社会人向け国語辞典おすすめ8選 愛好家と作家の評価や愛用辞書から

さまざまな国語辞典の中で、愛好家や作家などその道のスペシャリスト評価や愛用している辞書から、社会人・大学生などの一般向けでおすすめのものはどれなのか。

一般向けから中学生向けまでの主要な小型・中型国語辞典19種*1を買って実物をチェックし、愛好家や作家が発信している情報を調べて、この8種を選びました。

以下に選ぶ理由となった、愛好家や作家の評価と愛用する辞書の情報をまとめます。

【2021年7月5日追記】
7選だった記事に「明鏡国語辞典 第3版」が加わり、8選になりました。

この記事では、主に大学生・社会人を対象に国語辞典を選んでいます。

高校生や中学生が使う国語辞典には、国語の試験の対策や幅広い知識を得るために、「夏目漱石」や「清少納言」など文学史に出てくる固有名詞がある方がいいと考えます。

今回選んだ岩波国語辞典や新明解国語辞典、三省堂国語辞典、明鏡国語辞典(※この4つをサンキュータツオさんはビック4と呼ぶ*2)には、こういった固有名詞がありません。

高校生向けと中学生向けの国語辞典については、別の記事でおすすめを選んでいます。

>>>高校生向け国語辞典【2021年版】おすすめ5種 徹底比較
>>>中学生向け国語辞典【2021年版】3種徹底比較 中学受験にも

目次

サンキュータツオ

(『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』[2013年3月単行本発行]より)

(ブログ サンキュータツオ教授の優雅な生活 より)

サンキュータツオさんは芸人でありながら、文学修士で大学講師も務める辞書のコレクターです。

この本で、各小型国語辞典の個性を男性キャラクターに例えて、おもしろおかしく、かつわかりやすく説明してくれています。

タツオさんの主張は、「大人なら国語辞典は二冊持て!

おすすめのオーソドックスな組み合わせは、スタンダードさが売りの『岩波国語辞典』+個性的な語釈の『新明解国語辞典』です。

タツオさんのいう岩波国語辞典の特長は、「十を表現する『一』の語釈を追求するスマートさ」。

新明解国語辞典の特長は、語のニュアンスまで含めた情報量の多さです。

そんなタツオさん自身が一番先に引く辞書は、集英社国語辞典 横組版です。

落ち着きと情報量のバランスで総合力ナンバーワンで、さらに横組で読みやすいと。

最新の第3版で横組がなくなったことを嘆いています。

またブログのサンキュータツオ教授の優雅な生活 では、岩波国語辞典新明解国語辞典三省堂国語辞典明鏡国語辞典』を、「国語辞典のビック4」としています。

石山茂利夫

  • 日常使用は 岩波国語辞典』『新明解国語辞典』『三省堂国語辞典』『新潮現代国語辞典』 『大辞林』『日本国語大辞典の7種
  • 岩波国語辞典』と『新明解国語辞典』を自宅と会社の机上に置く。この2種で疑問が解けないときに、他の小型、中型(大辞林)、大型(日本国語大辞典)の順で見る。
  • 最初は『岩波国語辞典』 。説明内容がムダのない案内図のようにすっきりしているから。
  • 『新明解国語辞典』は意味説明のくどさが、『岩波国語辞典』のすっきりさのともなう欠落を補う。
  • 『三省堂国語辞典』は、現代語の取材で必見の辞書を聞くと複数の国語学者がみなこの辞書をあげた。他の辞書の見出し語の選定の不備をつく根拠に役立つ。
  • 『新潮現代国語辞典』は出典付き用例と漢字表記の豊富さで中型の風格。
  • 『大辞林』は『広辞苑』より現代語への目配りが行き届いている。

(『裏読み深読み国語辞書』[2001年2月単行本発行]より)

石山さんは、元新聞記者で国語辞典に関する本をいくつか書いています。

中でも『裏読み深読み国語辞書』の「あとがきに代えて」で、編集者の「どの辞書がいいのか」という疑問に、上の内容を答えてくれています。

岩波国語辞典』と『新明解国語辞典』を自宅と会社の机上に置くそうなので、この2冊の組み合わせがメインなのでしょう。

辞書の選び方や使い方について、とても参考になる内容です。

井上ひさし

作家の井上ひさしさんは大野晋さんを日本の国文法学者の第一人者と考えていて、その大野さんが長年かけて作った辞書として角川必携国語辞典を推しています。

「書く立場に立ったとき、どう言葉を使い分けるか、とくに『語感』がよく書かれている」と評しています。

『角川必携国語辞典』の発売前は、著書の『本の枕草紙 (文春文庫)』の中で岩波国語辞典を、平易でよくわかり、歴史的遠近法を用い、日本語の造語法にも注意を促す「『立て付け』のよい解説」と評価しています。

さらにその前は、著書『巷談辞典 (河出文庫)』の中で、仕事をする机上には『岩波国語辞典』『新潮国語辞典』『岩波古語辞典』『新明解国語辞典』『分類語彙表』が載っている、と書いています。

木下是雄

(『レポートの組み立て方』[1990年2月単行本発行]より)

木下是雄さんは、文章術本の超ロングセラー『理科系の作文技術』の著者です。

2つの本のどちらにも、「チラとでも疑問を感じたら即座に辞書をひらく習慣をつけるべき」と書いています。

そんな木下さんがいちばんよく使う2つの辞書が、学研国語大辞典例解新国語辞典です。

『学研国語大辞典』は、「ことばの意味を、単なる言いかえによって示すのではなく、内容的にちゃんと説明しようと努力している」「用例が多い」と評価しています。

柳瀬尚紀

柳瀬さんはジェームス・ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』の翻訳で有名です。

新潮現代国語辞典は、用例がすべて文学作品の実例なので、「『著名な言語作品から実用例を求め』るという編集方針が徹底していて、文学的に、というか、『言語作品』的に、面白く読めるから」愛用しているそうです。

また『角川必携国語辞典』を、固有名詞の選択が全般的にうまくいっている、四文字漢語、使い分け、古語の説明などの点で評価しています。

橋本治

  • 特に辞書の引き比べはせず大辞林のみを使う
  • 編者が「江戸語・東京語の権威」の松村明先生だから

(『橋本治が大辞林を使う』[2001年10月単行本発行]より)

作家の橋本治さんは、辞書は自分の使いやすい辞書が一冊あればいい、「使いやすい辞書」なら長い間使っていられて「自分に必要な辞書」となる、他の辞書を使ったら混乱するだけ、と言い、大辞林を愛用します。

奥が深い言葉です。

鈴木喬雄

(『診断・国語辞典』[1985年5月発行]より)

鈴木さんは、一社会人の立場から国語辞典を論じます。

「辞書はことばの書である。同時に、辞書は人間の書である」

「辞書には3つの機能がある。第一は、字引として役立つこと。第二は、文章の読解に役立つこと。第三は、文章を書くのに役立つこと」

など、鋭い論考を著書の『診断・国語辞典』で連発してくれます。

そんな鈴木さんが本の中で評価している辞書は、三省堂国語辞典』『岩波国語辞典』『例解新国語辞典です。

診断・国語辞典

ながさわさん

ながさわさんは辞書のコレクターで、四次元ことばブログに辞書の情報を発信しています。

こちらのブログにある 国語辞書の購入の手引き 市販15種徹底比較【1種追加】の記事での、独断と偏見によるおすすめ度5段階評価で最高ランクの五つ星は、集英社国語辞典小学館日本語新辞典です。

また近著の『比べて愉しい国語辞典』にて、『明鏡国語辞典』の改訂3版を「誤用に注意をうながし(中略)、随所に読者への親切心が行き渡った秀逸な辞書」と評価しています。

明鏡国語辞典は初版が2002年のため、辞書関連の古い本には出ていませんが、2020年12月の第3版の改訂で誤用への注意に加えて「語彙力強化」のための実力が高まった印象です。

以上になります。

広辞苑』は、ここでは人気がありません。

サンキュータツオさんは『広辞苑』を「国語辞典的百科事典」と評しています。

まとめ:社会人向け国語辞典のおすすめ8選

以上の情報をまとめると、社会人向けの国語辞典選びで外せないおすすめ辞書は、以下の8種になります。

岩波国語辞典:スマートでムダのないすっきりした語釈

新明解国語辞典:語のニュアンスまで含めた情報量の多さ

三省堂国語辞典:現代語に強く、国語辞典の見出し語の選定基準になる

明鏡国語辞典:誤用に注意をうながし、「語彙力強化」に役立つ

集英社国語辞典:落ち着きと情報量のバランスがよく、百科語を豊富に収録

角川必携国語辞典:言葉の使い分けや語感に強い

例解新国語辞典:中学生用ゆえのわかりやすさと豊富な用例(サブ用に)

大辞林:広辞苑より現代語に強い(中型国語辞典なら)

その他の国語辞典について

『新潮現代国語辞典』『小学館日本語新辞典』『学研国語大辞典』は、2020年現在入手しにくいので残念ながら外しています。

それぞれ代えがたい特長がありますので、内容に惹かれる方は中古での入手をご検討ください。

また『日本国語大辞典』は全13巻+別冊1巻の大型辞典なので、「おすすめ」の国語辞典からは外しました。

私は読みたいときは図書館に行っています。

私の愛用は角川必携国語辞典

さて私は、まずは井上ひさしさんに習い角川必携国語辞典を愛用していました。

その後に紆余曲折を経て、またこの辞書に戻ってきています。

他には『現代国語例解辞典』『岩波国語辞典』『三省堂国語辞典』『例解新国語辞典と、物書堂のアプリ版の『明鏡国語辞典』と『新明解国語辞典』をよく引いています。

紹介記事はこちらです。

以上、愛好家と作家の評価や愛用辞書から、社会人や大学生向けおすすめ国語辞典8選の情報でした。

*1:小型国語辞典17種(岩波、新明解、三省堂、明鏡、旺文社、集英社、新選、新潮現代、現代国語例解、角川必携、三省堂現代新、学研現代新、ベネッセ表現読解、例解新、ベネッセ標準、旺文社標準、学研現代標準)、中型国語辞典2種(広辞苑、大辞林)

*2:「サンキュータツオの細かすぎる国語辞典の読み方」第三回「品詞」編:漢字文化資料館 | サンキュータツオ教授の優雅な生活より。

(2021.1.19 例解新国語辞典を第10版に更新)
(2020.10.10 公開)

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる