。