「釈迦は社会の役に立とうとは考えなかった」ことに、ブログでの情報発信を考える

昨日の日経新聞夕刊に、仏教学者の佐々木閑さんのコラム「社会に役立つ人材とは」がありました。

このコラムから、ブログやツイッターに投稿する上で考えることがありましたので紹介します。

佐々木さんはこの記事にこう書いています。

全く人の利益になるようなことをしていないように見える人が、本当はもの凄く役に立っているという場合もある

その典型が、仏教の創始者、釈迦である

理由は次の通りです。

  • 釈迦は王子の身分を捨て、妻子も捨てて修行者となった
  • その動機は「生きているのがつらくて仕方がないので、心おだやかな生き方を見つけたい」という個人的なもので、けっして「社会の役に立つことをしたい」などとは考えていなかった
  • その後悟りを開いてブッダとなったが、その時点でもまだ自分の安楽を味わうばかりで、その境地を世の人々に解き広めようなどとは考えなかった
  • まわりから懇願されて初めて、人々に教えを説き始めた
  • 釈迦はこのように全く人の役に立たない半生を送ったが、その結果として仏教という宗教をこの世に生み出した

そして佐々木さんはこうまとめます。

一見するとなんの役にも立っていないように見える人が、実は私たちに途方もない恩恵を与えてくれるかもしれない。こう考えることで、人を見る目が変わる。判断の基準は、一つの方向に向かって一心に歩んでいるかどうか。

確かに、釈迦のような修行者だけでなく、芸術家や発明家、実業家などでも、後の世に大きな影響を与える何かを残した人々は、社会の役に立とうとしてそれを始めた人は少ないように思います。

最近ではアップルのスティーブ・ジョブズが思い当たりますね。

また、釈迦やジョブズと比べるにはおこがましいところですが、個人的には一個人が発信するブログやツイッターでも、誰かの役に立つ情報だけを発信しよう考えると息詰まってしまうような気がします。

芸術家の岡本太郎さんのこんな言葉も紹介します。

自分を認めさせいようとか、この社会のなかで自分がどういう役割を果たせるんだろうとか、いろいろ状況を考えたり、成果を計算したり、そういうことで自分を貫こうとしても、無意味な袋小路に入ってしまう。

いま、この瞬間。まったく無目的で、無償で、生命力と情熱のありったけ、全存在で爆発する。それがすべてだ。
(『自分の中に毒を持て』青春文庫 p194) 

「社会に役立つ人になれ」「人の役に立て」ということばは、一見正しいよう聞こえます。私も息子にこう言いがちです。

しかし時にはもっと自由に、自分の思うままに生きる方が、結果としては世を動かすこともあるんだと、佐々木さんのコラムから学びました。

ブログやツイッターでも、わが道を歩むことの大切さをもっと考えてみたいと思います。

以上、釈迦が修行者になった動機は全く個人的なもので、その半生は全く人の役に立たなかった、という話題でした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる