『本を読む本』で 本の読み方を学ぶ

先月読んだ本で、森信三先生の著書『修身教授録』の他にもう一冊、多くを学んだ本があります。

本を読む本』です。

今までわかっていたようでよくわかっていなかった、「本の読み方」がわかって、すっきりした!

これまでの本の読み方を振り返ると、ずっと、小学校で国語の教科書を読むように、始めから一字一句読むのが正しいと思ってきました。

最初にその意識を変え、本には「読み方」があると教えてくれたのは、神田昌典さんの『非常識な成功法則』です。

『非常識な成功法則』で「フォトリーディング」なる方法があることを知り、さっそく関連図書を購入しました。

そしてほぼ同時期に読んだ、この本でも、

この本でも、

情報獲得の方法として、フォトリーディングが紹介されている!

ならばフォトリーディングを習得すべし!と思いながら、セミナーに行こうとまでは踏ん切りつかず、自己流でしてみたり、してみなかったりの日々でした。

その後も、こんな本を読んでは、本との付き合い方をあれこれ考えます。

速読教室の無料体験にも参加してみました。

それぞれ、とても示唆があり、貴重な体験でした。

そして読んだ、『本を読む本』。

すっきりしたのは、本の読み方をレベル別に習熟の順に説明しているところです。

  • 初級読書
    個々の言葉の識別(その文は何を述べているか)
  • 点検読書
    拾い読み・下読み(その本は何について書いたものであるか)
  • 分析読書
    系統立った読書活動(徹底的に読む)
  • シントピカル読書
    複雑で組織的な読書法(一つの主題について何冊もの本を相互に関連づけて読む)

自分がいま、どの段階にいて、今後どうスキルアップしていけばいいのか、はっきりわかりました。

まずは私は、点検読書を自分のものにします。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる