メニュー
カテゴリー
▶ 中学生通信教育 おすすめ7社を徹底比較!

『本を読む本』感想:「読書の技術」の解説書の決定版!

本を読む本

本をもっと早く読むにはどうしたらいいの?

と思い、読書術の本をいくつも読んできました。

そして今回、『本を読む本』(M.J.アドラー、C.V.ドーレン)を読んで、やっと「読書の技術」がわかったように感じます。

特にすっきりしたのは、本の読み方をレベル順に次のように説明しているところです。

  • 初級読書
    個々の言葉の識別(その文は何を述べているか)
  • 点検読書
    拾い読み・下読み(その本は何について書いたものであるか)
  • 分析読書
    系統立った読書活動(徹底的に読む)
  • シントピカル読書
    複雑で組織的な読書法(一つの主題について何冊もの本を相互に関連づけて読む)

自分がいま、どの段階にいて、今後どうスキルアップしていけばいいのか、はっきりわかりました。

これまでの本の読み方を振り返ると、ずっと、小学校で国語の教科書を読むように、始めから一字一句読むのが正しいと思ってきました。

最初にその意識を変え、本には「読み方」があると教えてくれたのは、神田昌典さんの『非常識な成功法則』です。

『非常識な成功法則』で「フォトリーディング」なる方法があることを知り、さっそく『あなたもいままでの10倍早く本が読める』を買いました。

そしてほぼ同時期に読んだ『考具』でも、

『無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法』でも、

情報獲得の方法として、フォトリーディングが紹介されている!

ならばフォトリーディングを習得すべし!と思いながら、セミナーに行こうとまでは踏ん切りつかず、自己流でしてみたり、してみなかったりの日々でした。

その後も、こんな本を読んでは、本との付き合い方をあれこれ考えます。

速読教室の無料体験にも参加してみました。

それぞれ、とても示唆があり、貴重な体験でした。

そして読んだ、『本を読む本』。

この本が教えてくれた「初級読書点検読書分析読書→シントピカル読書」のステップのうち、まずは点検読書を自分のものにします。

以上、『本を読む本』で初めて読書の技術を学んだ、という話題でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる