「幸せとは人と深くつながること」(松浦弥太郎)

松浦弥太郎さんの『40歳のためのこれから術』から、しあわせについて学ぶことばを2つ紹介します。

幸せとは人と深くつながること

僕はいろいろな人と深くつながることが、いちばんの幸せです。七〇歳を迎えた時、妻、子ども、友人、まだ両親が生きていれば両親とも深くつながっていたいと思います。(p150)

どんなときに、どんなもので、どんなふうに、人が皆、しあわせを感じるかを想像しましょう。仕事や暮らしのヒントはそこにあるのです。(p188)

どんなときに、どんなもので、どんなふうに、人が皆、しあわせを感じるか」は、これからの仕事を考えるための貴重なことばだとも感じています。

この本の副題は「幸せな人生をていねいに歩むために」で、 巻末には「40歳のためのヒント集」が20個にまとめられています。

自分にとってしあわせとは何か、ふと考えたくなったときに読み返したい本の一つです。

6<< 【しあわせについて学ぶことば】7、8 >>9

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる