中学生向け通信教育【2021年】おすすめ6社比較 親の目でこどものタイプ別に選ぶ

わが家の息子は、この4月で公立中学の1年生です。

3年後の高校受験に向けて、塾に行くか、通信教育をやってみようか、部活との両立はどうする?など、悩み多いところです。

中学の成績も大切にしつつ、将来に向けて主体的に勉強する力をつけるには、どうしたらいいか。

そして本音では、料金は安い方がありがたい!

そこで、中学生向け通信教育の情報を調べ、おすすめできると考えた6社から資料や体験教材を取り寄せて、内容や料金を比較しました。

この6社です。

  • 進研ゼミ
  • Z会
  • スマイルゼミ
  • スタディサプリ
  • ポピー
  • すらら

最後に、こどものタイプ別のおすすめも考えます。

まず先に、今回調べた6社のポイントをまとめます。

進研ゼミ
  • タブレット学習中心のハイブリッドスタイルと、テキスト学習中心のオリジナルスタイルの2コース
  • 5教科セットのみ(定期テストは実技4教科も対応)
  • タブレットは専用を使用(6カ月以上の継続で費用0円)
  • 月額料金:約6,000円

内容が豊富な反面、すべてをこなすには本人にある程度の能力とやる気も必要でしょう。

\無料体験教材・資料請求/

Z会
  • タブレットコーステキストコースの2コース
  • 1教科から選択できる
  • ブレットは専用品を購入(19,800円 ※割引キャンペーンあり)かiPadを使用
  • 月額料金:5教科セット約8,100円~、1教科約2,000円

トップレベルの高校を目指し、応用力まで取り組みたい家庭向けです。

\入会案内書・体験見本もらえる!/

スマイルゼミ
  • タブレット学習のみで標準クラスと特進クラスの2コース
  • 9教科セットのみ
  • タブレットは専用を購入(10,978円)
  • 月額料金:標準コース約7,500円~、特進クラス約14,000円

ダブレット1台で学習が完結することが最大の特長です。

\無料体験受付中/

スタディサプリ
  • 映像授業+演習問題+テキスト学習のベーシックコースと、大学生の担当コーチがつく個別指導コースの2コース
  • 小4から高3までの5教科の講義の動画が見放題
  • 機器は手持ちのPC or タブレット or スマホを使う
  • 月額料金:ベーシックコース2,178円、個別指導コース10,780円(共に継続でキャッシュバックあり)

月2,178円の低価格で5教科対応していることが最大の魅力です。

検討の結果、わが家では夏休みを機に「スタディサプリ」に申し込みました。

\14日間の無料体験あり/

ポピー
  • テキスト中心の1コースのみ
  • 9教科のセット
  • 中学校の副教材のシェアNo.1の会社が製作
  • 月額料金:4,800円(2年:5,000円・3年5,100円)

テキスト中心で必要な教材に絞り、続けやすい価格を実現しています。

\無料お試し見本あり/

すらら
  • 国、数、英の3教科セットと国、数、英、社、理の5教科セットの2コース
  • 家庭にあるバソコンかタブレットを使って、テキストを使わず画面上で学習するスタイル
  • 基礎学力向上に内容を絞り、高校受験対策はない
  • 月額料金:3教科コース 8,228円~、5教科コース 10,428円~

※学校の授業についていけないこどもや、不登校学習障害のケースに手厚いサポートがあります。

\ 不登校のケース /

\ 発達障害のケース /

料金は、新中学1年生で12カ月一括など最安時の目安です。

比較した結果は、わが家ではスタディサプリで自主的にどんどん勉強できれば経済的にも理想かな、と考えています。

以下に各社の詳しい内容をまとめます。

※最後のタイプ別おすすめを先に見たい方は、こちらをどうぞ。

※価格はすべて2021年2月末確認の2021年中学1年生のものです。

目次

進研ゼミ

コース・学習法・料金

コース名ハイブリッドオリジナル
学習法タブレット中心に学習テキスト中心に学習
利用端末専用タブレット(10.1インチ)
教科5教科セット5教科セット
月額7,6706,980
専用タブレット代金0
  • 専用タブレット代金…6ヶ月未満で退会の場合、9,900円別途支払い
  • それぞれ「スタンダード」と「ハイレベル」コースあり(費用は同じ)

特徴

  • 5教科(英語・数学・国語・理科・社会)セットのみ
  • ハイブリッドコースは毎月授業内容が配信される
  • オリジナルコースは毎月教材が郵送で届く
  • 基本的には毎月配信や郵送で届く教材にそって学習する
  • ハイブリッドコースは1教科あたり8単元まで先取り可
  • ともに定期テスト対策は実技4教科(音楽・美術・技術家庭・保健体育)も対応
  • ともに人による添削指導がある
  • 毎月定期的にオンラインでライブ授業あり(ハイブリッド・オリジナルどちらも受講可)
  • 運営会社はベネッセ
  • 通信教育の中学コースの開講は1972年

通信添削や上での実力テストに加え、オンライン授業もあり内容が豊富です。

反面、すべてをこなすには本人にある程度の能力とやる気も必要でしょう。

\無料体験教材・資料請求/

Z会

コース・学習法・料金

コース名タブレットテキスト
学習法タブレットで学習テキストで学習
利用端末専用タブレット(10.1インチ)か2018年以降のiPad
教科1~5教科まで選べる1~5教科まで選べる
月額2,380~9,9002,880~12,900
専用タブレット代金19,800
(月額1,650×12カ月)
  • タブレット代金…12ヶ月未満で退会の場合10,000円別途支払い(代金は2021年4月14日まで5教科セットを12カ月一括払いで0円、1講座以上6月一括払いで9,800円)
  • テキストコースのみ別に特進クラスあり

特徴

  • 1教科から受講できる
  • タブレットコースは中学3年分の単元カリキュラムがすべて公開されている(=先取り可)
  • テキストコースは毎月教材が郵送で届く
  • ともに「実技4教科(音楽・美術・技術家庭・保健体育)マスターブック」つき
  • ともに人による添削指導がある
  • 英語受講者は外国人講師とオンラインスピーキング(月1回/25分)が追加受講料無料でできる
  • 運営会社はZ会(旧:増進会出版社)
  • 通信教育の中学コースの開講は1982年

トップレベルの高校を目指し、応用力まで取り組みたい家庭向けです。

今回おすすめする6社の中で唯一、1教科から受講できます。

\入会案内書・体験見本もらえる!/

スマイルゼミ

コース・学習法・料金

コース名標準クラス特進クラス
学習法タブレットで学習タブレットで学習
利用端末専用タブレット(10.1インチ)専用タブレット(10.1インチ)
教科9教科セット9教科セット
月額8,58015,840
専用タブレット代金10,97810,978
  • 専用タブレットの割引なし

特徴

  • 9教科(英語・数学・国語・理科・社会・音楽・美術・技術家庭・保健体育)セットのみ
  • 標準クラスは1年生~現学年までのすべての教材が学習可能(2021年3月~)
  • 特進クラスは現学年の一つ上まですべての教材が学習可能で、標準クラスの1.5倍の量
  • タブレット学習専門で、タブレット以外の教材はない
  • ともに人による添削指導はなし
  • 14日間の無料体験(全額返金)あり
  • 運営会社はジャストシステム(ワープロソフト「一太郎」や日本語入力ソフト「ATOK」が有名なIT企業)
  • 中学コースの開講は2013年
  • ジャストシステムが開発した教育システムは学校の現場でも広く活用されている

ダブレット1台で学習が完結することが最大の特長で、進研ゼミやZ会と違い通信添削はありません。

飽きさせない工夫が多く、勉強が得意な子から苦手な子まで対応しています。

\無料体験受付中/

スタディサプリ

コース・学習法・料金

コース名ベーシック個別指導
学習法映像授業+演習問題+テキストで学習映像授業+演習問題+テキストで学習+担当コーチの個別指導
利用端末手持ちのPC・スマホ・タブレットどれでも授業試聴可手持ちのPC・スマホ・タブレットどれでも授業試聴可
教科5教科セット5教科セット
月額2,17810,780

特徴

  • 小4から高3までのすべての教科の講義が見放題
  • 講義用のテキストが無料でついてくる
  • 各講義に選択式の確認テストがついている
  • ベーシックコースではスタディサプリ側とのやりとりはない
  • 個別指導コースは大学生のコーチがついて、勉強の進捗やわからないところをオンラインで見てくれる
  • 14日間の無料体験あり
  • 運営会社はリクルート
  • 教育格差の是正を目指し、2013年にサービスの本格展開開始

・PCで見る実際の画面(14日間の無料登録で見ることができます)

月2,178円の低料金で、小4から高3までの5教科すべての授業対応していることが、親としては最大の魅力です。

先取りもさかのぼりも好きなようにできますので、どううまく活用するかはこどもと親次第です。

わが家では夏休みの家庭学習に最適と考え、「スタディサプリ」に申し込みました。

\14日間の無料体験あり/

ポピー

コース・学習法・料金

コース中学ポピー
学習法テキスト中心に学習
教科9教科セット
月額4,800

特徴

  • テキスト中心の学習スタイル
  • 9教科学べて、毎月5,000円以下
  • 教科書の対応箇所がすぐわかる、毎月の教材とテスト対策問題集
  • 英語のリスニングなど必要な部分はデジタル学習もサポート
  • 運営会社の新学社は中学校の副教材でシェアNo.1
  • 家庭学習教材として45年以上の歴史

テキスト中心で必要な教材に絞り、続けやすい価格を実現しています。

\無料お試し見本あり/

すらら

コース・学習法・料金

コース国・数・英 3教科国・数・英・社・理 5教科
学習法PCかタブレットの画面上で学習PCかタブレットの画面上で学習
利用端末家庭のPCかタブレット
※スマホは非推奨
家庭のPCかタブレット
※スマホは非推奨
教科5教科セット5教科セット
月額8,80010,987

特徴

  • 学年にとらわれない「無学年式」+「体系学習
  • 「人間ゼロ」の学習教材
  • 「すららコーチ」が親をサポートしてくれる
  • 学校の授業についていけない、不登校学習障害のケースに手厚い
  • 不登校でも自宅学習で出席扱いにできる仕組みあり

特に、不登校学習障害のケースへのサポートが、すらら以外の5社にない特徴です。

もし何かのきっかけで不登校になるようなことがあれば、心強いですね。

\不登校のケース /

\ 発達障害のケース /

どう選ぶ?タイプ別おすすめのまとめ

内容的には、どれも基礎から応用まで対応していて、うまく活用していけば能力を伸ばせるものになっている印象です。

よって、子どもの性格と勉強の得意不得意や、親がどんな勉強をさせたいかで、最も適するものを選ぶべきと考えます。

おすすめのコースを表にまとめてみます。

子ども・親のタイプおすすめのコース
まあまあ勉強はできると思うので、授業と定期テストの基本的な対策からしっかりやっていきたい進研ゼミのタブレットコース

長年の実績を活かした教材や赤ペン先生の添削など、フォローが充実しています。
積極的に勉強できそうなので、得意だったり興味のある分野をどんど先取りしてほしくて、タブレットなども使ってOK料金は高くてもよい:Z会のタブレットコース

中学3年までのカリキュラムがすべて公開されていて、添削や在宅模試なども充実しています。

経済的な負担は抑えたい:スタディサプリのベーシックコース

月額費用が安価(2,178円)で、高3までの授業が見放題です。
教材として足りなそうな部分は市販の参考書で補えばいいでしょう。
どちらかというと勉強が苦手なので、タブレット学習なら興味を持てそうスマイルゼミの標準クラス

勉強に興味が持てそう工夫が多く、自分のペースで負担を少なめに勉強を進められる印象です。
タブレット1台で済み、紙の教材を使わないことが魅力スマイルゼミ

標準クラス、特進クラスとも、毎日の学習から入試対策までタブレットのみを使います。
タブレットやスマホでなく、テキストを中心に勉強させたい通信添削させたい:進研ゼミのオリジナルコースZ会のテキストコース

通信添削不要:ポピー

進研ゼミ…5教科セットで基礎的なところから
Z会…教科を選びたい、もしくは5教科セットで難しい問題にもチャレンジさせたい

ポピー…9教科で5,000円前後の続けやすい価格で堅実な内容
手持ちのiPadを活用したいZ会のタブレットコーススタディサプリ

進研ゼミとスマイルゼミは専用のタブレットが必要です。
英語だけは塾に行かせて、数学だけを通信教育など、科目を選びたいZ会のタブレットコースかテキストコース

1教科だけを選択できるのはZ会のみです。
また、同じ費用でスタディサプリを申し込んで、特定の科目を中心に勉強する、という選択肢もあるところです。

授業にまったくついていけない不登校学習障害などの問題を抱えているすらら

保護者をサポートする仕組みや、不登校でもすららの学習で出席扱いにできるフォローがあります。

わが家は「スタディサプリ ベーシックコース」に決定

わが家では、スタディサプリのベーシックコースで自主的にどんどん勉強できれば理想かなと考え、中1の夏休み前に申し込みました。

地方の公立のレベルですが、小学校6年の成績は9教科オール3(小学校の3段階評価)で、将来は科学者になる夢を持っています。

親に細かく言われずとも、スタディサプリで好きな科目をどんどん自力ですすめることができれば、高校での勉強にもつながりますし、経済的にもたいへん助かります。

\公式ホームページ/

また今後は、またいつ新型コロナウイルスによる休校があるかわからない状況です。

よって通信教育を選ぶなら講義の映像が動画で見られるものにするべきです。

進研ゼミやZ会を選ぶとしても、料金がほぽ同額のテキストコースをあえて選ぶことはないように感じます。

以上、高校受験を目指す中学生向けの通信教育の比較でした。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる