しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
能率手帳を愛用する著名人
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

愛用してきた4色ボールペンの振り返りと 今は単色のサラサを使っている理由

購読している「梅つま子」さんのブログに、「私もそうだった!」と懐かしく思う記事がありました。こちらです。

 

www.tsumako.com

 

齋藤孝さんの『三色ボールペン情報活用術』を参考に、4色ボールペンを愛用していたとのこと。私も全く同じです!!!

梅さんはゼブラのサラサ4を愛用していたとのこと。

そこで私も、この本に触発されてから愛用してきた4色ボールペンの遍歴を振り返ってみたいと思います。

 

 

まず三色方式情報術では、「赤・青・緑」を以下のように使います。

赤―客観的に見て、最も重要な箇所
青―客観的に見て、まあ重要な箇所
緑―主観的に見て、自分がおもしろいと感じたり、興味を抱いたりした箇所

「黒」は「判断停止の色」として、使いません。

なんとパイロットからFEED-GP3の黒のない3色ボールペンまで発売され、記念に1本買っています。

FEED-GP3 三色方式 齋藤孝

この「黒は判断停止の色」という言葉が特に心に響き、メモやノート、手帳に書くときに使う基本色を全て「青」にして、「黒」は公的な書類などどうしても必要な場面でしか使わないようになりました。

 

そして当時の市販の4色・多色ボールペンを全て買って検討し、最初に愛用したのは「ハイテックCコレト」です。

本体とリフィルが別売りで自由に組み合わせができる、業界先がけのボールペンだったと思います。

ハイテックCコレト 4色 スマートモード

左は本体ボディ4色用の旧タイプ、右は今はなきスマートモードの4色用ボディです。

仕事をしているとどうしても黒がふさわしい場面もあり、黒を入れた4色ボールペンとして使っていました。

 

後に他社からも本体とリフィルを自由に組み合わせできる製品が発売となり、エマルジョンタイプのリフィル(スラリのリフィル)が使いたくなって、ゼブラの「ブレフィール」を使いました。今は廃番のようですね。

 

そうこうするうちに、世にフリクションの大ブームがやってきます。私もこれは便利!とフリクションの4色ボールペンを使うようになります。

フリクション 4色

便利に使っていたのですが、あるとき手帳に書いておいたメモが自然に消えているのに気づき、それ以来メインには使わなくなりました。

 

そして現在の4色ボールペンのお気に入りは、「三菱のスタイルフィットのホルダー」に「ゼブラのサラサセレクトのリフィル」という組み合わせです。

スタイルフィット サラサセレクト

同一メーカーではありませんが特に問題なく、細身のシンプルなボディとサラサの書き味の組み合わせを気に入って使っています。サラサセレクトのボディは50近いオッサンには使えません…。

 

他に検討してきた4色ボールペンも、インクの出なくなったもの以外は何となく手放せずにとってあります。

4色ボールペン 各種

左から、ジェットストリーム4&1、ジェットストリーム4、ビクーニャ4、Ta-shock4、リポーター4コンパクトです。


こんな感じで会社員のときは、打ち合わせや出先に何本もペンを持っていくのが嫌で、1本で済む4色ボールペンを愛用していました。

今は会社員を辞め、ペンは家やファミレスで一人で考え事をまとめたりブログのアイデアをメモしたりするの使うだけになって、無理に1本で済ます必要がなくなりました。

そこで、ゼブラのサラサクリップの単色をメインに使っています。

サラサクリップ 0.5 ブルーブラック 赤 緑

色は3色で、普段使いにブルーブラック、目立たせたい所に赤、子どもの習い事やスポーツの予定のメモに緑を使っています。


なぜ4色ボールペンをメインに使わなくなったかというと、多色ボールペンは構造上どうしてもペン先が少し斜めになったり、インクの量が単色に比べると少なくなってしまったりするからです。

筆記具に求められる文字を書くという機能においては、「単機能は多機能に勝る」という『必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ』という本にたっくさんが書いた言葉を実感しているところです。

 

単色ボールペンの中では、これまでの数々のペンを使ってきた経験からゲルインキが自分には一番書きやすいようで、サラサ、パイロットのジュース、三菱のシグノを検討して、書きやすさと本体のボディのバランスからサラサを選びました。

今後また会社員に戻ることがあれば(戻りたくはありませんが…)、4色ボールペンを検討することもあろうかと手持ちのものは当面とっておくつもりです。

 

こういった経緯で現在は4色ボールペンを使っていないのですが、『三色ボールペン情報活用術』を読んで三色方式情報術を取り入れて良かったなと思うことは、普段使いのボールペンの色を青系にしたことです。

確かに黒で書くより青で書くほうが、自分自身の思いや考えが入っているように感じるのです。私にとって黒は受信の色、青は発信の色というイメージです。

この習慣は、生涯続けるつもりです。

以上、これまで私が主に使ってきたボールペンについての話題でした。

 

>>>紹介図書

 

関連エントリー: