メニュー
カテゴリー
【2023年】学習英和辞典のおすすすめ7選 ▶

サンワサプライとエレコムのクリーニングクロスを比較レビュー!おすすめは?

この記事のリンクには広告が含まれています。

この記事では、Amazonで人気サンワサプライエレコムクリーニングクロスを比較して紹介します。

YouTubeでデスクツアーを見ていると、スマホやモニターの画面をきれいにするクリーニングクロスの紹介がいくつか出てきます。

これまではカメラやレンズ用のSIGMAのマイクロファイバークロスを使っていましたが、確かにちゃんとしたクロスがあったら便利かも、と感じてきました。

そこでせっかくならベストの1品を見つけようと、Amazonで評価の高いクリーニングクロスの「サンワサプライ DK-KC5」と「エレコム KCT-008GY」を両方買って使い比べてみることにしました。

エレコムにはテレビ画面用としてAVD-TVCC01という型番のクロスもありますが、こちらのアスキーデジタルの記事によるとKCT-008GYと違いはなく同じ製品のようです。

結論として汚れ落ちと使い勝手でおすすめは、エレコムのKCT-006GY(Mサイズ)です。

目次
Sponsored Links

サンワサプライ クリーニングクロス DK-KC5

まずはマコなり社長がYouTubeで激推ししている「サンワサプライ クリーニングクロス DK-KC5」です。

バッケージ

パッケージの表と裏です。

サンワサプライ クリーニングクロス DK-KC5のパッケージ表
サンワサプライ クリーニングクロス DK-KC5のパッケージ裏

特徴

特徴を確認します。

サンワサプライ クリーニングクロス DK-KC5の仕様と使用上の注意

(ホチキスの穴が2つあるのは一度開けてしまったからです

サンワサプライ クリーニングクロス DK-KC5の特徴

超極細繊維」で指紋や油膜汚れを落とす30cm✕40cm大型タイプ繰り返し洗って使えることなどが特徴です。

本体の外観

布の毛足は短く、なめらかな手触りです。

サンワサプライ クリーニングクロス DK-KC5の外観

汚れ落ち

肝心の汚れ落ちを確認。

スマホの指紋汚れを拭いてみると、軽く数回拭くことでとてもきれいに落ちました

SIGMAのマイクロファイバークロスより、ずっと軽い力で汚れが落ちます。

モニターについたホコリも、サッと落とすことができました。

エレコム クリーニングクロス KCT-008GY

次はワタナベカズマサさんが紹介している「エレコム クリーニングクロス KCT-008GY」です。

バッケージ

パッケージの表と裏。

エレコム クリーニングクロス KCT-008GYのパッケージの表
エレコム クリーニングクロス KCT-008GYのパッケージの裏

特徴

特徴を確認します。

エレコム クリーニングクロス KCT-008GYの特徴

超極細分割繊維「ベリーマX」で指紋汚れや油脂などを拭き取る、長い毛足でホコリをからめ取る、洗って繰り返し使えることなどがとくちょうです。

外観

毛足が長く、ふかふかした手触りです。

エレコム クリーニングクロス KCT-008GYの外観

汚れ落ち

こちらも汚れ落ちをチェック。

スマホの指紋汚れを拭いてみると、サンワサプライのDK-KC5に比べてソフトな感覚で、拭く回数も少なくきれいに落ちました。

モニターについたホコリもからめ取る感覚できれいに落とすことができます。

サイズはL・M・Sのどれがいいか

このエレコムのクリーニングクロスには、30cm✕30cmのL(KCT-008GY)、23cm✕20cmのM(KCT-006GY)、15cm✕15cmのS(KCT-007GY)の3つのサイズがあります。

実は最初に買ったのはMサイズで、サンワサプライのクロスを使ってみて大判の方が使いやすいかもと感じLサイズも買ってみました。

左がMサイズ右がLサイズで、ともに四つ折りにした状態です。

エレコムのクリーニングクロスのLサイズとMサイズの大きさ比較

結果としては、デスク周りでスマホやモニターを拭くにはMサイズの方が使い勝手がいいです。

Lサイズはクロスの生地に厚みがある分、ムダにかさばってしまう感じです。

SサイズはLサイズを四つ折りにした大きさと考えると、小さすぎる気がします。

(参考)SIGMA マイクロファイバークロス

参考に、これまで使っていたSIGMAのマイクロファイバークロスがこちら。

SIGMAのマイクロファイバークリーニングクロス

メガネを買ったときによく付属でついてくるような薄手のクロスです。

今回試したサンワサプライやエレコムのクロスの方が、簡単に汚れを落とすことができます。

サンワサプライとエレコムのクリーニングクロス比較のまとめ

スマホやモニターの汚れ落ちを比較した結果は以下の通りです。

エレコム KCT-008GYサンワサプライ DK-KC5 >>SIGMA マイクロファイバークロス

指紋汚れもホコリも落としやすいのは、エレコムのKCTシリーズです。

サイズ選びでおすすめは、卓上で使いやすいMサイズのKCT-006GYです。

以上、Amazonで人気のサンワサプライとエレコムのクリーニングクロスの比較でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次