「お手手のしわとしわを合わせてしあわせ」のお手手は、夫と妻の手なのかもしれない

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その23です。

「お手手のしわとしわを合わせて、しあわせ」という仏具店のコマーシャルがある。私は、これを勝手に、夫と妻の手のしわと解釈している。人生の山川を乗り越え、狂瀾怒濤の末であっても、おたがいの手にしわができる年齢まで苦楽をともする。そうした夫婦でなければ到達しえない「しあわせ」があると思っている。

斎藤茂太著『いい言葉は、いい人生をつくる―ラストメッセージ (成美文庫)』(p31)にある言葉です。

コマーシャルでは、小さな女の子が自分の両手を合わせていました。

茂太先生の言うように、「夫と妻がお互いに甲がしわしわになった手を合わせる」という解釈もいいですね。

40代後半で同い年夫婦の私には、茂太先生の解釈の方がしあわせの実感があります。

夫婦の関係についてあらためて考えることができた、温かいことばでした。

22<< 【しあわせについて学ぶことば】23 >>24

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる