葉室頼昭さん著書『<神道>のこころ』から 原日本語の紹介

春日大社宮司の葉室頼昭さんの本に、漢字が日本に入ってくる前の時代の原日本語についての説明があります。

葉室さんは現日本語について、こう言います。

日本に漢字が入ってきて「古事記」がつくられたとき、稗田阿礼が言った「かみ」に太安万侶が「」をあてはめた

後の人がこれを「ゴッド」というキリスト教の唯一神と同じように理解しようとすると、「かみ」という本来の日本語とぜんぜん違ってしまう

なるほど。

とても惹かれるものがあり、葉室さんの著書の〈神道〉のこころ神道 見えないものの力にある現日本語の説明を、メモとして記録しておきます。

『〈神道〉のこころ』より

「のる」・・・宣る。神さまが言われる。
「かみ」・・・最高の敬語。最も偉い人に対する「さま」という意味。
「つ」・・・丸い。
「き」・・・奇。不思議。

『神道 見えないものの力』より

「か」・・・おかあさんの「か」。宇宙の神の素晴らしい命が含まれている。
「み」・・・満ちる。
「き」・・・気と同じくわれわれを生かす偉大なる神の「き」。
「あ」・・・わたし
「な」・・・あなた
「と」・・・伝わってくる。
「おー」・・・承知しました。わかりました。
「は」・・・よみがえらせる。葉っぱの葉。
「い」・・・命。
「ね」・・・根っこ
「はい」・・・命をよみがえらせる。
「ら」・・・いっぱい。
「はら」・・・命がいっぱいよみがえる。

葉室さんは著書の中でこう言います。

言葉とは、神の心を表現するもの。

文字とは、神の心を形に表したもの。

言葉は本当に大切なのですね。

以上、葉室頼昭さんの本から原日本語の紹介でした。

<こちらは新装版です>

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる