しあわせ情報室

辞書好きが書く、子育て、手帳、車、本など、人生を楽しむための情報集です。

『100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート』から 100通りの挨拶ができる「挨拶上手」を学ぶ

息子はことばを覚えてすぐのころ、外ですれ違う人すべてに「こんにちは!」と元気よくあいさつしました。 

そんなとき、「知らない人にはあいさつしなくていいんだよ~」と教えました。

小4の今は、「あいさつをしっかりしなさい!」と、奥様からいつも注意されています。

ここで、「上手なあいさつ」とは何だろう、と考えます。

私自身は、あいさつはどちらかというと苦手です。

例えば、近所の方がこちらに背を向けて作業している後ろを通るとき、どのタイミングであいさつしたらよいか迷ってしまい、結局あいさつせず通り過ぎてしまったりします。

また職場で仕事にとりかかっている時に、後から来た人に「おはようございます」とあいさつされても、集中していて気づかなかったりします。

そんな時に、この本に、素敵な言葉を見つけました。

 

相手がとびきりうれしくなる挨拶を心がける。(p216)

 

タイミングや声の大きさなど、100通りの挨拶ができる「挨拶上手」を目指しましょう。(p217)

 

相手がとびきりうれしくなる100通りの挨拶ができたら、なんといいでしょう!

「大きな声」や「元気よく」だけが、上手なあいさつではない。挨拶は100通りあると意識して、少しは息子の模範となれるようにやっていきます。