「贅沢と幸福は別物だ。慎ましく生きても、人生の大切な喜びはすべて味わえる」(北野武)

これまでの生き方について、いったん立ち止まって考えたいことばを、北野武さんの著書『新しい道徳』から紹介します。

夢なんてかなえなくても、この世に生まれて、生きて、死んでいくだけで、人生は大成功だ。

俺は心の底からそう思っている。

どんなに高いワインより、喉が渇いたときの一杯の冷たい水の方が旨い。

お袋が握ってくれたオニギリより旨いものはない。

贅沢と幸福は別物だ。慎ましく生きても、人生の大切な喜びはすべて味わえる。人生はそういう風にできている。

そんなことは、誰でも知っている。

だけど、そんな大切なことも教えないで、夢を追いかけろという。頑張って勉強して、スポーツやって、起業したり、有名人になったりしなければ、幸せになれないと脅す。

そうしないと経済成長が止まって、大変なことになってしまうからだ。

だけど、大変なことになるのは、いったいどこの誰だろう。

少なくとも、清く貧しく美しく生きている奴ではない。

ー 北野武『新しい道徳』p58-59 ※単行本

経済が成長する中でしか、しあわせを得られないという時代は終わったようですね。

そもそもGDPのような「量的指標」では、しあわせや生きがいといった「質的評価」は測れません

(参考図書:『ニュータイプの時代』山口周)

目の前で飛び交う様々な情報に惑わされないために、胸に刻んでおきたいことばですね。

3<< 【しあわせについて学ぶことば】4 >>5

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる