しあわせ情報室

団塊ジュニアの中年男子が日々の「しあわせ」「よかったこと」「学び」を発信しています。

『生きるなんて』『人生なんてくそくらえ』(丸山健二)で、「親」とは何かを考えた。

スポンサーリンク

丸山健二さんを初めて知ったのは、雑誌PHPの2012年1月号『明日が変わる「笑顔の力」』にある「生き抜くことに意味がある」という記事です。

その中で著者は、東日本大震災の三ヵ月後に被災地を訪問した後のメッセージとして、次のように語っています。

これからの時代は、自らの力で生き抜いていかなければならない。安易に政治に頼ったところで、何も解決はしてくれない。ならば自らが首輪をはずし、自力で生きていくことです。

私たち人間には、生きていくための力が具わっている。すべての人間が底力を秘めている。この世に、強い人間も弱い人間もいません。誰もが強い人間なのです。

 

この内容を読み、手にした本が『生きるなんて』(朝日文庫)です。

「生きる」「仕事」「不安」「死ぬ」といった骨太のテーマについて、著者流の考えが本音で書かれています。

 

特に、「親について」のパートに、私と親や、私と息子との関係を考えさせられました。

親なんて、煎じ詰めれば子どもを作ったという以上の存在ではありません。

動物たちの子に対する親の愛こそが本物なのです。それは、どこにも非の打ちどころがない、純粋な無償の愛で成り立っています。生んで、育てて、自立させる。かれらの目標は、ただその一点に絞られているのです。

ところが、人間の親はどうでしょうか。かれらは子に見返りを期待します。勝手に生んでおきながら、親の恩などという算盤で子どもの尻を叩きつづけ、見返りを求めたり、子どもの人生に便乗したりするのです。

 

他にも、忘れずにいたいフレーズがいくつもあります。

才能なんて、けっして特別なものではありません。
誰もがそれぞれ何かしらの才能を持って生まれてきているはずなのです。ただ、自分の才能に気づかないか、気づいてもその才能を開花させる努力を怠っているか、知らないうちに才能の芽を摘み取られたかして、自分にはそれが無いと勝手に決めつけているだけなのです。

不安なんて、いちいちまともに相手にすることはありません。

なぜなら、吐き出す息と同様、不安こそが生きている証にほかならないかです。言い方を変えれば、不安から完全に逃れたいなら生者であることを諦めて死者になるしかないのです。

 

『生きるなんて』はすでに絶版のようですので、『人生なんてくそくらえ』も読んでみました。こちらは、さらに主張や口調が過激になっているようです。

『生きるなんて』の方が読みやすく、座右の一冊にしています。

 

▼紹介図書

生きるなんて (朝日文庫 ま 3-3)

生きるなんて (朝日文庫 ま 3-3)

 
人生なんてくそくらえ (朝日文庫)

人生なんてくそくらえ (朝日文庫)