『妻のトリセツ』に学ぶ 奥様はなぜ昔の事を思い出して怒るのか?

奥様は何か私に怒るとき、今のことだけでなく昔の事も持ち出してきます。

正直な心境は、「もう何度も謝ったでしょ?何度謝ったら許してくれるの?理不尽じゃない?」です。

男と女はそもそも別の生き物で思考回路が違う傾向にあることは、これまでにベストセラーの『話を聞かない男、地図が読めない女』(アラン・ビーズ+バーバラ・ビーズ)や『ベスト・パートナーになるために』(ジョン・グレイ)、最近では『子育てハッピーアドバイス』シリーズ(明橋大二)を読んで、わかってはいるつもりです。

でも、なぜ奥様が昔のことを思い出して何度も怒るのか、よくわかりませんでした。

この長年の疑問が、『妻のトリセツ』を読んで解決しました。

目次
スポンサーリンク

昔の事で怒るのは母性本能!

妻のトリセツ 黒川伊保子 裏表紙

妻のトリセツ』の冒頭の「はじめに」に、ズバリこう書いてあって驚きました!

妻の怒りの理由は、「今、目の前で起きたこと」だけではない。過去の関連記憶の総決算として起こるものである。

女性は、感情に伴う記憶を長期に渡って保存し、しかも「みずみずしく取り出す」ことが得意な脳の持ち主だ。

「感情の色合い」は、まさにトリガー(引き金)であり、それにはネガティブトリガー(怖い、辛い、ひどいなどの嫌な思い)と、ポジティブトリガー(嬉しい、美味しい、可愛いなどのいい思い出)がある。

女性脳は、自らの身を守らないと子どもが無事に育てられないため、危険回避のためにネガティブトリガー(怖い、辛い、ひどいなどの嫌な思い)のほうが発動しやすい傾向にある。

それゆえ、夫にとっては「たったこれだけのこと」で、しかも10年も20年も前の出来事まで含めて、一気に何十発もの弾丸が飛んでるくることになる。

男にとって結婚の継続とは、女性の母性ゆえの攻撃から、いかに見を守るかの戦略に尽きる。

なんと、奥様が昔の事で怒るのは、自らの身や子どもを守るための母性からの攻撃だとは!

母性本能ならたまに溢れ出るのは、どうしようもありません。

なんと厄介なことでしょう。

夫へのアドバイス

よってこの本での夫へのアドバイスは、こうです。

解決方法は、真摯に謝る。それしかない。

…。

しかし!

この本には過去にやらかしたことがある男性への救いがあります。

女性脳は、家事や育児で日々をただ生きているだけでストレスがたまる脳なので、こうだというのです。

夫が完璧だと、そのストレスの放電先が子どもになったり、自分に跳ね返ってうつに転じたりして、危なくてしょうがない。いい夫とは、「おおむね優しくて頼りがいがあるが、時に下手をして、妻を逆上させる男」にほかならない。

いい夫とは、おおむね優しくて頼りがいがあるが、時に下手をして、妻を逆上させる男!

なんとも難しい逆説です。

母性本能と分かれば…

実は、このブログ記事をまとめている最中にも、不意に奥様のネガティブトリガー (怖い、辛い、ひどいなどの嫌な思い) を発動させたようで、しくしく泣かれてしまいました。

また、過去のことが出てきます。

どうすることもできません。

それでも、『妻のトリセツ』を読んでいたので一歩前進したように思うのは、

ともかくいろいろ不安で、その不安は生活や子どもを守る母性本能ゆえで、だから過去に不安だったことを思い出してしまうんだな

と感じられたことです。

ともかく、黙って話を聴こうと努めました。

そういえばこれまでも過去のことを持ち出されるのは、酒に酔って連絡もせずに帰ってこなかったり、泣いてからんでくる奥様をつい突き飛ばしてしまったりした(※あらためて文字にしてみるとひどい仕打ちです)、過去の経験の再現への不安なんだ、と思い至ります。

奥様の心をすべては理解できない

そうはいっても、一番の危険は、

妻のトリセツ』のような本を読んで奥様を100%わかったつもりになること

だと考えています。

身近な家族でさえ、他人の心をすべては理解できないことが、これまでの人生で学んだ真理の一つだと思っていますので。

奥様という、血のつながりのない他人と家族として一緒に生きていくという現実は、時に厳しく、難しく、すべてが思うようにはいかないでしょう。

まとめ

その中で世の夫にとって、「女性は母性本能ゆえに過去の事で何度も怒る傾向にある」と知っていることは、奥様との生活の助けになることは確かだと思います。

奥様に怒られたり、すねられたり、泣かれて、昔のことを持ち出されたら、母性本能ゆえということを思い出し、変に策を弄さずに真摯に向き合うしかない

のでしょう。

いい夫とは、時に下手をして妻を逆上させる男」いうことばを信じて!

以上、『妻のトリセツ』の感想と学びでした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる