日経PLUS1 仕事に役立つペン活用法 – 私はハイテックCコレトを愛用

※お知らせ

2020年10月現在、サラサクリップの単色を愛用しています。
>>>愛用してきた4色ボールペンの振り返りと 今は単色のサラサを使っている理由

■■■

今日の日経PLUS1にペン活用法の特集があります。

この中に、いつも参考にさせてもらっている高畑正幸さん土橋正さんと、『文章の書き方 (岩波新書)』の著者辰野和男さんのコメントがあり、さすがに参考になります。

(要旨)

・土橋さんのお勧め

一般的な黒ボールペンで三菱鉛筆のジェットストリーム
携帯用のペンでWalkie Pen
万年筆でパイロットのキャップレス

・高畑さんのお勧め

赤、青、緑の三色ボールペンで情報整理
アイデアを逃さないため、お気に入りのペンをまとめ買いし、どこにでも置く
緑の蛍光ペンでの書類、文書チェック

・辰野和男さんのお勧め

万年筆での手書き(せめてあて名と自分の名前だけでも)

高畑さんのこの記事を読んで、私もハイテックCコレトで齊藤孝さんの三色ボールペン方式を実践しています。 

新聞の掲載写真を見ると、高畑さんは右手で持った手前から「青赤緑」の順番でしょうか。
私は「緑青赤」の順番で、PILOTの齊藤式純正FEED・GP3と同じ並びにしています。

使用頻度は圧倒的に青が多いのですが、「主観」の緑が手前にあることで、より「自分の考えを書いている」感じになり、この並びを気に入っています。

緑の蛍光ペンの活用は知りませんでした。早速実践してみます。

参考:高畑正幸さんのブログでの日経記事の紹介

【関連記事】

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる