Dell Inspiron 14 5000(5415) 購入レビュー:格安パソコン派もコスパに納得の快適さ

Dellのノートパソコン「Inspiron 14 5000 (5415)」を買いました。

指紋認証機能がついた「【即納】プレミアム」モデルで、お値段は割引があって6万円台の後半でした。

主な仕様はCPUがAMD RYZEN 5 5500U、ストレージが256GB SSD(M.2 PCIe NVMe)、メモリが8GB、ディスプレイがIPSパネル相当で、いくつものレビューサイトでコスパ最強と評価される機種です。

これで、人生で7台目のノートパソコンの購入になります。

これまでを振り返ると、20年以上前の20代前半に「シャープ メビウス」でパソコンデビューし、次が「ソニー VAIO Z505」、次が「NEC Lavie」と、最初の3台は15~20万円前後の日本ブランドのものを買っていました。

次第に、家で趣味に使うくらいでこんなにお金をかける必要はないんじゃない?と感じてきて、次から「Acer Aspire V3」「ASUS X200MA」「ASUS E203MA」と、3万円台の格安ノートパソコンを3台続けて買いました。

パソコンの使い道は主にネット閲覧、YouTube再生、WordPressでブログを書く、写真の整理と軽い加工、iTunesでの音楽ファイルの整理などで、格安ノートパソコンで3台とも特に不満なく使ってきました。

こんな経験から、パソコンは断然コスパ重視です。

その私が約7万円のノートパソコンを買った理由は、ZOOMを使うことが当たり前になったいまの生活に、ASUS E203MAの処理能力や30万画素の内蔵カメラでは、さすがに限界を感じてきたからです。

結果は、コスパに大満足のお買い物となりました。

3万円台の格安ノートパソコン愛用者が1ランクあげて、Dell Inspiron 14の最新モデルを買って使った素直な感想をレポートします。

\ Dell公式サイトはこちら /

目次
スポンサーリンク

速い!

CPUが「intel Core i5」相当の最新の「AMD RYZEN 5」で、7万円クラスの価格なことが、Dell Inspiron 14の売りの一つです。

このCPUに加え、M.2 PCIeのSSDと8GBのメモリのおかげで、Windowsの起動、アプリの起動、スリープからの回復、データの保存など、一つ一つの処理がとにかく速いです。

ASUS E203MAではCPUがintelのCeleron、ストレージがeMMC、メモリが4GBだったので当然とも言えますが、体感でこれほど違うかと思うほどです。

ストレージがハードディスク(HDD)のパソコンと比べたら、ASUS E203MAでも十分に速いと思っていましたが、最新のパワフルなCPUやSSDだとこれほど速く快適なのかと、驚いています。

静か!

ASUS E203MAが3万円台とはいえ特に気に入っていたことは、冷却のための内蔵ファンがない(ファンレス)なので、使用中ほぼ無音なことです。

今回のInspiron 14はファンがあるので、頻繁にファンが回ってブンブンいったらイヤだなと思っていました。

購入直後、Windows Updateからいろいろとファイルをダウンロードしているときに、けっこうファンが回って不安になりました。

Windows Updateが一通り終わったあとは、スリープから解除するときに少しファンが回る程度です。

普段ネットやYouTubeを見たりする分には無音で、静かで快適です。

高級感あり!

トップカバー(天面)とパームレストがアルミ素材で、十分に高級感があります。

Dell Inpiron 14 5415 天面 アルミ素材
Dell Inpiron 14 5415 パームレスト アルミ素材

実はこのDellを買うか、ほぼ同じスペックで少し安い「Lenovo Ideapad slim 550」を買うか、迷いました。

比較すると、Lenovo Ideapad slim 550は天面はアルミ素材ですがバームレストは樹脂とのこと。

パームレストは毎日触る部分なので、Lenovoにしたら触るたびにDellにした方がよかったかもと後悔してしまいそうで、高くてもDellを選びました。

結果は全体的に思っていたよりもずっと高級感があり、パームレストの手触りも心地よく、やはりDellにして正解でした。

Dellを購入後にヨドバシカメラの店頭でLenovo Ideapad slim 550の実機を見る機会があり、やはりDellにしてよかったと感じました。

キーボードが心地いい!

これまで使っていたASUS E203MAは、キーボードがいかにも格安なカチャカチャ言うタイプです。

これまであまり気にしていなかったのですが、いまお世話になっている仕事先でPanasonicのレッツノートやHPのProBookをよく使うようになり、比べるとキーボードの安っぽさに耐えられなくなってしまいました。

Inspiron 14は、レッツノートと比べても十分に満足できる打ち心地で、ASUSのE203MAより一つ一つのキーがも大きくなり、心地よくタイプできています。

USB-type Cで充電できて配線がスッキリ!

今回のパソコン選びでこだわったのが、USB-type Cで充電できることです。

USB Power Delivery(PD)という機能です。

対応する充電器とケーブルを購入すれば、こんなふうにスッキリできて、他の機器と共用することもできます。

DIGIFORCE USB 65W 充電器とNimaso USB C Type C ケーブル (Gen2) 100W 4K

付属のACアダプターで充電するとこんな感じになって、まったくスマートではありません。

Dell Inspiron 14 のACアダプター

今回同時に購入した充電器は、「DIGIFORCE 65W USB Fast Charge」。

充電がInspiron 14の規格の65Wに対応していて、USB-type Cの他にtype Aのポートもあって便利です。

ケーブルは今後映像の出力するかもと考えて、こちらの「Nimaso USB C Type C ケーブル (Gen2) 100W 4K」を選びました。

指紋認証が便利!

機種を選ぶときにはこだわっていなかったのですが、電源ボタンに指紋認証がついていて、とても便利です。

これまでスリープからの復帰にPINコードを入力する必要がありましたが、電源ボタンに軽く触れるだけで一瞬で復帰してくれます。

この機能を使ってしまうと、もう指紋認証なしには戻りたくありません。

deleteキーの位置は1週間で慣れた

Inspiron 14では、多くの機種でdeleteキーがある位置は電源ボタンになっていて、deleteキーが一つ左にずれています。

よく使うキーですのでこの位置に慣れるか不安でしたが、電源キーは周りが少し高くなっていて、deleteキーにも触ってわかる印がついているので、使って一週間で問題なく慣れることができています。

MacBook Airと迷った…

正直に言いますと、購入時にMacBook Airの最新モデルの公式整備済品が97,680円になっていて、あと3万円出してMacBookに行こうか、かなり悩みました。

著名なブロガーでMacBookを使っている方も多く、またMacであればiPhoneで愛用している物書堂の辞書アプリが使えることも、私にとっては大きな魅力です。

ただ今回は、使い慣れたWindowsの環境ですぐにブログを書いていきたかったこと、もうすぐ出るWindows11にとても興味があること、5~7万円クラスのWindowsのノートパソコンを一度使ってみたかったこと、あと3万円出すなら何か家族のために使いたいと感じたこと、などからMacには行きませんでした。

いまDellを気に入って使いながらも、Macに行くべきだったかとふと頭をよぎることもあります。

でも気持ちを切り替えて、まずはこのDell Ispiron 14を使い倒すことにします。

まとめ

Dell Inspiron 14 (5415) を買って、毎日のパソコンライフがともかく快適になりました。

3年くらい前だったら、CPUがCore i5クラス、ストレージが256GBのSSD、ディスプレイがIPSパネル相当のノートパソコンは、安くても10万円程度はしたように思います。

それが、6~7万円で買えるようになったのなら、3万円台でパソコンを買っていた人も検討していいコスパになっていると思います。

この体験から、コスパ派の私も今後は次の点を基準にしてパソコンを選ぶことにします。

  • CPU … intel Core i3かAMD RYZEN 3以上、できればCore i5かRYZEN 5以上
  • ストレージ … M.2 PCIeのSSD 256GB以上
  • メモリ … 8GB以上
  • ディスプレイ … IPS相当
  • 本体 … 天面とパームレストがアルミ素材

以上、3万円台の格安ノートパソコン愛用者がDellの最新ノートパソコンInspiron 14(5415)を買って満足!というレビューでした。

\ Dell公式サイトはこちら /

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる