年賀状などを輪ゴム2個で十字に止めるかけ方

今年も年賀状を投函する季節となりました。

郵便局では年賀状をたくさん出すときには、2本の輪ゴムで十字に止めることをすすめています。

年賀状の束をまとめる際には、2本の輪ゴムをそれぞれ1本ずつ縦と横に使用して、十字に止めるようにすると良いでしょう。1本の輪ゴムで十字にするよりも2本のゴムを使用した方がバラバラになりにくく、ゴムが伸びないために切れることも少なくなります。

出典:年賀状の投函時期の目安 – 師走に利用したい便利な代行サービスとは?|郵便局の年賀状印刷

そこで輪ゴムを2個を使った、年賀状などのはがきや封筒の束に十字にかける方法で、ゴムがはずれにくいやり方を紹介します。

目次
スポンサーリンク

1. 1個めをタテにかける

f:id:Kenden:20201219140132j:plain

2. 2個めを1個めの上からヨコににかける 

f:id:Kenden:20201219140232j:plain

3. 2本が重なる部分を押さえながら、右側のゴムを上部にずらす

f:id:Kenden:20201219140243j:plain

4. 上部にずらした右側のゴムの上から、上側のゴムを右側にずらす

輪ゴムを2個(2本)使って十字にとめる

5. 十字の形を整える

最近よくある、付録をはさんだ雑誌を輪ゴムで十字にとめる方法も同じです。

以上、輪ゴムを2本使って十字にとめるかけ方の紹介でした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる