新明解国語辞典の第四版第四刷で 問題の「動物園」と「マンション」の語釈をチェック

どうしても欲しくなり、『新明解国語辞典 第四版』の『第四刷』を買いました。

これで私が持っている国語辞典は2019年7月現在、下の通りです。

f:id:Kenden:20190714170756j:plain

左から、出版日の順に、

  • 新明解国語辞典 第三版 小型版
  • 新明解国語辞典 第四版 第四刷
  • 新明解国語辞典 第四版 第六刷
  • 角川必携国語辞典
  • 新潮現代国語辞典 第二版
  • 明鏡国語辞典 第二版

ほか、iPhoneのアプリに『大辞林』が入っています。

なぜ国語辞典が四種類もあり、しかも『新明解国語辞典』は最新の第七版以外が三冊もあるのか…。

【追記:2020年5月現在、ここまで揃えました!】

小型国語辞典 一覧

そもそも国語辞典を複数持つようになったのは、『学校では教えてくれない! 国語辞典の遊び方 (角川文庫)』(サンキュータツオ)を読んで、その奥深い世界を知ってしまったせいです

>>>関連記事:社会人向け国語辞典おすすめ7選 作家や愛好家の愛用辞書から

また、『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生 (文春文庫)』(佐々木健一)を読み、『三省堂国語辞典』の生みの親であり戦後最大の辞書編纂者の見坊豪紀先生と、『新明解国語辞典』の生みの親である山田忠雄先生という、「二人の超人」(著者のことば)の物語に胸をうたれました。

その山田忠雄先生が存命中の最後の版が、『新明解国語辞典 第四版です。

語釈があまりに個性的で面白いものだったため、増刷の際、第五刷で『マンション」が、第七刷で「動物園」が変更になっています。

家にたまたま、『新明解国語辞典 第四版』がありました。

確認すると「第六刷」です。

「マンション」の語釈がおとなしくなっています。

そこで、「第四刷」までのものがどうしても欲しくなり、アマゾンマーケットプレイスで出品者に刷数を確認のうえ、購入に至った次第です。

ついでに、一つ前の第三版も買ってしまいました。

問題となって増刷で変更された語釈を、あらためて紹介します。

「動物園」
生態を公衆に見せ、かたわらに保護を加えるためと称し、捕らえて来た多くの鳥獣・魚虫などに対し、狭い空間での生活を余儀無くし、飼い殺しにする、人間中心の施設。

「マンション」
スラムの感じが比較的少ないように作った、鉄筋のアパート式高層住宅。

二つとも、そりゃ、業界からクレームが来るよね、という内容ですね。

この語釈が正しいかどうかや、国語辞典としてどうかという評価は別として、この内容の辞書をつくった山田忠雄先生の、仕事に対する信念を尊敬します。

その集大成である『新明解国語辞典 第四版』の『第四刷』を、末永く持っていたいと思います。

(参考)最新第8版の語釈はこうなっています。

「動物園」
捕らえて来た動物を、人工的環境と規則的な給餌とにより野生から遊離し、動く標本として一般に見せる、啓蒙を兼ねた娯楽施設。

「マンション」
高級性を志向した高層アパート型の集合住宅。[賃貸と分譲方式のものとがある]「― のスラム化は当初から懸念された問題であった」

「マンション」の「スラム」は、用例で残っています。

【2019.7.23 追記】
いつも拝読しているながさわさんのブログに、さらに詳細な情報があります!

■『新明解国語辞典』第四版のチェックはこちら。

■最新版の第8版が2020年11月19日に発売になりました。

■紹介図書はこちらです。

(2020.11.20 新明解国語辞典 第8版の情報に更新)
(2020.7.14 公開)

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる