しあわせ情報室

本・辞書・能率手帳好きが 「知識は人をしあわせにする」をテーマに 日々の学びや子育てについて発信するブログです。

人気の記事
国語辞典 記事一覧
英和辞典 記事一覧
能率手帳 記事一覧
子育て 記事一覧

緊急事態宣言発令から解除までの記録(2021年1月、2020年4~5月)

内閣官房 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言

(2021.1.13 更新)
(2021.1.11 公開)

「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が2021年1月7日に発令されました。

この記事では、後に振り返りができるように、緊急事態宣言の発令から解除までの記録を更新していきます。

というのも、これからの生活での対策を考えるにあたり、前回2020年4月から5月の緊急事態宣言の発令前後の状況がどうだったか、記録しておけばよかったなと感じているからです。

あわせて、前回の緊急事態宣言前後のことを振り返っておきます。

 

 

2021年1月の緊急事態宣言の記録

 

■2020年1月13日

  • 大阪、京都、兵庫の関西3府県と愛知、岐阜、福岡、栃木が緊急事態宣言の対象に加わる方針
  • 期間は首都圏1都3県と同じ2月7日まで

 

■2021年1月12日

  • 西村大臣が会見で、緊急事態宣言対象地域では午後8時以降に限らず外出自粛を求めていることを強調

(所感)

  • 私のように、今回の緊急事態宣言の外出自粛は午後8時以降だけだと受け取っていた人が多かったのだろう

 

■2021年1月9日

  • 大阪、兵庫、京都が緊急事態宣言の発出を政府に要請
  • 大相撲初場所初日、有観客で開催

 

■2021年1月8日

  • 西村新型コロナウイルス担当大臣と尾身新型コロナウイルス対策分科会会長のメッセージ動画を投稿、外出自粛を強く呼びかけ

ここに来て若い人の場合、息苦しさなど呼吸器症状を訴えても、入院ができず自宅療養になることが多くなりました。

それだけ今、医療がひっ迫しています。

話すときは、ぜひマスクを着用し、会食や飲み会は、宅飲みも含め延期してください。

若い人はあまり重症化しませんが、感染すると後遺症に苦しむ人もいます。

皆さん自身を守るために、ぜひ気をつけてください。

そうすれば、同時にお年寄りの命、そして日本の医療を守ることにもつながります。

ぜひ、よろしくお願いします。

(尾身会長のメッセージ)

  

■2021年1月7日

【緊急事態宣言の期間中、以下の取組をお願いしています。】
(1)外出・移動
〇 住民の皆様には、不要不急の外出や移動について、感染拡大予防のため、自粛を要請します。
〇 飲食による感染リスクが高い場面を回避する各種の対策を行います。これらの対策の実効性を高めるため、「20時以降」の外出自粛の徹底を、特にお願いします。
〇 出勤や通院、散歩など、生活や健康の維持に必要な外出・移動は除かれます。
(2)イベントなどの開催
〇 不特定多数が集まるようなイベントは、人と人との接触機会が多いこと、飲食につながる場合が多いことなどから、特別な対応が必要です。開催者の皆様には、規模などの要件に沿った開催を要請いたします。
〇 人数の上限や、収容率、飲食の制限等が要件となります。
(3)施設の使用
〇 専門家による分析の結果、飲食はマスクを外したりして感染リスクが高く、感染拡大の主な起点であるとされています。感染経路が不明のものでも、その多くは飲食経由であるとの専門家の見解もあります。
〇 飲食店やカラオケボックスなどへ、営業時間の短縮(営業は20時まで、酒類の提供は11時から19時まで) を要請いたします。
〇 政府は、1都3県が時短要請を行う場合に支払う「協力金」について支援します(月30日換算120万円→180万円へ引き上げ)。
〇 また、遊戯場や大規模な店舗などに対しても、飲食店と同様の働きかけ(営業は20時まで、酒類の提供は11時から19時まで)を行います。また、遊戯場や劇場、映画館などに対しても、人数の上限や、収容率の要件を守るように働きかけを行います。
(4)テレワーク
〇 職場への出勤自体は、自粛要請の対象ではありませんが、対策の実効性を高めるための環境づくりとして、人と人の接触機会を減らすことは大変重要です。
〇 そのため、「出勤者数の7割削減」を目指し、テレワークやローテーション勤務、時差通勤などを、政府や1都3県として、事業者の皆さんにお願いします。
〇 また、20時以降の外出自粛のため、事業継続に必要な場合を除き、20時以降の勤務抑制をお願いします。
【学校等については以下のとおりとなります。】
(5)学校等
〇 一律の臨時休業(いわゆる一斉休校)は要請しません。保育所や放課後児童クラブなどについても、開所を要請いたします。
〇 特に受験シーズンに入っており、政府と1都3県は、各学校と協力し、感染防止対策、面接授業・遠隔授業の効果的実施など、学修機会の確保に努めます。
〇 入試などは、予定通り実施されます。
〇 ただし、大学などでの部活動や、学生寮での感染防止対策、懇親会や飲み会の開催などについて、学生への注意喚起の徹底をお願いします。
〇 特に、1都3県では、部活動における感染リスクの高い活動の制限を要請いたします。

  • 東京都の1日の感染者数が過去最多を更新し2,447人となる

 

(発令直後の日常生活の記録)

  • 小学校
    息子の小学校の休校や時間短縮の連絡はなし
  • 近隣のスーパー・ドラッグストア
    営業時間の短縮なし
  • その他
    市の図書館で閲覧席、学習コーナーの利用休止(分室も含む)
    隣市の中央図書館で1月12日~2月7日まで開館時間が10時~19時に変更(通常21時まで)、閲覧席と学習席の利用休止
    隣市のテニスコートの夜間貸し出しが20時までに(通常21時まで)

(所感)

  • 緊急事態宣言の要請の内容を確認すると、時間を指定せずに「不要不急の外出」が自粛となっているが、周辺には前回の外出自粛要請ほどの緊張感がない印象
  • 私自身も新聞やテレビの報道から、「20時以降」の不要不急の外出のみが自粛要請かと思っていた
  • 食品や日用品の購入について、特に品薄のものがあるようには感じない

 

■2021年1月2日

  • 首都圏1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)の各知事が政府に緊急事態宣言発出の検討を要請

 

■2020年12月31日

  • 東京都の1日の感染者数が1,337人を記録(初の1,000人超え)

 

2020年4月~5月の緊急事態宣言の記録

(主な参照元:緊急事態宣言 1回目の状況|新型コロナ|NHK

 

■緊急事態宣言発令まで

  • 2020年2月18日 神戸大岩田教授 ダイヤモンドプリンセス号の動画UP
  • 2020年2月24日 専門家会議
  • 2020年2月25日 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針決定
  • 2020年2月26日 スボーツ・文化イベントの自粛要請
  • 2020年2月27日 3月2日から学校の休校を要請
  • 2020年2月29日 東京ディズニーリゾート休園(7月1日再開)
  • 2020年3月2日 午後から埼玉県北本市の小学校休校
  • 2020年3月24日 東京オリンピック開催 1年延期決定
  • 2020年3月25日 東京都の感染者41人確認で週末の外出自粛要請

  • 2020年3月29日 タレントの志村けんさんが亡くなる

 

■2020年4月7日

  • 東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡の7都府県に緊急事態宣言(安倍総理大臣)

 

■2020年4月16日

  • 緊急事態宣言の対象を全国に拡大
  • このうち当初から宣言の対象とした7都府県に、北海道・茨城・石川・岐阜・愛知・京都の6道府県を加えた13の都道府県を、特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるとして、「特定警戒都道府県」と位置づけ

 

■2020本5月14日

  • 北海道・東京・埼玉・千葉・神奈川・大阪・京都・兵庫の8つの都道府県を除く、39県で緊急事態宣言の解除を決定

 

■2020年5月21日

  • 大阪・京都・兵庫の3府県で緊急事態宣言の解除を決定(東京・神奈川・埼玉・千葉・北海道の5都道県で継続)

 

■20205月25日

  • 首都圏1都3県と北海道の緊急事態宣言を解除
  • およそ1か月半ぶりに全国で解除される

 

■2020年6月1日

  • 息子の小学校で授業再開

 

(前回の所感)

  • 2020年2月27日に学校の休校要請が出たときは、唐突で場当たり的な対応の印象で、マスコミの風潮も子どもは重症化しないので効果は限定的、という感じだったように記憶している
  • いま振り返ると結果として、あのとき休校やイベントの自粛があったから感染拡大が収まったのかなという実感がある
  • 3月25日に、東京都で1日41人の感染が確認されて週末の外出自粛要請が出された(このときに2021年1月7日に1日2,447人になるとは思いもしなかった)
  • 休校要請が出たくらいから、マスク、ハンドソープ、食パン、カップラーメン、インスタントラーメン、パスタ、トイレットペーパー、ナプキンなどが品薄になっていった

 

以上です。

この記事は緊急事態宣言が解除になるまで、最新の情報を追記していきます。

 

【関連エントリー】