しあわせ情報室

日々の子育てや生活を楽しんで、明日がもっとしあわせであるように、中年男子が考えることを書いています。

夜回り先生こと水谷修先生の本から、「死にたい」と相談する人へのメッセージを紹介します。「いいんだよ」など。

スポンサーリンク

f:id:Kenden:20190823144920j:plain

 

ネットのニュースで、夜回り先生こと水谷修先生がHPを閉じるとブログに書いたことを知りました。

 

ブログはこちらですね。

夜回り先生は、今!(水谷修ブログ)


ブログを読むと、「死にたい」と死を語る相談が非常に増え、もう、疲れました、私の本を読んでくれればそこに答えが、とあります。

 

そこで、勝手ながら、「死にたい」と相談する人への水谷先生のメッセージを、3冊の本から紹介します。

 

まずは『夜回り先生』(小学館文庫)。冒頭です。

「おれ、窃盗やってた」
いいんだよ。

「わたし、援助交際やってた」
いいんだよ。

「おれ、イジメやってた」
いいんだよ。

「わたし、シンナーやってた」
いいんだよ。

「おれ、暴走族やってた」
いいんだよ。

「わたし、リストカットやってた」
「おれ、カツアゲやってた」
「わたし、家にひきこもってた」
いいんだよ。

 

昨日までのことは、みんないいんだよ。

 

「おれ、死にたい」「わたし、死にたい」

でも、それだけはダメだよ。

 

まずは今日から、水谷と一緒に考えよう。 

 

次は、『夜回り先生とよる眠れない子どもたち』(小学館文庫)。こちらも冒頭です。

先生、わたし生きてていいの?

 

イジメられてる。死にたい。
さっきいっぱいクスリ飲みました。

 

これからリスカします。
今、手首を切りました。

痛い・・・

 

先生、血が止まらないよ。
苦しい・・・

 

どうしたらいいの?

 

わたし、死にたい。

 

毎日、何百通と送られてくる相談メール。
夜中から明け方まで鳴りやまない電話。

 

その一つ一つに、
私は想いをこめて答えている。

 

水谷です。
哀しいです。
もし君に死なれたら、
水谷は哀しいです。

 

私には君の死を止めることはできません。
それはわかっています。
でも、君にはもっと生きていてほしい。

 

君の明日には、たくさんの幸せが待っています。
そしてたくさんの心温かい人たちが待っています。

 

よかったら、水谷を信じてみませんか。

 

f:id:Kenden:20190823150353j:plain

 

最後に、『夜回り先生 原点』(日本評論社)。「おわりに」から。

今までのこと、みんな、みんな
いいんだよ

 

でも、
私、死にたい
俺、死にたい

 

それだけは
だめだよ
まずは、今日から
水谷と一緒に、生きてみよう

 

小学館文庫の2冊の冒頭は、上の2つの写真のような感じです。絵本のようです。すぐ読めます。

 

水谷修先生からは、子育てや家族の関係について、たくさん学んでいます。そのうちの一人として、書店や、通販や、kindleなどで、文庫の冒頭だけでも見てくれる人が増えたら、幸いです。

 

▼紹介図書

夜回り先生 (小学館文庫)

夜回り先生 (小学館文庫)

 
夜回り先生と夜眠れない子供たち (小学館文庫)

夜回り先生と夜眠れない子供たち (小学館文庫)

 
夜回り先生  原点

夜回り先生 原点

 

 

▼夜回り先生についての過去記事

 

▼夜回り先生の本の紹介記事