メニュー
カテゴリー
▶ 中学生通信教育 おすすめ7社を徹底比較!

GoogleアナリティクスでUAとGA4を併用する設定法【WordPress SWELLの例】

Googleアナリティクスで、UA(ユニバーサルアナリティクス)でアクセス解析のデータを取得している状態から、GA4(Google アナリティクス 4)も併用して両方でデータをとる方法を紹介します。

ワードプレスの有料テーマ「SWELL」で、プラグインの「SIMPLE SEO PACK」を使った設定法です。

ポイントは、「GA4 プロパティ」の「ウェブストリームの詳細」の「Manage connected site tags」で、UAのトラッキングコードを接続することです。

GA4にUAのトラッキングコードを接続すると、「SIMPLE SEO PACK」にGA4測定IDを入力するだけで、GA4とUAの両方でデータの取得ができます。

Sponsored Links
目次

GA4(Google アナリティクス 4)プロパティの作成

既存のUAのホーム画面から「GA4 プロパティ」を作ります。

右上の「開始」をクリック。

GoogleアナリティクスでUAからGA4を作成

設定アシスタント」の画面で、「はじめに」をクリック。

GoogleアナリティクスでUAからGA4を作成

既存のタグを使用してデータ収集を有効にします」にチェックを入れて、「プロパティを作成」をクリック。

GoogleアナリティクスでUAからGA4を作成

GA4 プロパティを確認」をクリック。

GoogleアナリティクスでUAからGA4を作成

GA4 プロパティ」ができます。

GoogleアナリティクスでUAからGA4を作成

GA4とUAを併用し両方でデータを取得する設定

「GA4 プロパティ」の画面で「データストリーム」をクリック。

GoogleアナリティクスでGA4にUAのトラッキングコードを接続

次の画面でこの部分をクリック。

GoogleアナリティクスでGA4にUAのトラッキングコードを接続

Manage connected site tags」の部分をクリック。

GoogleアナリティクスでGA4にUAのトラッキングコードを接続

以下のこの部分に、UAのトラッキングコードを入力します。

GoogleアナリティクスでGA4にUAのトラッキングコードを接続

UAのトラッキングコードの確認は、UAの設定画面で「トラッキング情報」→「トラッキングコード」から。

GoogleアナリティクスでGA4にUAのトラッキングコードを接続

入力し「接続」をクリックすると、以下の画面になります。

GoogleアナリティクスでGA4にUAのトラッキングコードを接続

前の画面に戻ると、「Manage connected site tags」の部分が「1個を接続済み」になりました。

GoogleアナリティクスでGA4にUAのトラッキングコードを接続

SWELLでの設定

SWELL」と開発者が同じで推奨プラグインの「SEO SIMPLE PACK」を使います。

プラグインを追加したら、ダッシュボードの「SEO SIMPLE PACK」をクリックし、「Googleアナリティクス」のタブの以下の部分にGA4の「測定ID」を入力します。

SEO SIMPLE SEO PACK でGA4の測定IDを設定

測定ID」は、「GA4 プロパティ」の「ウェブストリームの詳細」で確認できます。

SEO SIMPLE SEO PACK でGA4の測定IDを設定

注意するポイント

注意するポイントは、「GA4 プロパティ」の「ウェブストリームの詳細」の「Manage connected site tags」で、UAのトラッキングコードを接続することです。

私は最初にGA4を作成した時にこの部分の確認をせず、約2日間UAでのデータが取れませんでした。

Manage connected site tags」で、UAのトラッキングコードを接続後は、「SIMPLE SEO PACK」にGA4の測定IDを入力するだけで、GA4とUAの両方でデータを取得できています。

以上、ワードプレスの有料テーマ「SWELL」でプラグインの「SEO SIMPLE PACK」を使い、GoogleアナリティクスのUA(ユニバーサルアナリティクス)とGA4(Google アナリティクス 4)の両方でデータをとる方法の紹介でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる