メニュー
カテゴリー
▶ 中学生通信教育 おすすめ7社を徹底比較!

ノートパソコンの内蔵HDDをSSDに換装した全手順(SSD初期化→クローン作成→換装)

Sabtent HDDケースとキングストンのSSD

古いノートパソコンの動作を高速化するため、内蔵HDDをSSDに換装した記録です。

手順は、「SSDを外付けして初期化」→「内蔵HDDのクローンを作成」→「内蔵HDDをSSDに換装」の流れです。

用意したのは以下の2つ。

Sabrentのケースを買うと、HDDをクローンするためのソフト「Acronis True Image for Sabrent」をダウンロードして無償で使えるのが魅力です。

Sabrent 公式 ダウンロードページ

ノートパソコンはAcerの「Aspire E1-532-F14DK」です。

目次
Sponsored Links

キングストンのSSDをSabrentのケースで外付けして初期化

まずはキングストンのSSDを外付けして初期化します。

Sabrentのケースの箱の中身はこちら。

Sabtent HDDケース EC-UASP の中身

取扱説明書は英語で、外箱を含めて日本語の表記はありません。

ケースのフタを外し、SSDをセットします。

Amazonのレビューで見た事前の情報の通り、スペースを埋めるスポンジを一旦外さないとセットできませんでした。

Sabtent HDDケース EC-UASP
Sabtent HDDケース EC-UASP
Sabtent HDDケース EC-UASP

フタをして付属のケーブルでパソコンに接続しますが…、PCの中に出てきません

「スタートボタン」を右クリック→「デバイスマネージャー」で確認すると、認識はしているので、初期化ができていないようです。

「スタートボタン」を右クリックし、「ディスクの管理」を開きます。

ディスクの初期化」を聞いてきました。

GPT」を選択し「OK」をクリックします。

MBR」か「GPT」かは、換装前の元のディスクに合わせます(確認の方法は以下)。
「スタートボタン」を右クリック→「ディスクの管理」→確認したいディスクを右クリック(下の図の赤部分)→「ボリューム」のタブの「パーティションのスタイル」

(この写真は別のディスク)

次に、「未割り当て」の部分を右クリックし、新しい「シンプルボリューム」をクリック。

(この写真は別のディスク)

以降は「次へ」「次へ」と進んでいけばOK。

無事に初期化でき、PCに認識されました。

Acronis True Imageで内蔵HDDのクローンを作成

ノートパソコンの内蔵HDDのデータをSSDに移行します。

OSのWindowsを含めて丸ごとデータを移行することを「クローン」といい、クローンするためのソフトとして「Acronis True Image」を使います。

まずはSabrentのホームページから「Acronis True Image for Sabrent」をダウンロードします。

Sabrent 公式 ダウンロードページ

Sabtent ホームページ
Sabtent ホームページ

Acronis True Image for Sabrent」は、Sabrentの製品を接続していないと起動しません。

起動後、設定を確認すると日本語にはならないので、英語のまま進めます。

Acronis True Image for Sabrent

左側の「TOOLS」を選択し、「Clone Disk」をクリック。

Acronis True Image for Sabrent Clone Disk

Clone Mode」で「Automatic」を選択し、「Next」をクリック。

Acronis True Image for Sabrent Clone Disk

Source Disk」でクローン元のHDDを選択。

Acronis True Image for Sabrent Clone Disk

Distination Disk」でクローン先のディスクを選択。

Acronis True Image for Sabrent Clone Disk

このダイアログを聞いてきたら、OKをクリック。

Disk Usage」で「To replace a disk on this machine」を選択し、「Next」をクリック。

Acronis True Image for Sabrent Clone Disk

Finish」で右下の「Proceed」をクリック。

Acronis True Image for Sabrent Clone Disk

クローンの作成画面に移ります。

Acronis True Image for Sabrent Clone Disk

クローンが終わると、この画面になります。

所要時間は480GBのHDDに約120GBのデータの状態で、約1時間でした。

内蔵HDDをSSDに換装

まずはノートパソコン「Acer Aspire E1-532-F14DK」のバッテリー外します

裏側の赤丸2カ所のネジをプラスドライバーで外し、写真のドライバーの先を入れた部分を右にスライドさせると外れます。

Acer aspire E1-532-F14DK HDD SSD 換装
Acer aspire E1-532-F14DK HDD SSD 換装

内蔵HDDを外します。

まず、下の写真の赤丸部のネジを外し、マイナスドライバーをくぼみに入れてカバーを外します。

Acer aspire E1-532-F14DK HDD SSD 換装

内蔵HDDはこの部分

Acer aspire E1-532-F14DK HDD SSD 換装

写真の赤丸部のネジを外し、左にスライドさせてHDDを外します。

Acer aspire E1-532-F14DK HDD SSD 換装

HDDは上下2カ所のネジでついていました。

Acer aspire E1-532-F14DK HDD SSD 換装

SSDに付け替えます。

Acer aspire E1-532-F14DK HDD SSD 換装

あとは、外した手順と逆の流れで取り付けて完成です。

パソコンの電源を入れると、無事にWindowsが立ち上がりました。

「ディスクの管理」で確認すると、AcerのCドライブとしてちゃんと認識できています。

SSD・ケース・データ移行ソフトのセットもある

今回はSSDとケースを別々に買いましたが、「SSD・ケース・データ移行ソフト」の3つがセットになった「Logitec 内蔵SSD 240GB 変換キット」もあります。

以前、「acer Aspire V3-571-H54D/K」の内蔵HDDをSSDに換装したときはこちらを使いました。

Logitecは日本の会社なのでちゃんと日本語でマニュアルもあるので、より簡単に済ませたいならこちらもおすすめです。

Logitec 内蔵SSD 240GB 変換キット」の内容は以下の通りです。

(開封前)

Logitec LMD-SS240KU3

(中身:SSD入りケース、USB3.0ケーブル、7mm⇒9mm変換アダブター、セットアップガイド)


(SSD本体 エレコム製)

以上、Acronis True Image(クローン作成ソフト)・キングストンのSSDSabrentのケースを使って、Acerのノートパソコン「Aspire E1-532-F14DK」の内蔵HDDをSSDに換装した記録でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次