しあわせ情報室

辞書好きが書く、子育て、手帳、車、本など、人生を楽しむための情報集です。

読書をするとき 本に線を引くか 付箋を貼るか 何もしないか 考えた。

読書をするとき、大事だと思った部分に、次のどれがいいかを考えました。

・線を引く
・付箋を貼る
・何もしない

結果、これまでの「線を引く」から「付箋を貼る」に変えました。

まずは参考に、これまで読んだ本の情報から読書家の識者がどうしているか、分類してみます。※各リンクはその根拠の本

 

線を引く(または書き込む)

 

M.J.アドラー 『本を読む本

齋藤孝 『三色ボールペン情報活用術

本田直之 『レバレッジ・リーディング

土井英司 『「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー

中谷彰宏 『中谷彰宏の情報塾

井上ひさし『本の運命

 

付箋を貼る

 

成毛眞 『ズバ抜けて頭がいい人の「本棚」は何が違うのか

 

何もしない

 

勝間和代 『効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法

子飼弾 『本を遊ぶ 働くほど負ける時代の読書術

 

「線を引く」から「付箋を貼る」に変えた実感

 

私はこれまでは、齋藤孝さんの三色ボールペン情報整理術の実践で、本にボールペンで赤・青・緑の線を引き、特に重要だと思うところは角を折っていました。

これを付箋を貼るように変えたきっかけは、『黄金のアウトプット術』(成毛眞)を読み、本をより多く読んでアウトプットを増やすため、成毛さんの読み方を参考にしようと考えたからです。

変えた実感は、

・読書スピードがあがった
・気軽にできる
 (線を引くときは、本当にここが重要?と一瞬躊躇する
  付箋はまた貼りなおせばよいので気軽)
・後から参照しやすい

といったところです。

しばらく、付箋を貼る方式を続けてみることにします。

 

続きの記事>>>読書をするとき、本に線を引くか付箋を貼るか何もしないか。(2)

 

>>>きっかけになった本