「諸行無常」は 希望のことば

生後3カ月のこどもに読み聞かせする本 の記事で紹介した、『声に出して読みたい日本語』の中に、平家物語の一節があります。

冒頭は、「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」ですね。

この「諸行無常」ということばは、栄えていてもいつかは滅びるという、はかない意味と思っていたのですが、理解が浅かったようです。

教わったのは、5月に読んだ「らくらく瞑想」で夢はかなう (無能唱元)。

釈迦は「諸行無常」といいました。

「万物すべて、一瞬たりとも変化しないものはない」と断言したわけです。

 (中略)

ところが、私たちは、この「無常」を「無情」のような意味合いに考え、用いていたようです。

しかし、これはむしろ逆なのです。

「不都合や不幸がそのままで終わるわけがないのだ。希望に目覚めよう」といっているのです。

悪い習慣も、因果も、変えられる。 
それが「諸行無常」なのですね。

大きな学びでした。

■紹介図書はこちらです 。

関連エントリー:

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる