「幸せは想い」(水谷修)

水谷修先生の『夜回り先生 原点』から、<しあわせについて学ぶことば>を紹介します。

生きることは人間の宿命です。人はただ生きていくしかない。でも、そこには多くの幸せがあります。

幸せとは何でしょう。これが本当の幸せなんていうものはあるのでしょうか。私はそんなものはないと信じています。幸せは想い。幸せだと想えば幸せに、そうでないと想えば不幸せに…。

多くの人は、このただ想えばいい幸せを、想うことをせずにただ求め続けて手に入れようとして、不幸せになっているように思います。

想えば誰でもいつでも出会うことのできるもの。それが幸せです。(p4-5)

幸せとは、ここにもあそこにも、どこにでもあるもの。

昨日も今日も明日でも、想えばいつでも手に入るもの。

人によって、時によって違うもの。

でも、人に押しつけてはいけないもの。(p57)

幸せは想い。幸せだと想えば幸せに、そうでないと想えば不幸せに…

私はこのことばを、しあわせとは、人それぞれの想いや感情であり、物でもなく、金でもないと解釈しています。

水谷修先生はこれまで、夜の世界、貧困、ひきこもり、虐待、リストカットと、幸せとは正反対の世界にいるこどもたちや大人たちを数多く見てきました。

そんな水谷先生が行き着いた、「幸せは想い」というシンプルなことばに、ズシリとした重みを感じます。

5<< 【しあわせについて学ぶことば】6 >>7

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる