チープカシオ MQ-24の電池交換に失敗 経年劣化に注意

カシオの「CASIO 腕時計 スタンダード MQ-24-7B2LLJF」を愛用しています。

チープカシオやチプカシと呼ばれるシリーズの定番の腕時計です。Amazonで1,000円前後。

薄く、軽く、傷がついても気にならない価格なので、子どもとスポーツする時や軽いアウトドアにちょうどいい腕時計です。

CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥1,026 (2021/09/24 13:39:51時点 Amazon調べ-詳細)

あまりに気に入ったので、ライバル品らしきシチズンの「シチズン Q&Q VP46-854 ブラック」も買いました。こちらはAmazonで900円前後。

シチズン Q&Q VP46-854 ブラック

チプカシが日常生活防水なのに対しこちらは10気圧防水なので、主に子どもとプールに行く時に大活躍です。

2つとも買ってから2年以上ヘビーユースしてきて、最近ほぼ同時に電池が切れました。

100均の電池で電池交換ができるという情報をネットで見たことがあったので、私もチャレンジです。

ボタン電池の型番はともにSR626です。

チープカシオ MQ-24 シチズン Q&Q 電池 SR626
目次
スポンサーリンク

チプカシ MQ-24 の電池交換

「チプカシ 電池交換」で検索すると動画がいくつかヒットします。

こちら「Zig-Zag ch!」さんは、マイナスドライバーで裏ブタをこじ開けています。

こちら「腕時計のあれこれ」さんは、バンドを外してから時計用のこじ開けを使っています。

「Zig-Zag ch!」さんのように簡単に空きそうなのでやってみると…、空きません。

そこで「腕時計のあれこれ」さんのように、バンドを外して側面からマイナスドライバーを入れて見ても…、なかなか空きません。

思い切って力を入れてひねると、右上の裏ブタを止めているところが欠けてしまいました!

マイナスドライバーをこじ入れてひねったので、ところどころ傷も。


2年以上野外でスポーツやアウトドアに酷使してきたので、汗や水でプラスチックが劣化していたようです。

電池を交換してフタを閉じてみると、右側だけ若干浮きができてしまいました。欠けた所がきちんと閉じていないようです。

チプカシ 裏蓋 浮き

これでは日常生活防水の維持は難しいですね。

不安に思いながら使うのもイヤなので、残念ですがこれまでの活躍に感謝して手放すことにします。

シチズン Q&Q の電池交換

さて一方のシチズンQ&Qの裏ブタは、4箇所をネジで留めるタイプです。

シチズン Q&Q 電池交換

プラスドライバーで外すと、内部はチプカシのMQ-24と同じつくりです。

シチズン Q&Q 電池交換

YouTubeを参考に電池を交換し、無事に動き出しました。

使い込んでいる場合は、作業に十分ご注意ください。

以上、チープカシオ MQ-24の電池交換の情報まで。

CASIO STANDARD(カシオ スタンダード)
¥1,026 (2021/09/24 13:39:51時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる