「許すこと」からの学び

深く傷つくことを言われても、信じていたことが嘘であっても、その相手を許せるでしょうか。

どうしても許せないなら、相手との関係を絶ってもいいのだと思います。

無理に我慢することはない。

許さずにいるか、許すと決めるか、気持ちが楽な方を選んでいいのでしょう。

気持ちが楽になるなら、思い切って許すと決めるといいのかもしれません。

また違った見方ができるからです。

例えば、

 「相手はなんであんなことを言ったのだろう。こっちが悪かったかな。そういえば…」

 「あの時は頭にきたけど、相手とはこんないいこともあったよな。あらためて相手のよさを思い出した」

というように。

だから、許すことは、相手をどうこうすることではない。

自分を見つめ、間違いを正し、成長するための学びなんだと、いま考えています。

よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる