JMAM野口会長に聞く手帳選びのコツ

少し前の12月16日の日経産業新聞で、日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)の野口会長が手帳選びのコツを解説しています。

バーチカルタイプのおすすめ

・営業担当の若手社員

←午前、午後ともに複数の予定を入れたい人

・広報・秘書など

←1日に3件以上アポを入れることが多い人

半面タイプ(レフト式)のおすすめ

・企画担当の中堅社員

←アイデアなどを書き留めることができる

・重要な会議(長時間の会議)が多い役員

←会議や商談内容を記録できる

月間ブロックタイプのおすすめ

・海外への長期出張が多い人

←長期スケジュール把握しやすい

・経理・総務・人事など、突発的な用事が入りにくい内勤

←会計締め日など、定例の予定を常時確認できる

・派遣社員

←一日のスケジュールが固定されている

さすが能率手帳を販売する会社の会長、わかりやすいです。

著書の「能率手帳の流儀」には無い内容で、参考になります。

記事は、日経ネットPLUSの会員登録で、ここ(※リンク切れ)で読めます。

いつからこんなふうに読めるようになったのでしょうか。

とても便利ですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる