しあわせ情報室

40代男子が書く「しあわせにいまを生きる」ための情報集。テーマは生き方、子育て、ことば、手帳など。

団塊ジュニア世代の生き方や働き方を考える本その2。四角大輔さんの『人生やらなくていいリスト』。

スポンサーリンク

f:id:Kenden:20191121101242j:plain

この本に付属するメッセージカード!


著者の四角大輔さんは1970年生まれ。

ソニー・ミュージックエンタテインメントに大学新卒で就職。営業経験後にアーティストプロデューサーを務める。後にワーナーミュージック・ジャパンに転職。ソニーとワーナーでミリオンヒットを連発。手掛けたアーティストは絢香Superfly平井堅CHEMISTRY河口恭吾など。現在は退職し、夢だったニュージーランド移住を実現している。

 

こう聞くと、子どものころからどんなにスゴい人だったのかと思います。

 

しかし四角さん本人が言うには、小学校でイジメにあい、中学高校は赤面症チックに苦しむ。イケてる大学でも一流大学でもない。就職で第一希望のNHKに入れず、最初の仕事は札幌でレコード店まわりの営業。会社の命令に従えずイジメにあう落ちこぼれの営業マン。メンタルが弱くストレスのせいで、原因不明の咳が続き軽い失声症にもなってしまう。東京に異動後も長時間の労働で体調不良になり、思考能力や判断能力が低下、メンタルが不安定になり生活のすべてが壊れていく。

 

こういった経験をしています。

 

その四角さんがどうして、プロデューサーとして活躍しニュージーランド移住を実現できたのか、この本で語ります。

 

本のキャッチコピーは「現代社会を生き抜くためのミニマム仕事術」「『世界一簡単な』人生デザイン学の本」ですが、内容は「ミニマム」や「簡単」とは対極の、重厚で骨太で情熱的な仕事論であり人生論だと私は感じます。 

 

四角さん自身が、

新入社員の頃から一切、仕事で手を抜かなかったこと。周りに理解も称賛もされないような、現場での小さなこだわりを、妥協せず貫き続けたこと。(p69)

と書いていますので。


この本の全40個のポイントから、特に心に響き、これだけは忘れずに胸に刻み込んでおきたいベスト3を紹介します。


09 過去を振り返ってもいい

人は自分のルーツに出会えることで、眠っていた"真のアーティスト性"が目を覚まし、自動的に動き続ける「最強モーター」が動き始める。「根性や気合」「競争心や野心」という、体と心を蝕みすぐに枯渇する燃料を必要としない。答えは外ではなく常に内側にある。それがわかれば、人生を自分の手に取り戻すことができる。


25 好きな人としかつきあわなくていい

対人恐怖症で仕事を辞めようとしたときに先輩から「ダメもとで一度、好きな人だけつきあってみれば?」と言われる。好きな人との時間が長く、苦手な人との時間が短くなると、過度な緊張時間が減り、隠れていた「自分らしさ」が「目つきと表情」「声と口調」に表れてくる。それは周囲に伝わり、自然に相手の反応もいい方向に変わってくる。

39 急がなくていい

「寿命100年時代」と言われる現代において大切なのは、頂上までの「長い山道=人生そのもの」を楽しむこと。重い荷物を背負って走り続けられる人なんていないが、最小限の荷物で、自分の歩幅でゆっくり歩き続けることなら、あなたにもできるはず。登山も人生も競争ではない。目指すは、終始ワクワクしながら長く歩き続けて、できる限り遠くまで行くこと。

 

「人生こうしたほうがいいリスト」

この本のタイトルは「人生やらなくていいリスト」ですが、正しくは「人生こうしたほうがいいリスト」か、「人生こう考えたほうがいいリスト」でしょう!そんなヒントがあふれています。


同世代の方がこの本を手に取る機会があったら、「はじめに」と「おわりに」のこの考えだけでも読んでください。

日本はこれまで、すべてをそつなくこなせる「平均的人間」が評価されてきた。
会社や上司の命令に無抵抗に従う人間。いままで通りのことを繰り返しできる人間。まるで軍隊か工場のようなシステムの中で、ぼくらはロボットのように教育されてきた。(はじめに)

 自分を殺し続け、ボロボロになって登頂したとしても意味はない。(おわりに)

ということばに、私はシビレました。

 

フミコフミオさんのエッセイとの共通点

同世代が書いた本として、前にフミコフミオさんのエッセイを紹介しました。

▼過去記事

団塊ジュニア世代の生き方や働き方を考える本の紹介その1。フミコフミオさんのエッセイ。 - しあわせ情報室

 

フミオさんは中小企業の中間管理職の会社員ということですが、エッセイにある

サイコーな人生の陰には、バタ足の努力があるはずなのである。

でも、弱いのは自分だけじゃないということ、これだけは忘れないでほしい。みんな弱いのだ。強く見える人は、戦い方を知っていて、戦いに慣れているだけなのだ。

ということが、この本でよくわかります。

 

四角さんは、インスタグラムに写るサイコーな人生の陰で、無名で弱かった時からバタ足の努力を重ね、結果として独自の戦い方を見出した人なのでしょう。

 

この本を読んで四角さんに憧れ、真似をし、四角さんのようになろうとするようでは、きっとダメです。

 

「あたり前」や「社会のルール」と思っていることから離れ、自分自身にできることだけに賭けられるかどうか、行き詰まった団塊ジュニア世代に問われているようです。

 

▼冒頭の写真のメッセージカードがほしい方は、新品で買いましょう!

人生やらなくていいリスト (講談社+α文庫)

人生やらなくていいリスト (講談社+α文庫)

 

 

▼過去関連記事

団塊ジュニア世代の生き方や働き方を考える本の紹介その1。フミコフミオさんのエッセイ。 - しあわせ情報室

団塊ジュニア世代の政治・経済・社会史と自分史を表にして振り返る。不良債権処理の時代に社会に出て、いま私たちが不良債権のように処理されているようです。 - しあわせ情報室